子供にiPhoneを貸して遊ばせる前に!時間制限可のアクセスガイドが便利

子供に親のiPhoneを貸す前にアクセスガイドで制限が便利
美魔女ママ
園児や小学校低学年の子供に、親のiPhoneやiPadを貸して遊ばせるときに機能制限ってないのかしら?
元量販店スタッフ りょう
iPhoneには決まった時間だけ1つのアプリだけしか使えなくする「アクセスガイド」という機能がありますよ。

TONE

親のiPhone/iPadを子供に貸す時に便利な「アクセスガイド」機能

子どもにとって保護者のiPhoneで遊べるアプリやYOUTUBEは相当興味を示すのではないでしょうか。

一度遊ばせると何度も「iPhone貸して」とねだってきますが、子供が勝手にいじられると困る部分もあると思います。

そんな時に活躍するのがiPhone標準搭載の「アクセスガイド」という機能です。

「アクセスガイド」は使わせたいアプリ以外使えない制限が瞬時に可能

アクセスガイド機能とは、事前に「設定」から「アクセスガイド」からONにしておくことで、一瞬で「子供に特定のアプリやブラウザだけしか操作できない状態」に変更できます。

アクセスガイドは、iPhone、iPad や iPod touch の使用時に 1 つのタスクに集中するために役立ちます。アクセスガイドでは、お使いのデバイスを 1 つの App のみに制限して、App のどの機能を使用できるかを管理できます。

アクセスガイドは、以下の用途でお使いいただけます。

  • iOS デバイスで一時的に 1 つの App しか使えないように制限する
  • 画面上のタスクに関係ない範囲、または間違えてジェスチャを行うと集中が妨げられる原因となる範囲を無効にする
  • ハードウェアボタンを無効にする

例えば子供に「Youtube Kids見たい」と言われたら、「Youtube Kids」を起動した後に、ホームボタンを3回タップして「アクセスガイド」を開始する事で「Youtube Kids」以外を使えない状態で子供に渡せます。

アクセスガイドは時間制限できるから便利

また制限時間も設定する事ができ、アクセスガイドを起動してから設定した時間が経過すると音や通知で保護者に知らせてくれるという優れものです。

もちろんアプリだけでなくSafariのようなブラウザもアクセスガイドで制限した状態で子供にiPhoneを渡すことができるので、子どもが勝手に削除や設定変更してしまうリスクを防ぐことが出来ます。

iPhoneのアクセスガイドの設定方法

アクセスガイドの使い方はシンプルです。

【事前設定】

  • ホームより「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「アクセスガイド」をONにします
  • アクセスガイドがONのときのパスワードを設定します(子供に知られないようにしましょう)
  • 必要であれば「時間制限」から子供が使う時間が終了した時に音声通知するかどうかも設定可能です

iOSの設定⇒一般⇒アクセシビリティ⇒アクセスガイドよりONに設定アクセスガイドの保護者用6桁のパスコードを設定する

【子供に渡す時】

子供に使わせたいアプリやブラウザを起動し、ホームボタンをトリプルタップすると開始されますのでその状態で子供に渡しましょう。

【アクセスガイドを終わるとき】

アクセスガイドを終了したい場合、してホームボタンをトリプルタップして6桁のパスコードを入力し「終了」でアクセスガイドを終了しましょう。

【時間設定もしたいとき】

  • 使わせたい時間(10分間だけなど)があれば再度トリプルタップして「オプション」>「時間制限」より指定して「再開」します
  • 設定した時間が経過するとアプリ画面に「制限時間が終了しました」と表示され操作できなくなります。子供からiPhoneを返してもらいましょう

文字で表記すると分かりにくいですが、起動も終了もトリプルタップででき、終了時にパスコードが必要な事だけ覚えておけば大丈夫です。

保護者のiPhoneを子供に数分貸す場合には重宝するので、ぜひ一度アクセスガイドを試してみてはいかがでしょう。