ドコモのキッズジュニアスマホは?小中学生向け人気機種ランキング

ドコモの小中学生向け「キッズスマホ・ジュニアスマホ」はある?

美魔女ママ
子供が中学でスマホを持たせることになったんだけど、ドコモで小中学生くらいの子供に持たせる機種ってどれがいいのかしら?
元量販店スタッフ りょう
ドコモの小中学生の子供向けのスマホと言えば「スマートフォンforジュニア」が有名ですが、なんと2018年2月に新規受付を終了しているんですよ。
美魔女ママ
そうなの?
じゃあドコモのジュニアスマホって今は無いの?
元量販店スタッフ りょう
2019年現在はドコモに子供向けスマホは販売していません。
 
現在ドコモでは最新iPhoneなどの一般向け機種に「安心フィルター」を入れて学生に販売しているので、高額ですし、安全面でも小中学生にはあまりオススメできませんね。

小中学生の初スマホで迷ったらコレ♪
月額1000円で使える学生用の格安スマホ『トーンモバイル』↓

TONE

12月まで「3ヶ月間500円の割引キャンペーン」で超狙い目♪
(公式ページで確認してみて↑)

ドコモの子供向けスマホと言えば、制限機能付きのジュニアスマホ『スマートフォン for ジュニア2 SH-03F』は2014年2月に発売された最新モデルで人気がありました↓

ドコモのスマートフォンforジュニア2 SH-05F

しかし2018年2月をもって新規申込を終了しています。生産と修理受付も終了しており、オンラインショップのラインナップからも消えています↓

ドコモのジュニアスマホ機種 現在の受付状況 発売日
スマートフォンfor ジュニア2 SH-03F(SHARP製) 受付終了 2014年2月
スマートフォンfor ジュニア SH-05E(SHARP製) 受付終了 2013年2月

スマートフォンforジュニア2 SH-03F ドコモ
スマートフォンforジュニア SH-05E ドコモ

前モデルの「スマートフォン forジュニア SH-05E」も既に受付は終了しているため、2019年現在ドコモにはキッズスマホ・ジュニアスマホと呼べるスマホは存在しません。

なので現在は

選択肢
  1. 子供向けの格安キッズスマホを契約(トーンモバイル)
  2. ドコモで一般向けのスマホを買う
  3. 小学生であればauへ乗り換えて『ミライエf』を持たせる

の3択となります。

特に➁の「ドコモで一般向けのスマホを購入する」場合、学割を含めても月額7,000~8,000円前後はかかるのでコストパフォーマンスが悪いです。

なので、安全面でも料金面でも月額1,000円程度で使える「トーンモバイル」のような子供向けの格安スマホに人気が集まり、選択する家庭が増えています↓

トーンモバイル
トーンモバイルの公式ページを確認
3ヶ月500円キャンペーンで大幅割引中の今が狙い目♪

モチロン料金的に「月額7,000~8,000円でも構わない」という場合であれば、ドコモでiPhone等を契約するのもいいと思います。(街中のドコモショップでサポートを受けられますしドコモブランドの安心感もありますからね)

もう家でドコモへ申込できる時代ですよ♪

待ち時間なし♪10周年キャンペーンで更に4,800円割引の裏ルートだったり♪

ドコモに子供向けスマホ無し=キッズスマホならauかTONEの2択

前記の通り2019年現在ドコモでは子供向けのスマホというものが存在しないので、現在ドコモでは一般の大人用のiPhoneやAQUOSなどの機種に「あんしんフィルター for ドコモ」という簡易的なフィルタリングアプリを入れて学生に販売しています↓

ドコモは子供向けのスマホはなく、一般向けの最新iPhoneなどにフィルタリングアプリ「安心フィルターfor docomo」を入れている

ドコモはキッズスマホ無し⇒学生でも一般と同料金に…

なので料金面でも一般向けのiPhoneを購入するのとそんなに変わらず、学割の割引額も「月1,000円割引×数か月間」程度なので、学割込みでも月額料金は7,000~8,000円くらいは掛かってしまうので微妙かもしれません。

美魔女ママ
子供のスマホ代に月8,000円は高すぎるわ。
 
私と変わらないじゃない…

中学生がiPhoneを契約した場合の月額料金を以下のページで解説しているので参考にしてみて下さい↓

騙されるな!ドコモauSoftBankで子供にiPhoneを買うとなぜ高い?

