中学生の携帯・スマホ所有率は何割?利用時間や行動を把握しよう

中学生のスマホ所有率って何割くらい?

美魔女ママ
子供が中学生になるんだけど、周りはスマホって持たせてるのかしら?
元量販店スタッフ りょう
最近ではスマホが低年齢化しており中学生でも過半数がスマホを持っていますよ。
 
初スマホデビューの時期はやはり「中学入学時」が最多です。

小中学生の初スマホで迷ったらコレ♪

TONE
トーンモバイル公式ページで確認
5,000円割引キャンペーンの今が狙い目♪

最近では「スマホの低年齢化」が進んでいる事が話題になってますよね。

実際に総務省の全国調査によると、2017年時点で中学生の約6割がスマートフォンを所持している事が分かります↓

総務省の調査によると中学生のスマホ所有率は58.1%_平成29年度青少年のインターネット利用環境実態調査
参考:青少年のインターネットの利用状況 | 総務省

昔なら「スマホは高校生になったら」なんて子供に言ってましたが、現在は中学生でもスマホを持っていない方が少ないという時代になっている事が分かりますね。

上記の総務省の統計結果が”全国平均”である事を考えると、都心部ではもっと所有率は高そうです。

美魔女ママ
中学生で平均で約6割…
小学生でも約3割もスマホ所持なのね

2018年4月入学の新中学1年生のスマホ所有率

上記は総務省が年に1回発表している調査結果なので2017年分の情報です。特に最新の2018年の「中学生のスマホ所持率」が知りたいところですよね。

以下は2018年4月に入学した”新中学1年生”を対象とした「現在使用しているスマホ(携帯電話)の利用率」の調査結果です↓(MMD研究所とアオイゼミの共同調査結果)

2018年4月入学の新中学1年生と新高校1年生を対象としたスマホ・携帯電話利用率の調査結果_MMD研究所とアオイゼミ共同調査結果.JPG
参考:スマートフォン利用率、中1が71.7%、高1が94.4% | MMD研究所

なんと2018年入学新中学1年生の7割以上がスマホを所持しているのが分かりますね。

年々増加している事も考慮すると、2019年入学の新中学1年生はこれ以上のスマホ所有率になりそうです。

初スマホを持たせる時期は「中学入学時」が最多

以下のページでも解説していますが、子供にスマホを持たせるタイミングで最も多いのが、「中学校入学時」です。

子供にスマホを持たせるならいつから?小中高校生のスマホ所有率

2018.09.30

小学校卒業~新学期前に子供にスマホを持たせる家庭がかなり多いですね。

なぜ中学生のスマホ所有率が増加?最大の理由「LINEを使う為」

しかしどうして年々中学生や小学生のスマホ所有率が増加しているのでしょうか。

以下は総務省が公開しているデータから「中学生がスマホで利用する内容」をグラフにしたものです↓

中学生のスマホの利用状況

中学生なのでゲームや動画視聴が多い事も気になりますが、中学生がスマホで最も利用するのが「コミュニケーション」での利用=つまりLINEやTwitterを一番使っているという事になります。

中学生にもなれば子供の友達グループでの行動が多いですが、その際にLINEでのコミュニケーションが当たり前なようです。

LINEのアイコン

友達同士のグループLINEでのコミュニケーションも当たり前の時代なので、特に女子は死活問題になりそうですね。

なのでスマホ=単なる遊び道具というよりは、「友達とのコミュニケーションを取るために持つ」という側面が強いです。

仲間外れにされたり、されなくてもLINEでの情報が来ないので必然的に友達関係では不利になる可能性が高いです。

保護者の方はその辺まで踏まえて、子供にスマホを持たせるかを決めるべきでしょう。

中学生のスマホ利用時間:過半数が2時間以上触る

ただし中学生にスマホを持たせるなら、必ず保護者側で制限をかけるべきです。

以下は総務省が発表している「中学生のスマホの利用時間(1日平均)」ですが、2017年時点で1日平均2時間以上スマホを使っている中学生が過半数となっています↓

中学生スマホ平均利用時間 1日の平均利用時間(分) 2時間以上の割合
2017年 128分 53%
2016年 124分 52%
2015年 118分 48%
2014年 123分 49%

中学生と言えど、大人と同じくスマホを介して様々な情報やコミュニケーションを取るのが当たり前になってきているのが分かります。

保護者の義務!中学生にスマホを持たせる⇒ルール決めと制限を!

という事でまだまだ自制心の弱い中学生の子供にスマホを持たせるわけですから、LINEなどのコミュニケーション以外にも、ゲームや動画、音楽視聴など、様々な誘惑で時間を浪費してしまう事が容易に想像できますよね。

なのでスマホの利用制限をフィルタリングアプリやサービス、スマホ自体のペアレンタルコントロール機能で設定すると共に、しっかりと子供と話し合って「親子のルール決め」を徹底してください。

法律でも「青少年インターネット環境整備法」によって、18歳未満のスマホにはフィルタリングを導入する事が義務となっていますが、それ以上に親子でルールを決める話し合いをする事が大事です。

中学生にガラケー(携帯)はどう?所有率はクラスに数人程度…

ちなみにここまでは中学生のスマホの所有率について解説してきましたが、スマホではなくガラケー(携帯電話)はどうなのか気になる保護者の方もいらっしゃるでしょう。

先程あった2018年4月入学の新中学生1年生を対象とした調査結果では、中学1年生のガラケー所有者はわずか5.8%でした↓

2018年4月入学の新中学1年生ガラケー所有率はわずか5.8%

周りを見ても現在は中学生でもガラケー所持者はかなり少数派みたいですね。クラスに数人くらいでしょうか…

子供にスマホorガラケーどっち?2018年所有率とガラケーのデメリット

2018.09.30

何よりガラケーではLINEが使えないのが痛すぎます。(2018年1月時点でガラケー向けのLINEサービスが終了)

確かにガラケーは安いですが、最近ではガラケーと同じくらいの料金で使える”格安スマホ”があります。

中学生の子供にスマホを持たせる際の料金面の心配があるならば、格安スマホで解決できますよ♪

安くて安心!中学生に本気でおすすめな格安スマホ4社【2018年冬版】

2018.11.29

中学生向けの格安スマホ選びは上記のページで徹底比較&解説しているので参考にしてみて下さい↑