【親が大手3キャリア以外】キッズ携帯代わりに見守りスマホを作る方法

子供のスマホ選びは難しい
元量販店スタッフ りょう
格安スマホが普及していて、保護者の中でも節約にアンテナ感度の高い方は使っている方も多いと思います。
美魔女ママ
ママ友達で格安スマホを使っているけど、キッズ携帯をどこで契約するか困ってたわ
元量販店スタッフ りょう
そうなんですよね。
 
保護者が格安スマホを使っていると、子供にキッズ携帯が持たせにくいんですよ。
元量販店スタッフ りょう
なのでキッズ携帯の代わりに格安スマホを使って「みまもりスマホ」を作ってしまうという方法がお勧めです。

TONE

保護者がキャリア契約していないとキッズ携帯は使いにくい

以下のページでも解説していますが、保護者がドコモ、au、ソフトバンクに契約していない場合、3キャリアのキッズ携帯を契約する事自体は可能なのですが、

  • 「家族間無料通話が無く、通常の通話料金(1時間当たり2,400円)なので高い」
  • 「GPSによる居場所検索サービスが利用不可」

という致命的なデメリットがあります。

これではキッズ携帯自体は持てても意味がないと思いませんか?

親がドコモauSoftBank未契約でもキッズ携帯を単独契約可能だが注意点も

2018.06.06
美魔女ママ
無料通話も居場所確認も使えないならキッズ携帯を持たせる意味がないわ

キャリア側目線でのキッズ携帯とは?

ここまでは私たちの目線ですが、大手キャリア側から見ると月額数百円のキッズ携帯だけを単独で契約されてもそんなに美味しくないんですね。だからキッズ携帯だけの契約は扱いが不遇なんです。

キャリア契約している保護者が高い基本料金を払っているから、キッズ携帯も安く使えると言ってもいいかもしれません。

という事で保護者が「格安スマホユーザー」などドコモauソフトバンク以外で契約しているなら、大手キャリアのキッズ携帯を契約するのは微妙です。

キッズ携帯くらいなら格安スマホをつかってみまもりスマホで代用可能

以前は保護者のほとんどがドコモかauかソフトバンクでスマホやガラケーを契約していたので、このような問題はほとんどありませんでした。

近年格安スマホが普及し出したためこのような問題も出てくるようになりましたが、解決法はとても簡単です。

タイトルにもあるように「キッズ携帯の代わりにみまもりスマホを作る」という方法です。

「スマホをキッズ携帯の代わりにする」と聞いてこんな事を思うかもしれません。

  1. キッズ携帯の代わりになるのか
  2. スマホだと料金は高くないのか
  3. 小学生の子供にスマホを持たせるのが不安

キッズ携帯の代わりに「みまもりスマホ」にするこれら3つの疑問を順番に解説しましょう。

➀家族間無料通話はLINEやSkype、IP電話で代用可能&GPSもスマホなら基本

ご存知の通り格安スマホはスマホなのでGPSでの居場所機能なんで朝飯前です。

無料通話もIP電話やLINE無料通話、スカイプなどで無料でできるのは保護者の方ならご存知でしょう。キッズ携帯に出来る事なら当然スマホでも出来ますからね。

また必要なら知育アプリやYoutube kidsなども使え、性能面では言うまでも無くキッズ携帯よりスマホの方が優れていて必要に応じてカスタマイズできます。

➁料金面:みまもりスマホなら格安スマホよりも安く可能

更に子供なら090などの携帯電話番号も不要ですし、みまもりスマホなのでデータ容量もそんなに必要ありません。

ただでさえ安い格安スマホですが、みまもりスマホ用であれば、更に安くでき、データ+SNSのSIMで契約すれば月1GBでも1,000円以内で収まります。

例えばDMMモバイルの「シングルプラン 1GB」であれば月額480円で利用可能なので、キッズ携帯並みの料金でスマホが使えます。
DMMモバイルのシングルプランなら月額480円でキッズ携帯並み

月1GBだと大人では足りないですが、連絡とGPS検索用のみまもりスマホなら充分な容量です。

➂特に小学校低学年ならペアレンタルコントロール重視でトーンモバイルがお勧め

「小学校低学年の子供にスマホなんて早くない?」
「スマホ依存症になったらどうしよう」

と思うでしょう。

自制心やネットリテラシーの低い小学校低学年の子供にそのままスマホを持たせたら、ほぼ100%スマホ依存症になってしまうでしょう。

しかし最近では「トーンモバイル」という子供向けの格安スマホというものが登場しており、数年前のようなスマホ依存症のリスクもかなり軽減できるようになりました。

保護者がパソコンなどから遠隔で子供のスマホの制限を自由自在に制限することができるので、キッズ携帯として使わせたいならば「連絡機能」以外の機能を全てロックした状態子供に持たせればいいだけです。

アプリごとにも利用制限できますが、動画のようにスマホ自体の利用時間帯も保護者側で設定できるので、学年に応じて、子供の成長に応じて子供と会話して、スマホで使える機能を徐々に増やしていく方法がお勧めです。

何より高学年~中学くらいでスマホを持たせる際の費用が一切かからなくなる(既に持っているので制限を緩めるだけ)のが大きく、基本料金1,000円で使い続けられるので一番安く済むのが嬉しいです。