ドコモの学割の最低料金は?条件別iPhone最安料金シミュレーション

美魔女ママ
新学期に向けて子供にスマホをドコモで持たせるようと思うの
 
でも学割と言っても色々何を選んだらいいのか分かりにくい
元量販店スタッフ りょう
そんな子供のスマホを選ぶ保護者の為に、ケース別のドコモの学割時の最安料金をシミュレーションしてみましたよ♪
もう家でドコモへ申込できる時代ですよ♪
待ち時間なし♪10周年キャンペーンで更に4,800円割引の裏ルートだったり♪

子供の新学期の準備のシーズンで忙しい保護者の方も多いと思いますが、スマホデビューする人の為に2018年12月~2019年5月末までドコモでは学割キャンペーンを行っていますね。

ドコモの学割2019

ドコモの学割2019の詳細は以下のページで解説しています↓

ドコモの学割2019は280円で使える?学割の期間や条件・プラン料金まとめ

2018.12.07

しかしドコモには様々なプログラムや機種があり、割引条件も新規契約なのか機種変更なのかで変わったり、正直どれを契約すればいいか分かりにくいという声も多いです。

ドコモは機種もプランも割引キャンペーンや条件も多いのでどれを選べばいいか分かりにくい

という事で今回は「あなたの条件を選択すれば最も安い最低料金のiPhoneモデルやプランが分かる」ように調べた結果をチャート式にしてみましたよ♪

参考:ドコモの料金シミュレーションページ

ポイントは

料金のポイント

➀「保護者がドコモのパケットシェアを使えるか」
 
➁「子供が新規契約 or 既にドコモ利用で機種変更」

の2点ですね。

で最も安いiPhoneモデルとプラン、料金にたどり着けるようになっています↓

ますは以下から合う方のボタンを押してください↓

家族が既にドコモで「シェアパック」グループ加入が可な場合の最低料金

家族にドコモ利用者がいる場合、それぞれが個別で契約するよりも、代表回線と子回線を作ってデータ容量のシェア「パケットシェア」をするのが最安です。

ドコモには「ベーシックシェアパック」と「ウルトラシェアパック」という”データ容量をドコモ契約中の家族間でシェアするプラン”が2種類あり、そのシェアグループに子回線として加入する形になります。

家族でデータをシェアするイメージ図

なので新たにシェアグループに加入した子回線側には料金は掛かりませんが、その子回線が使う分グループでシェアするデータ容量を増やす必要があるかもしれません。

家族がドコモを利用していてグループシェア可能な場合の最低料金は、「新規契約」か「機種変更」かで異なります。(またボタンを選んでください↓)

「新規契約」+家族がドコモ利用で「シェア可」の場合の最低料金シミュレーション

ドコモへの新規契約の場合、購入するiPhoneモデルには

端末購入サポート(一部のiPhone):端末代を大幅割引
学割:1年目は毎月月額1,500円割引

が適用されるのでかなり安くなります。

また2019年の学割特典に「同一シェアグループの家族にもdポイントが2,5000pt贈呈」という特典も付きます。

特に割引が適用されるiPhoneモデルは

  • iPhoneXR:端末購入サポート + iPhoneデビュー割 + 学割
  • iPhone7:端末購入サポート + 学割
  • iPhoneSE:端末購入サポート + 学割
  • iPhone6s:docomo with + 学割

の4モデルで以下の月額料金で利用可能です↓

新規契約&子回線&iPhoneXR(64GB)購入時の月額料金と内訳 新規契約&子回線&iPhone7(32GB)購入時の月額料金と内訳 新規契約&子回線&iPhoneSE(32GB)購入時の月額料金と内訳 新規契約&子回線&iPhone6s(32GB)購入時の月額料金と内訳

「新規契約」+「家族シェア可」な場合には最低料金で使えるiPhoneは「iPhoneXR」となります。正直最新のiPhoneXRがこの端末価格で使えるのはかなりお得感あると思います。

ドコモで子供の初スマホに値下げiPhoneXRが超狙い目!料金シミュレーション

2018.12.07

「機種変更」+家族がドコモ利用で「シェア可」の場合の最低料金シミュレーション

既にドコモを利用していて機種変更の場合には、残念ながら学割が適用されません。

特に割引が適用されるiPhoneモデルは

  • iPhoneSE:端末購入サポート + 学割
  • iPhone6s:docomo with + 学割

と、古いiPhoneの2機種だけです。

特に人気のあるiPhone8や人気になりそうなiPhoneXRへの機種変更時の料金&内訳までシミュレーションした結果は以下です↓

機種変更&子回線&iPhoneXR(64GB)購入時の月額料金と内訳 機種変更&子回線&iPhone8(64GB)購入時の月額料金と内訳 機種変更&子回線&iPhoneSE(32GB)購入時の月額料金と内訳 機種変更&子回線&iPhone6s(32GB)購入時の月額料金と内訳

最低料金で機種変更できるのは、docomo with対象となっているiPhone6sですが、ドコモ内でも最も古いモデルなので機種変更先にならないケースが多いでしょう。

