ワイモバイルのiPhone情報♪『6s』実質500円や『7』2万円特別割引等

ワイモバイルの激安iphone情報

ワイモバイルはソフトバンクグループなので、ドコモやau、ソフトバンクと同じようにiPhoneを大幅な端末割引でセット購入する事が可能です。

特に2019年秋より「総務省の端末割引の規制」が始まり、キャリアの低割引の最新iPhoneよりも型落ちiPhoneの方が安く入手できるので、注目度が高いです。

2019年秋時点でワイモバイルで購入できるiPhoneモデルは「iPhone7/iPhone6s/iPhoneSE」の3種類ですが、中でも「iPhone6s」と「iPhone7」は2年契約する事で格安な端末代で購入する事が可能になります↓

現在のワイモバイルの割引中iPhone情報

➀ iPhone7(32GB/128GB):「特別端末割引で2万円割引(月額割引とのダブル割引が可能)」
⇒(詳細はこちら)
 
➁ iPhone6s(32GB/128GB):32GBは実質500円(頭金500円のみで月額分は実質0円)
⇒(詳細はこちら)
➂ iPhoneSE(32GB):一括3万円のみ(分割不可)で、ローズゴールド&32GBのみ販売中
⇒(詳細はこちら)

2019.8時点でのワイモバイル取扱いiphoneモデル

順番に解説していきます↓


5周年キャンペーンで史上最高にお得♪(~9/30)
SIM単体契約特別割引で14,400円OFFも!

ワイモバイルのバナー

『乗り換え限定』iPhone7の特別割引(2万円OFF)キャンペーン(~9月2日)

ワイモバイルでは人気のiPhone7(32GB/128GB)の端末代金を2万円割引するキャンペーンを2019年9月2日までの超期間限定で実施しています。

iPhone7の端末画像

また「2万円の特別割引」の他にも「通常の端末割引」も適用されダブルの端末割引となるので、最終的なiPhone7の端末実質価格はストレージ容量とプランによって以下のようになります↓

iPhone7特別割引の内訳 プランS契約時 プランMかL契約時
iPhone7(32GB) 73,116円
-25,920円(通常の端末割引)
-20,000円(特別割引)
(実質端末価格):27,196円
73,116円
-38,880円(通常の端末割引)
-20,000円(特別割引)
(実質端末価格):14,236円
iPhone7(128GB) 86,076円
-25,920円(通常の端末割引)
-20,000円(特別割引)
(実質端末価格):40,156円
86,076円
-38,880円(通常の端末割引)
-20,000円(特別割引)
(実質端末価格):27,196円

※全部税込表記

新規契約やソフトバンクからののりかえは対象外なので注意

このキャンペーンは現在ドコモかau、ドコモau回線の格安SIMを使っている人がワイモバイルへ乗り換え(MNP)する場合のみ適用される特別割引キャンペーンとなっています。(新規やソフトバンクからの乗り換えは適用外)

キャンペーン特典: iPhone7の端末代を2万円割引(通常の端末割引とダブルで割引)
実施期間: 2019.8/21(水)〜9/2(月)
特典の適用条件: ドコモ、au、格安SIM(ソフトバンク系以外)からワイモバイルへの乗り換え(MNP)をし、iPhone7をセット購入時

参考ページ:iPhone7 | ワイモバイル公式

実際に期間中にiPhone7をドコモかau系の携帯会社から乗り換えて購入すると、以下のように「特別割引 20,000円」が適用になっているのが分かりますね↓

ワイモバイルでiPhone7購入時に特別割引で2万円引が適用されている

ちなみに後述の「5の付く日PayPay最大15,555円キャンペーン」とは併用できない点には注意です。

『乗り換え&新規で可』iPhone6sが実質500円でセット購入可能に!

