LINEモバイルに学割はある?学生は学割の有無でどれくらい得になる?

LINEモバイルに学割はある?学生は学割の有無でどれくらい得になる?
美魔女ママ
子供にLINEモバイルって格安スマホを買おうと思うんだけど、学割みたいな割引ってないの?
元量販店スタッフ りょう
LINEモバイルはSNS放題だったり格安iPhoneを取り扱っていたりと学生に人気がありますね。
 
残念ながらLINEモバイルには学割はありませんが、そもそも「これ以上安くできない」というレベルに元から安いです。

子供に特化したTSUTAYAの格安スマホ♪

月額1,000円で使える学生見守りスマホ「TONE(トーン)モバイル」
トーンの見守りスマホで月1,000円で防犯対策♪
学割キャンペーン期間中♪ 3ヶ月500円割引中の今が狙い目♪

先に結論から述べるとLINEモバイルに学割に当たる割引キャンペーンはありません

ドコモやau、ソフトバンクで子供のスマホを契約する際に必ずある『学割』ですが、LINEモバイルを含むほとんどの格安スマホでは学割は実施していないんです。

というのもそもそも格安スマホは学割する必要がないほど価格競争で低料金まで下げているので、これ以上安くできないというのが本音でしょう。

そんな中でも数少ない学割キャンペーンを実施(2019年春シーズン)している格安スマホは、以下のページで紹介しているので参考にしてみて下さい↓

2019冬~2020春の学割がある格安スマホ4社を比較!Y!やUQでiPhone狙い♪

2018.12.11

ただ、どの格安スマホも大手キャリアと同じように学割の実施期間は新学期シーズンの年末年始~5月末までとなっています。

LINEモバイルに学割はないが様々な割引キャンペーンを実施している

学割キャンペーンこそないものの、LINEモバイルでは不定期で様々なキャンペーンを実施しています。

時期によってキャンペーンは様々なので、実際に以下のLINEモバイル公式ページで確認してもらうのが良いでしょう。

参考:開催中のキャンペーン | LINEモバイル

過去には

LINEモバイル過去のキャンペーン

「スマホ代月300円キャンペーン」
「契約解除料相当額を負担!乗り換え応援キャンペーン」
「年末年始大感謝祭10,000LINEポイントキャンペーン」

などのキャンペーンも実施しており、特に2018年にLINEモバイルがソフトバンクと業務・資本提携した直後の「スマホ代月300円キャンペーン」は、かなりの割引額の大規模割引キャンペーンでした。(本田翼さんをテレビCMで起用して話題になりましたね)

特に時期によってはお得度の高いキャンペーンもあったりするので、LINEモバイルを検討しているのなら上記のキャンペーン一覧ページから「キャンペーン内容」に加えて「特典の適用条件」もしっかりと把握して、最大限特典を受けておきたいところ。

『料金比較』学割有のソフトバンク VS 学割無しLINEモバイル

「なんだ。LINEモバイル学割ないなら学割のあるソフトバンクの方がいいか」なんて考えてしまう人も中にはいるかもしれませんね。

重要なのは学割の有無ではなく、「最終的に私たちの財布から何円支払うのか」ではないでしょうか。

元から安いけど学割の無い『LINEモバイル』と、元は割高だけど学割のある『ソフトバンク』だと、どちらが私たちの財布に優しいのか気になったので料金を比較してみました↓

『比較する条件』

iPhoneも一緒に買う
データ容量は月3~5GB使う(スマホユーザー平均)
LINE無料通話がメインなので、かけ放題などの通話オプションは不要
新規契約で申込

ソフトバンクで学割2019適用時の月額料金の内訳

まずはソフトバンクで2019年5月末までに実施の『学割放題』を適用してiPhone7(32GB)を購入した場合の月額料金の内訳は以下です↓

iPhone7(32GB)端末代
(87,840円)
3,660円/月×24か月
ウルトラギガモンスター+(2年契約) 5,980円/月
通話基本プラン 1,200円/月
ウェブ使用料 300円/月
学割放題(3ヵ月間) -4,500円/月×3か月
1年おトク割(12ヵ月間) -1,000円/月×12ヶ月
最終月額料金 2~4ヵ月目:月額5,640円
5~12ヵ月目:月額10,140円
13ヵ月目以降:11,140円

ソフトバンクの2019年の学割の割引内容は「最初の3か月間のスマホ代を4,500円割引(合計13,500円の割引)」となり、最初の3か月間(4か月目)までは安いものの、5ヶ月目以降は1万円前後の月額料金になってしまいます。

特に2018年から端末割引『月月割』が無くなった事で、元々高額なiPhoneを定価で購入する事になるのが大きな要因と言えます。

LINEモバイルで学割無しでの月額料金の内訳

続いてLINEモバイルで学割無しで新規で契約し、格安iPhone6s(32GB)をセット購入した場合の月額料金の内訳は以下になります↓

コミュニケーションフリー(音声SIM/5GB) 2,220円/月
iPhone6s(32GB)端末代
(一括32,800円)
1,490円/月×24か月
最終月額料金 月額3,710円

LINEモバイルでiPhone6sを購入して月5GBの音声プランを使った場合場合でも、月4千円以内に収まるのが分かります。

2年の合計支払額は3倍近く違った

ソフトバンク(学割有り)とLINEモバイル(学割無し)の2年間で支払う総額を計算すると、以下のように大きく差があります↓

携帯会社 2年総支払額
ソフトバンク(学割有) 241,860円
LINEモバイル(学割無) 89,040円

という事で料金差は3倍近くあるので安さで見ると勝負になりませんね。

学割はこのうち13,500円分なので、有っても無くても料金差にはほぼ影響を与えずLINEモバイルの圧勝という結果に。

また上記では含めていませんが、LINEモバイルでは様々なキャンペーンを行っているので、適用すれば更に安く済みます。

LINEモバイル_学生向けバナー