「釣った魚にエサは与えない」ではないですが、既にドコモを使っているユーザーが機種変更する場合には、学割も適用されず、端末割引も古いモデルのみなので、わざわざ機種変更を急ぐ必要もないかもしれません。

正直なところ他のauやソフトバンク、格安スマホに乗り換えて新機種を購入する方が遥かにお得だと思います。

家族はドコモを使ってない場合の最低料金シミュレーション

家族にドコモユーザーがいない場合、通常のデータプランを契約し、代表回線契約という形になります。

現在ドコモで一般的なデータプランは「ベーシックパック」という従量制(使った分だけ段階的に料金が上がる)プランなので、これに加入する事になります↓

ドコモの従量制パケットパック『ベーシックパック』

なので料金は前月に使ったデータ分で変動しますが、スマホユーザーのデータ使用量の月平均である3~5GB帯だとデータだけのプラン料金で5,000円(税抜)と結構しますね。

単独でドコモを契約する場合の最低料金は、「新規契約」か「機種変更」かで異なります。(またボタンを選んでください↓)

「新規契約」+家族がドコモ利用で「シェア可」の場合の最低料金シミュレーション

ドコモへの新規契約の場合、購入するiPhoneモデルには

端末購入サポート(一部のiPhone):端末代を大幅割引
学割:1年目は毎月月額1,500円割引

が適用されるのでかなり安くなります。

特に割引が適用されるiPhoneモデルは

  • iPhoneXR:端末購入サポート + iPhoneデビュー割 + 学割
  • iPhone7:端末購入サポート + 学割
  • iPhoneSE:端末購入サポート + 学割
  • iPhone6s:docomo with + 学割

の4モデルで以下の月額料金で利用可能です↓

新規契約&代表回線&iPhoneXR(64GB)購入時の月額料金と内訳 新規契約&代表回線&iPhoneSE(32GB)購入時の月額料金と内訳 新規契約&代表回線&iPhone7(32GB)購入時の月額料金と内訳 新規契約&代表回線&iPhone6s(32GB)購入時の月額料金と内訳

「新規契約」+「単独ドコモ契約」の場合には最低料金で使えるiPhoneは「iPhoneXR」となります。正直最新のiPhoneXRがこの端末価格で使えるのはかなりお得感あると思います。

ドコモで子供の初スマホに値下げiPhoneXRが超狙い目!料金シミュレーション

2018.12.07

ただ基本プランが割高なので、毎月のデータ利用量にもよりますが、月額7,000~8000円くらいは掛かると思います。

もし新規契約でドコモを検討しているなら、正直遥かに安い格安スマホの方が年間6万円前後は節約できるのでいいと思います。(家族とシェア以外で単独でドコモを契約するメリットが薄い)

「機種変更」+家族がドコモ利用で「シェア可」の場合の最低料金シミュレーション

既にドコモを利用していて機種変更の場合には、残念ながら学割が適用されません。

特に割引が適用されるiPhoneモデルは

  • iPhoneSE:端末購入サポート + 学割
  • iPhone6s:docomo with + 学割

と、古いiPhoneの2機種だけです。

特に人気のあるiPhone8や人気になりそうなiPhoneXRへの機種変更時の料金&内訳までシミュレーションした結果は以下です↓

新規契約&代表回線&iPhoneXR(64GB)購入時の月額料金と内訳 新規契約&代表回線&iPhoneSE(32GB)購入時の月額料金と内訳 新規契約&代表回線&iPhone7(32GB)購入時の月額料金と内訳 新規契約&代表回線&iPhone6s(32GB)購入時の月額料金と内訳

最低料金で機種変更できるのは、docomo with対象となっているiPhone6sですが、ドコモ内でも最も古いモデルなので機種変更先にならないケースが多いでしょう。

「釣った魚にエサは与えない」ではないですが、既にドコモを使っているユーザーが機種変更する場合には、学割も適用されず、端末割引も古いモデルのみなので、わざわざ機種変更を急ぐ必要もないかもしれません。

また端末代だけでなくプラン料金も割高なので、「ドコモで一人で使っている」+「機種変更」パターンは最も損なパターンと言えます。

正直なところ他のauやソフトバンク、格安スマホに乗り換えて新機種を購入する方が遥かにお得だと思います。

【まとめ】ドコモで学割時の最低料金シミュレーション(ケース別)

最後にここまでの「各パターンでの学割最低料金の結論」をまとめたいと思います↓

ドコモの料金 家族のシェア可 単独でドコモ契約
新規契約 学割+端末割引が豊富なiPhoneXRが◎
機種変更 旧モデルiPhone(6s/SE)しか端末割引なし
学割適用も無いので今じゃないかも

「学割」や「端末割引」は基本的にドコモに加入してもらう大きなメリットとして見せているので、正直機種変更の場合には大手携帯各社とも不遇です。(まさに「釣った魚にエサは与えない」と言った感じ)

特にドコモを使うメリットとして「家族でデータ容量をシェアするとそこそこお得」な部分が大きいので、裏を返せば「単独でドコモを利用してもデータ容量は割高」です。(月3~5GBのデータ容量だけでで月5,000円掛かる訳ですから…)

なので、単独でドコモに新規契約 or 機種変更はあまり得策ではないですね。