iPhone6sの端末画像

ワイモバイルではiPhone6s(32GB/128GB)をセット購入時に、端末代から24ヶ月で合計29,400円分の割引が適用されます。

割引額はプランS/M/L共同じで1,225円×24ヶ月で合計29,400円の割引(一括購入時も毎月割引が適用される)となり、iPhone6s(32GB)は以下のように端末代と月額割引が同じなので、頭金500円だけで手に入る事になります↓

iPhone6sの端末割引 iPhone6s(32GB) iPhone6s(128Gb)
端末代 頭金 500円
24回分割代金 1,225円/月×24ヶ月 1,725円/月×24ヶ月
月額割引 -1,225円/月×24ヶ月
(実質端末代) (合計):500円
(月額):0円
(頭金):500円
(合計)12,500円
(月額):500円
(頭金):500円

※全部税別表記

上記のようにiPhone6s(32GB)であれば頭金500のみで購入でき、iPhone6s(128GB)は月額500円の合計12,500円で購入できる事になります。

iPhone6sは2015年9月25日発売の旧機種ではありますが、日常使いでも全く問題なく使え今人気のiPhoneモデルです。(自分もまだiPhone6s使ってますし)

「最新の超高性能iPhoneじゃなくても、安くiPhoneが使えればいい」という人はこれ以上ないほど安く入手できるので、超お勧めですね↓

「新規契約」でも「他社からの乗り換え」でも、契約時に2年契約の「プランS/M/L」を契約してiPhone6sをセット購入する事で24ヶ月毎月の月額料金から割引されます。

最終的に月額スマホ代はいくら?【iPhone6s端末代+プラン料金】

と言う事でiPhone6sをセット購入時の最終的なスマホ代をプラン料金込みで計算してみました↓

【ワイモバイルオンラインショップ】iPhoneSEは品薄!一括3万円の32GBのみ購入可能

iPhoneSEの端末画像

昨年実質0円で大人気となったiPhoneSEは、2019年現在は在庫が少ない状態で、2019年8時点では、カラー「ローズゴールド」のストレージ容量32GBのみ在庫がある状態でした。

iPhoneSE(32GB)の場合は分割購入の選択肢はなく、一括3万円での購入のみとなっています↓

ワイモバイルでiPhoneSE(32GB)を購入時は一括3万円での購入のみ

昨年は実質0円で購入できたモデルですが、現在はカラー「ローズゴールド」&容量「32GB」で「一括3万円払いのみ」になっているので以前ほどのお得感はありませんね。

参考:iPhone SE(32GB)を購入 | ワイモバイルオンラインショップ公式

なぜワイモバイルはここまで安くiPhoneを販売できるの?

そもそもiPhoneを国内電販売できるのは、Apple正規代理店である3キャリアのみですが、
ワイモバイルはソフトバンクグループなので、ソフトバンクのiPhoneの在庫を流してもらえるんですね。

なので他の格安SIM(UQモバイル以外)では出来ないiPhoneのここまでの投げ売りが可能なんですね。

正直ワイモバイルは通信速度も爆速ですし、「10分かけ放題」付きで比較すればかなりコストパフォーマンスに優れる携帯会社だと思います。(3年目以降は料金が上がるので、更新月の乗り換え前提)

また最近ではPayPayとも組んでポイント還元がかなり美味しく、ソフトバンクユーザーと同等の優遇を受けられるので無茶苦茶助かってます。

ワイモバイルとPayPayは相性良すぎ♪最大20%還元やキャンペーン情報

2019.08.21

【まとめ】ワイモバイルで買うなら実質500円のiPhone6sか、期間中なら2万円割引のiPhone7

上記のようにワイモバイルは大手キャリアに比べて型落ちのiPhoneを取り扱っているものの端末代は異常に安いです。

特に2019年時点ではiPhone6sが実質500円(頭金)のみで購入できるので、iPhoneデビュー狙いや、2台目などにもうってつけの安さです♪

今後総務省の規制によって「2年契約を前提とした端末の割引の規制」にもメスが入るので、安く入手できるうちに型落ちiPhoneを格安で入手してしまうのも賢い選択だと思います。

約2週間後に10,000円振込特典+相談で+5,000円も可!
ヤングモバイルのバナー
ワイモバイルに直接申込は勿体ないかも…ワイモバイルの特典窓口"ヤングモバイル"♪