学生保護者必見!格安スマホでドコモの半額でiPhoneを使う4つの方法

iPhoneXR
美魔女ママ
上の子が高校進学なんだけど、iPhoneが欲しいって言いだしたのよね
iPhoneって高いし我慢してもらうか他のスマホにしてほしいわ
元量販店スタッフ りょう
iPhoneは特に学生に絶大な人気がありますからね。
 
ただ、大手3キャリアで購入する最新iPhoneは年々スペックと共に端末代金が高くなっており、10万円を超えるものも出てきて売れ行きも今一ですよね。
美魔女ママ
10万円!?
そんなに高いiPhoneを子供に買ってあげる必要ってあるのかしら?
元量販店スタッフ りょう
ドコモauソフトバンクでもiPhoneの分割ローンを24回から48回にして月々の支払額を薄めて見せているものの、結局高額なiPhoneを子供に買ってあげる訳ですからかなり高い買い物ですよね。
 
今回は安くiPhoneを使う方法を4パターン考えてみましたので、比較してみていきましょう。

子供に特化したTSUTAYAの格安スマホ♪

月額1,000円で使える学生見守りスマホ「TONE(トーン)モバイル」
トーンの見守りスマホで月1,000円で防犯対策♪
学割+家族割の今が狙い目♪(5月末まで)

学生に爆発的人気があるiPhoneは特に高校生が全世代中で最も所有率が高いようですね。

子供のスマホAndroidとiPhoneどっち?中高校生の割合と普及率

2018.11.10

しかし以下のページでも解説している通り、年々iPhoneのスペックと共に本体価格も上昇しており、2018年秋に発売されたiPhoneXSはストレージ容量によっては10万円を超える本体価格だったりと、かなり高額です。

騙されるな!ドコモauSoftBankで子供にiPhoneを買うとなぜ高い?

2018.10.25

他にも以下のような理由があり、ドコモauソフトバンクで最新のiPhoneを購入すると表示価格と違って月額料金は1万円弱くらいはかかってしまうんですよね。

表示価格と実際のiPhone月額料金が違う要因

「従量制プラン」で1GB未満しか使わなかった場合の料金が店頭に表示されている
使い切るのも不可能なレベルの超大容量プランとの不自由な2択
単純にiPhone本体代金が高いので48回分割(4年)で支払い続ける
1年目だけ効く割引時の料金を表示
そもそも表示価格に端末代が含まれていない

上記のような理由で、iPhoneを購入しても店頭で表示されている価格と違ってかなり割高だったりします。

2019年春に人気のiPhoneXRの料金例

例えば2019年春に学生に人気のiPhoneXR(64GB)へ機種変更し、学割を利用した場合の月額料金は以下のようになります↓

2019年春に人気だったiPhoneXR(64GB)購入時の月額料金の内訳
参考:料金シミュレーション | ドコモ公式

元量販店スタッフ りょう
という事で結局月額料金は1万円弱くらいはかかってしまっていますね。
美魔女ママ
そもそも学生に毎月こんなスマホ代を支払って最新iPhoneを持たせる意味ってあるの?
元量販店スタッフ りょう
もちろん各家庭の経済状況には差がありますが、安く型落ちや中古iPhone、格安スマホを活用して、もっと節約した方が良いのではないでしょうか。

格安スマホでiPhoneを使う4つの方法

という事でiPhoneを安く使う方法を調べたところ、以下の4パターンにまとまりました↓

パターン➀:おさがりのiPhoneを格安スマホで使う
iPhone代:0円
月料金:2000円/月 前後
家に眠っているiPhoneのリユースなので本体代0円
パターン➁:中古のiPhoneを格安スマホへ持ち込んで使う
iPhone代:中古価格
月料金:2000円/月 前後
中古のiPhoneを準備するのが若干面倒
パターン➂:Apple公式のSIMフリーを格安スマホへ持ち込む
iPhone代:新品なので高い
月料金:2000円/月 前後
初期コストは高いが最新iPhoneが使える
パターン➃:一部の格安スマホで扱っている格安iPhoneをセット購入する
iPhone代:実質0円近くまで安いケースも
月料金:3000円/月 前後
2年縛りを気にしなければ一番簡単

