トーンモバイル取り扱いTSUTAYA店舗と店頭申込のメリット4つ

TSUTAYAの店舗内にトーンモバイルコーナーがある
美魔女ママ
トーンモバイルっていうTSUTAYAのスマホにしようかと思うんだけど、店頭でも買えないの?
元量販店スタッフ りょう
トーンモバイルは一部のTSUTAYAやカメラのキタムラの店舗に窓口があります。
 
スタッフと1対1で説明を聞いたり質問もできますし、TONEスマホを触って試せるのでお勧めですよ♪
美魔女ママ
どこのTSUTAYAでもいいの?
元量販店スタッフ りょう
トーンモバイルを扱っているTSUTAYA等の店舗はそんなに多くないのが残念なところなんですよね。
 
定休日や営業時間もあるので「誰でも」という訳にはいきませんが、もし近くに取扱い店があったら一度説明を聞きに行ってみるのもオススメです。

安心 簡単 安い 3拍子♪

キッズ携帯の代わりにトーンモバイルの見守りスマホが人気
キッズ携帯代わりにトーンの見守りスマホで防犯対策できる時代♪
学割+半年無料キャンペーンが重なる今が狙い目♪

子供やシニア向けの格安スマホ『トーンモバイル』は「TSUTAYAのスマホ」でも有名ですね。

一部の「TSUTAYA」や「カメラキタムラ」の店頭には「トーンモバイルコーナー」があり、専属スタッフがいるのでじっくりと聞くことが出来ます。

TSUTAYAのロゴカメラのキタムラのロゴ

実は自分もトーンモバイルを契約する際にTSUTAYAのトーンモバイルコーナーに色々と聞きに行った事があったのですが、オンラインで申し込むのとは違ったメリットがあるので解説していこうと思います。

『店舗のメリット➀』トーンモバイルのスタッフに気が済むまで説明が聞ける

一部の「TSUTAYA」と「カメラのキタムラ」のトーンモバイルコーナーへ行く最大のメリットはズバリ「スタッフに気が済むまで説明が聞けるし質問できる」という点だと思います。

トーンモバイルではオンラインでもスタッフに問い合わせる事は出来ますが、やはり実際に会って話す方が情報量は多いですからね。

TSUTAYAの店舗内にトーンモバイルコーナーがある

写真のようにTSUTAYAの隅にトーンモバイルコーナーがあるのですが、ひっそりというか静かなのでスタッフと話しやすかったですね。

某量販店の格安スマホコーナーと違ってトーンモバイルのスタッフには押し売りする感じがなかったのが印象的で、「検討中です」という人でも説明だけ聞きにいくのもいいと思います。

『店舗のメリット➁』展示してあるTONEスマホを触れる

トーンモバイルの店舗に赴く2つ目のメリットは「TONEスマホの実機を試せる」という点です。

特にネット上には過去のモデルのネガティブな評価も多いので、最新のTONEスマホを触って買うに値するのかをしっかり確認することが出来るのは大きいです。

2019年3月に発売された最新モデル『TONE e19』の使用感を以下のページで解説しているのですが、実は店頭で触って気に入ったのが決定打だったりします↓

トーンモバイル最新機種『TONE e19』料金面でiPhoneよりコスパ優れる

2019.04.12

また、トーンモバイルの弱点ともいえる”通信速度”も実際にTONEスマホでネットや動画を試してみて実用的なのかをチェックする事もできますからね。

『店舗のメリット➂』口座振替での支払いが選択可能

トーンモバイルの支払方法は基本的にはクレジットカード払いとなっていますが、店頭で申し込みをする場合に限って口座振替での支払い方法を選択する事が出来ます↓

トーンモバイル(TONE)の支払方法はクレカ・口座振替・デビットも可

2019.03.30
支払い対象 オンライン申込 店頭申込
月額料金 クレジットカード
一部のデビットカード(非公式)
クレジットカード
口座振替
端末代金
(購入時のみ)
クレジットカード
一部のデビットカード(非公式)
クレジットカード
ショッピングクレジット
現金

ただし口座振替で支払いができるのはプラン料金などの月額料金のみで、TONEスマホの端末代は分割で口座振替できない点には注意が必要です。

『店舗のメリット➃』トーンスマホのお試しレンタルをする事が可能

トーンモバイル店頭へ足を運ぶ4つ目のメリットは『トーンスマホのレンタル』が出来る点です。

トーンモバイルのお試しレンタルサービス

トーンモバイルは他の格安スマホと違ってTONEスマホのセット購入が必須(TONE SIM(for iPhone)は例外)となっていますが、TSUTAYAのTカードを持っていれば最新のTONEスマホを七泊八日で借りて試す事が可能です。

参考:おためしレンタル | トーンモバイル公式

トーンモバイルを始める前の疑問や不安を約1週間のお試しレンタルで解消

ちなみにトーンモバイル扱い店全てでお試しが出来る訳ではないので、以下のトーンモバイル取扱い店情報に「おためしレンタルサービス実施中です」と記載されているかを確認しましょう。

参考:店舗一覧 | トーンモバイル公式

『店舗のデメリット=オンラインのメリット』足を運ぶのが面倒!トーン取扱店舗数が少ないのが残念

店舗でのデメリット=オンラインでのメリットと言い換える事もできますが、何よりトーンモバイル取り扱い店舗へ足を運ぶのが最大のデメリットでしょう。

また、トーンモバイルは「TSUTAYAのスマホ」とは言われているものの、後述のように全てのTSUTAYAで取り扱っている訳ではなく、都心部で取扱店はそこまで多くはありません。

トーンモバイル取扱い店舗と受付時間を事前にチェック

また、店舗ごとの営業時間も差はあるものの大体10:00~20:00の時間内でしか受け付けをしていません。

注意点としてはTSUTAYAやカメラのキタムラの営業時間とトーンモバイル受付カウンターの営業時間は異なり、TSUTAYAは営業中でもトーンモバイルの受付はやっていない場合もあります。

トーンモバイルコーナーは定休日や営業時間が決まっているので時間外は「CLOSED」

自分の場合検討中の時にTSUTAYAのトーンモバイルコーナーに行ったものの、木曜日はその店舗のトーンモバイル受付は営業してなかったという事がありましたので、以下の店舗ごとの受付時間を確認してからいきましょう。

店舗一覧 | トーンモバイル

また上記のページに詳しく記載されていますが、店頭で申込をする際に必要になる書類は以下です↓(「新規契約」と「他社からのMNP乗り換え」で異なります)

店舗申込時の必要書類(新規契約時) 店舗申込時の必要書類(他社からのMNP時)

という事でトーンモバイル店舗では、実際に「聞ける・触れる・試せる」のでお近くに取扱い店があれば話を聞きに行ってみてもいいと思いますよ♪