2018.10.25

安全面も「あんしんフィルター」を入れただけなので小中学生には充分とは言えないかも…

「あんしんフィルター」も以前よりは制限/防犯機能は増えたものの、まだまだ無料アプリの域を出ません。特に学生に人気のiPhoneでは機能が少なくお世辞にも安心とは言えません。

特に自制心の弱い小学生~中学生であれば、これらの一般スマホではなく、ちゃんとした子供用の制限機能を搭載したキッズスマホを持たせてあげた方が安心です。

2019年現在キッズスマホは2種類しかない

という事で2019年時点でドコモには小中学生に適したスマホはありません。

なので現在小中学生の子供にスマホを持たせることを検討しているなら、ドコモ以外の子供向けの制限機能を搭載したキッズスマホを持たせる事を強くお勧めします。

キッズスマホは2019年現在では、auで販売している『miraie f(ミライエフォルテ)』か、格安スマホの『TONE MOBILE(トーンモバイル)』の専用端末『e19』の2種類しかありません↓

キャリア キッズスマホ機種 発売日/受付状況
ドコモ スマートフォン for ジュニア2 SH-03F 2014年2月発売
× 受付終了
au miraie f
(ミライエフォルテ)
月額料金:4,000円~5,000円
2017年1月発売
〇現在契約可
ソフトバンク – (キッズスマホは発売していない)
トーンモバイル e19
月額料金:1,000~2,000円
2017年7月
〇現在契約可

上記のようにauのミライエフォルテは月額4~5,000円するので一般スマホ程ではないですが料金高めです。

対してトーンモバイルは月額1,000円で無制限で使え、高性能なスマホ代込みでも月額2,000円くらいで使えるので、かなりコストパフォーマンスが良くキッズスマホとしてかなり人気があります↓

トーンモバイル(TONEモバイル)

トーンモバイルはここ2年で登場したキッズスマホなのですが、veryなどの女性誌でも取り上げられていたり、東京都や全国子ども会連合会にも推奨されるほど口コミで話題になっているキッズスマホでかなりお勧めです↓

また中学生向けのその他の格安スマホを以下のページで比較&厳選して紹介しているので非是参考にどうぞ↓

安くて安心!中学生に本気でおすすめな格安スマホ4社【2019年秋版】

2018.11.29

スマートフォンforジュニア2 SH-03Fはどんなジュニアスマホ?

現在は販売していませんが、ここからはドコモのジュニアスマホ『スマートフォン for ジュニア2 SH-03F』の機能を見ていきしょう。

ちなみに中古のドコモのジュニアスマホをショップに持ち込んで契約して使う事は可能です。

ドコモのジュニアスマホ「スマートフォンforジュニア2 SH-03F

サイドボタン長押しで「あらかじめ登録してある連絡先へ自動発信」などの防犯ブザー機能が使えるなど優秀ですが、SH-03FもSH-05EもGooglePlayに非対応で、アプリはdメニューにあるアプリのみインストール可能という仕様になっているのが残念なところ。

SH-03Fでは Google Play からのアプリをダウンロードすることはできません。

また「有害サイトへのアクセスブロック」や「利用時間単の制限」など子供向けの機能も多いのですが、最近ではドコモのフィルタリングアプリ「あんしんフィルターfor docomo」が強化され、Android機種であれば多くの機能が安心フィルターを導入する事で代用できてしまいます。

一応中古などで「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」を入手して持ち込む事もできるにはできる(ショップ店頭に持ち込みのみ)のですが、そもそもSH-03Fは現在の学生向けのスマホとしては物足りないかもしれません。

ドコモの現在のジュニア向けのオススメのスマホ機種は?