どのパターンでも格安スマホでiPhoneを使うので一番重量な月額料金は2,000円~3,000円で済むのでかなり安いですね。(大手キャリアの半額以下)

上記4パターンではiPhoneをどう準備するかが違うのが分かります。各パターンを順番に解説していきましょう↓

パターン➀:おさがりiPhoneを格安スマホに持ち込む

機種変更前のiPhoneを引き取ったりして既に家にiPhoneがあれば、そのまま格安スマホへ持ち込んでリユースできる可能性があります。

既に持っているiPhoneなので特に本体代が掛からないのがこのパターンの最大のメリットですね。個人的にも学生に10万円の最新iPhoneを持たせるよりも、お下がり0円iPhoneで充分だと思います。

特にトーンモバイルの『TONE SIM(for iPhone)』というiPhone専用のSIMカードだけを月額1,500円で契約し、手元のiPhoneに差すだけで使えるという方法もオススメです。

トーンモバイルでiPhone専用SIM『TONE SIM(for iPhone)』で見守りスマホ

2019.04.09

中高生の親必見!"お下がりiPhone"でスマホ代を月額2000円台にする方法

2018.10.07

学生の「お下がりiPhone」の具体的な手順!初期化やLINE設定など

2018.10.08

他には月額500円から使える「LINEモバイル」も人気がありますね↓

LINEモバイルのメリット

フィルタリングが優秀「iフィルター」
LINEやSNSのカウントフリー
LINEのID検索も可能

いずれにしても手持ちのiPhoneがその格安スマホで使えるかどうかを事前に確認し、クリアしていれば後はSIMカードだけ契約してiPhoneに差すだけなので簡単です。

中高生向けに格安スマホ「LINEモバイル」が人気の3つの理由

2018.09.30

パターン➁:中古のiPhoneを格安スマホへ持ち込んで使う

続いてのパターンが、ブックオフでもメルカリでも中古のiPhoneを自分で準備して、格安スマホのSIMカードだけを契約して差して使うパターンです。

1つ目の「お下がりiPhone」に比べるとiPhoneを購入するので初期費用がかかりますが、新品で購入するよりは若干安く済みます。

iPhone7の平均価格 | aucfan

ただし、赤ロムだったり中古ならではのリスクがあったり、中古でもそんなに新品と相場が分からないケースも多いので、4パターンの中では一番面倒かもしれません。

また中古iPhoneだとSIMロックを解除する必要がある場合、ドコモは可能ですがauとソフトバンク版iPhoneは2019年3月時点では不可なので、持ち込める格安スマホが制限される可能性がある点にも注意が必要です。

パターン➂:Apple公式のSIMフリーを格安スマホへ持ち込む

3つ目のパターンはiPhoneの販売元のApple公式でiPhoneだけ購入し、格安スマホでSIMカードだけを契約して差す方法です。

このケースは最新のiPhoneも格安スマホで使えるのが最大のメリットですが、Apple定価で最新iPhoneを購入するため4パターン中で最も初期必要が掛かるのがデメリットです。(それでも大手キャリアより月額料金はかなり安く済みますが)

2019年春時点でのApple公式で販売しているiPhoneモデルと定価は以下となっています↓

iPhoneモデル 定価(税抜)
iPhoneXR(64GB) 84,800円
iPhoneXS(64GB) 112,800円
iPhone8(64GB) 67,800円
iPhone7(32GB) 50,800円

やはりiPhoneって高いですね…

パターン➃:➃一部の格安スマホで扱っている格安iPhoneをセット購入する

4つ目の方法が個人的には一番簡単でリーズナブルなのでお勧めかなと思います。

ワイモバイルとUQモバイルの2社では、2年契約を前提として、型落ちのiPhone(6s/7/SE)が実質0円に近い価格でセット購入できます。

ワイモバイル、UQモバイル自体も格安スマホ(厳密には違うけど)として、月額3,000円前後で使える他、学割も利用可能な格安スマホなので簡単です。

申し込み後数日で届くiPhoneには初期設定も不要でそのまま電源を入れて使えるので手間もありませんし簡単です。(詳しくは以下のページで解説しているので参考にしてみて下さい↓)

中高生に格安iPhoneを持たせる方法【ワイモバイル&UQモバイル編】

2018.10.25