トーンモバイル最新機種『TONE e19』料金面でiPhoneよりコスパ優れる

TONE e19の大画面ディスプレイ
美魔女ママ
TSUTAYAの格安スマホ『トーンモバイル』ってスマホも一緒に買う必要があるのね
元量販店スタッフ りょう
トーンモバイルは格安スマホの中でも「TONEスマホ」と呼ばれる専用スマホを自社開発して販売しており、その分『トーンモバイル』等他では真似できないような便利な機能が使えるのが特長ですね。
美魔女ママ
今だとどんなTONEスマホがあるの?
元量販店スタッフ りょう
2019年3月に発売された『TONE e19』という機種が最新モデルですね。という事で、今回はTONE e19について解説&レビューしていきます。

子供に特化したTSUTAYAの格安スマホ♪

月額1,000円で使える学生見守りスマホ「TONE(トーン)モバイル」
トーンの見守りスマホで月1,000円で防犯対策♪
3ヶ月500円キャンペーンで大幅割引中の今が狙い目♪

TSUTAYAの格安スマホ『トーンモバイル』と言えば、子供やシニア向けに特化した格安スマホとして人気がありますね。

特にトーンモバイルでは、『トーンファミリー』などの機能を最大限活かすため、専用のTONEスマホをセット購入が必須(TONE SIM(for iPhone)は例外)となっており、トーンスマホの最新機種は2019年3月に発売された『TONE e19』が最新機種となっています↓

TONEスマホ機種 見た目 発売日
TONE e19 TONE e19 2019年3月発売
TONE m17 TONE m17 2017年8月発売
(2019年3月で販売終了)
TONE m15 TONE m15 2015年11月発売

ちなみに数字は発売された年を表しているようですね。(2019年に発売⇒e”19″)

『TONE e19』が発売された2019年3月は一時的に「TONE e19」と1つ前のモデル「TONE m17」の両方が販売されていた期間がありましたが、2019年3月末でTONE m17の販売は終了し、現在はTONE e19のみ販売されています。

旧モデルのTONE m17に関しては以下のページで解説しています↓

トーンモバイルのスマホ『TONE m17』のスペックは充分?

2019.04.03

『トーンスマホの特長』専用機種だけにトーンファミリーなど豊富な機能が使える

トーンモバイルは他の格安スマホと違って自社でスマホを開発して販売している為、『トーンファミリー』等の他のスマホでは出来ないようなコアな部分まで管理・制限できるようになっています。

特に自制心がまだまだ弱い子供に持たせるスマホとして、豊富な制限&管理機能で抜群の評価がされており、『見守りスマホ』という名前があるくらいです。

トーンモバイル(TONEモバイル)

トーンスマホには子供に特化した『トーンファミリー』という代表的な機能があり、保護者のスマホから子供のTONEスマホを制限・チェックする事ができるので、子供をスマホ依存所やトラブルから守ることが出来たり、キッズ携帯のように居場所を確認通知したりも出来ます。

TSUTAYAのスマホ『トーンモバイル』の子供見守り機能『トーンファミリー』

具体的なトーンファミリーで出来る制限機能などは以下のページでトーンファミリーを解説しているので参考にして下さい↓

TSUTAYAのトーンファミリーで出来る制限とTONE見守り初期設定方法

2019.04.10

TONE e19からあんしんAIがアップデート

そして2019年3月発売の『TONE e19』では、ユーザーの安全を守る『あんしんAI』機能がアップデートされました。

アップデートされた『あんしんAI』は、子供のスマホの利用傾向や位置情報や行動をAIが分析し、異常な行動をした場合に保護者へ自動で警告通知が送られる仕様になっています。

『TONE e19』VS iPhone!料金面では2万円切りの驚異のコストパフォーマンス

TONEスマホ『TONE e19』のコンセプトは「極めてシンプルだけど、素晴らしい機能を備えたモデル」です。

TONE e19の性能一覧_高性能でシンプルでリーズナブルなスマホ

前モデルの「TONE m17」と比較しても、通信速度と端末の動作を含むパフォーマンスが約3倍アップしているとの事で、実際に使っていてもスペック面で困る事は無い印象です。

見た目もiPhoneXSのようにフチまでディスプレイが覆う大画面のデザインでかっこいいです!