前述の通り、ドコモでは現在は子供・学生には一般向けスマホに「安心フィルターforドコモ」を導入して販売しています。

ドコモのあんしんフィルター

No1:ドコモで2019年学生人気No1の機種は圧倒的iPhone

iPhone8

以下はドコモの子供向けページに記載されている「子供に初めて持たせたスマホの機種」の統計ですが、圧倒的にiPhoneなのが分かります。

子供に買ってあげたスマホ機種で一番多いのがiPhoneで61%

iPhoneに次いで「Xperia」「AQUOS」と一般向けのAndroidの定番機種が続いています。

ドコモで子供向けNo2機種はXperia

またドコモで子供向けのスマホは「らくらくスマートフォン」を勧める情報もありますが、「らくらくスマートフォン」一般初心者向けなので子供向けではありません。

ドコモのらくらくスマホは本当にキッズスマホに向いているのか

2018.09.30

【結論】ドコモには”学生料金”も”キッズ向けスマホ”も無し

いずれの場合でも「子供向けのスマホ機種」がある訳ではなく、ただ一般向けスマホ機種を一般向けの料金で販売し、フィルタリングを導入しているだけです。

なのでどの機種を使おうと、「学生だからドコモのスマホ代が安い」という事は無く、一般向けの料金で割高なので覚悟しましょう。

従量制プランの最低料金表記にも注意が必要

特に2019年よりドコモは大容量プランの「ギガホ」か「従量制プラン」(使った分だけ料金が上がる)の「ギガライト」の2択のプランとなっています。

ドコモの2択プラン「ギガホ(大容量プラン)」と「ギガライト(従量制)」

特に従量制プラン「ギガライト」によって表記されている最低料金と、実際に使って掛かる料金に大きく差が生まれるので、ますます残念な思いをするドコモユーザーが増えそうです。

ドコモの従量制データプラン「ギガライト」の料金の変動
参考:「ギガホ」「ギガライト」 | ドコモ公式

例えば上記の場合、ドコモで表示する料金は最低料金である「~1GB」の時の1,980円で表記して販売します。しかし実際に学生のスマホ利用であれば月平均5GB以上は使うのでプラン料金だけでも「5~20GB」の時の料金4,980円が請求されるケースが多いです。

「安いと思って契約したけど、請求額がなんか高かった」という話はよく聞きますが、4,980-1,980=3,000円が「なんか高い」の部分という訳です。

最近ではスマホ代すら確認しない保護者も多く、残念ながらこうやって気が付かない固定費で家計が圧迫されているんです。

ドコモのiPhoneは本当に子供向け?安全面も料金面も微妙

ドコモで子供に持たせるスマホの人気No1となっているiPhoneですが、フィルタリング面でも料金面でも全くお勧めできません。

ドコモのあんしんフィルターはiPhoneでは性能が弱い

18歳以下のスマホに導入が義務付けられている「フィルタリング」ですが、ドコモでは「あんしんフィルターfor docomo」というアプリを子供のスマホに入れて機能制限を行います。

しかし「あんしんフィルターfor docomo」というフィルタリングは以下のようにAndroid機種とiPhone機種によってできる制限機能が異なるのが分かります。

あんしんフィルターfor docomo Android版 iPhone版
アプリダウンロード制限 ◎ Googleプレイストアのアプリ/提供元不明アプリのインストールができなくなり、新規アプリのインストールを制限する機能 △ iSO設定で可&年齢レーティングのみ
アプリの起動制限 ◎ インストール済アプリの起動制限(PWロック) ◎ iOS設定で可
アプリの利用時間帯制限 ◎ 保護者が設定した時間の起動を制限 ×
居場所確認 × イマドコサーチで代用
端末時間制限 ×
ウェブフィルタリング ◎ 有害サイトへのアクセスを制限(EMA認定)
学年別の制限レベル ◎ 4モード(小中高+高校生プラス)から選択
スマホ初期化やアプリアンインストール・無効化対策 ×
歩きスマホ警告 ×

これはiOSとAndorid OSの差なのですが、表の通り一括りに「あんしんフィルターfor docomo」と言っても、Android版とiPhone版でここまでできる事が違います。

ある程度自分を律したり管理ができるようになる高校生であれば、フィルタリング機能もそこまで重視しなくてもいいかもしれません。

ただまだまだ親の管理が必須な小中学生にiPhoneを持たせる場合、iPhone版のあんしんフィルターではとても充分とは言えません。

自制心の弱い小学生~中学生くらいだと、しっかりとしたキッズスマホを持たせた方がいいと思います。

子供のスマホに迷ったらコレ♪
月額1000円で使える学生向け格安スマホ『トーンモバイル』↓