iPhoneよりいいかも♪抜群のコストパフォーマンスも魅力

「人気のiPhoneXSの1台分の価格で、子ども、シニア、その家族の3世代分をまかなえる」とコメントするほどTONE e19はコストパフォーマンスが良く、2万円を切る低価格で歴代のトーンモバイルの機種の中でもかなり攻めた価格設定になっています。

トーンモバイルのTONE e19のスペック&端末価格

参考までに前モデルの『TONE m17』の発売時の端末価格と『TONE e19』を比較すると価格設定もかなり安くなっているのが分かりますね↓

『TONE e19』の端末価格:発売時:19,800円(税抜)
『TONE m17』の端末価格:発売時:34,800円(税抜)⇒後に割引:29,800円(税抜)

ドコモやau、ソフトバンクでiPhoneでスマホデビューすると、10万円超えの本体価格を分割ローンで買うケースがほとんどなのに対して、トーンモバイルの『TONE e19』はiPhone XS(64GB)5.7台分が買えるほど安い価格設定ですからね。

TSUTAYAのトーンモバイルのスマホ『TONE e19』の特長

『TONE e19』はトーンモバイルが海外のODMメーカーと開発したオリジナルスマホです。特長・スペックをまとめると以下です↓

『TONE e19』のスペックまとめ

大画面5.93インチでノッチ付きのHD+ディスプレイ

「顔」と「指紋」2つの生体認証でセキュリティ面が強固

人工知能(AI)搭載で利用状況を確認できる

4000mAhの大容量バッテリーで長時間の利用が可能

CPUは高性能Snapdragon 450 1.8GHz オクタコアを搭載でスムーズな動作

世界基準のDSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ(LTE+3G))に対応

【既存】置くだけサポートで、専用の箱に置けば自動でトラブルを修復

参考:TONE e19:端末詳細

OSはAndroid 8.1をプリインストールされており、SIMスロットはデュアルSIM対応&SIMサイズは「nano SIM」となっています。

➁トーンスマホTONE e19のSIMスロットからSIMを取り出す様子

トーンモバイルのスマホ『TONE e19』を実際に使ってみた感想

TONE e19の見たがかなりスタイリッシュ

という事で自分がTONE e19を買って使ってみた感想を書いてみます↓

『TONE e19レビュー』迫力ある大画面でフチまでディスプレイでとにかく見やすい

まず最初に箱を開けて驚いたのがディスプレイの大きさです。

もう見た目が前モデルのTONEm17と全然違って、iPhoneXから流行りだしたフチまで画面になっているデザインでかっこよさが段違いなところに目が行きました。

TONE e19の大画面ディスプレイ

5.93インチノッチ付きのHD+ディスプレイということで、実際に使っていても文字も画像も大きく見やすいですし、だからと言って大きすぎて持ちにくいという事もありませんでした。

ゲームアプリなどをやってみても迫力が段違いですね。画面が大きいからか操作もしやすいです♪
 

驚異の4000mAhの超大容量バッテリー搭載なので数日充電不要かも

生体認証などの特長も挙げたいところですが、一番TONE e19の地味に凄いところがバッテリーが長持ちするので充電しなくても結構持つところでした。

4000mAhの超大容量バッテリー搭載

どうやら調べてみるとバッテリー容量が4000mAhもあるようで、これがどのくらいの容量かというとiPhoneXSの約1.5倍という超大容量でした!

機種 バッテリー容量(mAh)
TONE e19 4000mAh
iPhone XS 2658mAh
iPhone XR 2942mAh

バッテリーが中々減らず充電せずに3日目に突入したので驚いたのですが、かなりタフなスマホだったんですね。

ちなみにカメラもiPhoneXやXSと同じ1200万画素もあるので、使った感じはiPhoneXSとそんなに変わらない印象です。

これがiPhoneXSの5分の1以下の価格と考えるとかなりのコストパフォーマンスだと思います。

もうiPhone一強の時代でもないかも

最近ではiPhoneの端末価格がどんどん上がってきていますが、同じようなスペックで最新iPhone並みで低価格のものも多く、10年以上iPhoneユーザーの自分も「もうiPhoneじゃなくてもいいかも」と思わされるスペックと値段でした。

特に子供に持たせるなら故障の可能性もあるので、最新iPhoneよりもスコパの良いAndroidの方がいいかもしれません。