2022.9発売のiPhone14/Plus/Pro/Pro Maxの進化まとめ!Plus復活も価格119,800円~

iPhone14とiPhone14Plusの大きさの比較
2022年9月に発売となるiPhone14シリーズの情報が、日本時間9月8日AM2:00のAppleの新商品発表で公開されましたね。
元量販店員 りょう
元量販店員 りょう
せつや
せつや
今年のiPhone14は大きいPlusサイズが出たらしいですね
iPhone12や13の「Miniサイズ」が廃止されて、Pro MAXと同じサイズの無印Plusモデルがラインナップに追加されました💡
 
毎年恒例の最新iPhoneの進化=技術市ですが、2022年の集大成であるiPhone14はどう進化したのか見ていきましょう🎵
元量販店員 りょう
元量販店員 りょう

今LINEMOが安い!ミニプランが8カ月無料(~2023年1月終了)
詳細はLINEMO公式ページを確認してください↑
【集計】2022年で最も人気のスマホブランド達↓  
楽天モバイル公式ショップ (格安SIM利用者に人気)
ahamo(公式ショップ) (ドコモの人に人気)
povo(公式ショップ) (auの人に人気)
LINEMO公式ショップ (SoftBankの人に人気)

2022年9月7日(日本時間で9月8日 AM8:00)にAppleの発表イベントにて、2022年の最新iPhoneである『iPhone14シリーズ』についての発表がありました。

Apple Eventからビッグニュース | Youtube

iPhone14シリーズではiPhone12&13シリーズで続投されたMiniモデル(6.1インチディスプレイサイズ)が廃止となり、代わりに通常サイズよりも大きいiPhone14 Plusが追加されました↓

★iPhone14シリーズの4モデル並べて比較

なのでiPhone14シリーズは「iPhone14」「iPhone14 Plus」「iPhone14 Pro」「iPhone14 Pro MAX」の4モデルが発売となり、「Plus」モデルが発売されるのはiPhone8 Plus(2017年9月発売モデル)以降初となります。

直近のMiniモデルは意外と売れ行きが芳しくなかったという事で、動画視聴で高くなった大画面ニーズにシフトしたものと思われます。Miniサイズの画面で動画視聴は結構目が疲れますからね。

iPhone14 Plusだけ発売日が10月に延期に

発売日に関しては2022.9.9にAppleとキャリアで予約開始&翌週の9.16に発売となりますが、iPhone14 Plusだけ遅れて10月の発売となっています↓

モデル予約開始日発売日
・iPhone14(無印)
・iPhone14 Pro
・iPhone14 Pro MAX
2022年9月9日(金) 21:00予約開始2022年9月16日(金)発売
・iPhone14 Plus2022年9月30日(金)予約開始2022年10月7日(金)発売

iPhone14系の最低価格119,800円~と超高額

そして気になるiPhone14シリーズの販売価格ですが、発表直後のApple公式の定価は以下の表の通りです↓

モデル/容量64GB128GB256GB512GB1TB
iPhone14119,800134,800164,800
iPhone14 Plus134,800149,800179,800
iPhone14 Pro149,800164,800194,800224,800
iPhone14 ProMAX164,800179,800209,800239,800

参考:iPhone14 | Apple

最新iPhone14モデルとなるとminiサイズ廃止によって、一番安いモデルのiPhone14(128GB)でも119,800円もします💦

数年前であれば10万円超えのiPhoneで驚いていましたが、価格上昇は留まる事を知らずiPhone14シリーズの最低価格は約12万円~となっており、iPhone=高級ブランド”Apple”のスマホという本来のポジションに戻りました。

まずはiPhone14シリーズで追加された新機能についてみていきましょう↓

【衝突事故検出機能】事故をセンサー検出⇒自動で緊急連絡先に通知(iPhone14シリーズ全てに搭載)

iPhone14シリーズの全てに搭載された新機能として『衝突事故検出機能』があります。

衝突事故検出機能

万が一自動車事故が起こった際に、iPhoneに内蔵されている複数のセンサーを駆使して自動検出し、以下の確認画面の後に事前に登録した緊急連絡先に自動で通知してくれるという機能です。

「あなたが自動車で重大な衝突事故に遭ったことをiPhone 14が認識し、自動で救助を要請。あなたの緊急連絡先に知らせることもできます」

ワクワクな新機能とは一変、「iPhoneが命綱になる」人命に関わるクリティカルな新機能追加という事で、頻繁に自動車に乗る人は検討の余地アリかもしれません。

具体的にはiPhoneに内蔵されている高重力加速度センサーやジャイロスコープを使って衝突事故を検出するようです↓

【iPhone14に搭載された衝突事故検出の仕組み】

・速度の急激な変化:最新の高重力加速度センサーが、最大256Gの急加速や急減速を検知
・方向の急激な変化:ハイダイナミックレンジジャイロスコープが、車の向きが突然変化したことを検知
・車内の気圧変化:エアバッグが開いた時に生じる車内の気圧変化を、気圧計が検知
・衝突時の大きな音:衝突で発生する極端に大きな音をマイクが聞き取り識別
・衝突実験データ:衝突実験を通じて開発したモーションアルゴリズムで、事故を認識
・過去の事故データ:衝突事故検出の精度を高めるために一般公開されている衝突事故のデータを活用

衝突事故検出機能が実際のiPhoneで起動したときの画面表示

携帯電話の通常の電波が届かないエリアでも、衛星経由で緊急SOSの発信に対応

衛星通信を使った緊急SOS発信に対応(iPhone14シリーズ全てに搭載)

もう1つiPhone14シリーズの目玉機能として「Emergency SOS via satellite」と呼ばれる衛星通信を利用した緊急速報が利用可能となります。

例えば電波の届かないエリアや、災害等の緊急時にはキャリアの通信インフラが利用不可になったとしても、衛星を経由して緊急SOSの発信ができるという新機能です。

が、現時点で衛星通信「Emergency SOS via satellite」が利用可能なのは一部のエリア(アメリカとカナダ)に限定され、2022年11月からサービス開始&2年間利用可能との事ですが、国内でiPhone14を使う場合に衛星通信が利用できるのは当分先になりそうです。(現時点では利用不可で意味のない機能に…)

iPhoneがGO PROに!?動画撮影時の手ブレ補正が強化「アクションモード」(iPhone14シリーズ全てに搭載)

iPhone14シリーズ全てに新たに搭載された機能の1つに、動画撮影時のアクションモードがあります。

動画撮影時の手ブレ補正機能が大幅強化され、「GO PRO」のように激しく動きながらの撮影時でも動画がガクつかないのでアクションカメラとして使う事ができるようになりました。

★動画撮影時の手ブレ補正が大幅強化された

動きながらの動画撮影をする人にとっては決定打になるかもしれません。

【無印】iPhone14は性能は大きく変化なし&14Plusは動画視聴メインならアリ

肝心のiPhone14シリーズの4モデルのうち、iPhone14とiPhone14 Plusの性能面等の進化について見ていきます。

iPhone14シリーズで最も話題性が高いのが「Plusの復活」かもしれません。

iPhone12や13では無印のMiniモデルがありましたがiPhone14シリーズでは廃止され、代わりに無印のPlus版(iPhone14ProMAXと同じ6.7インチディスプレイの大画面)が追加されています。

iPhone14とiPhone14Plusの大きさの比較

今までは大型ディスプレイは高価なPro版にしかなかったのですが、無印版でも大型ディスプレイを選べるようになったので、特に動画やゲームをiPhoneで楽しむ層には朗報でしょう。(iPhone14に比べて14Plusは画面サイズが21%大きい&バッテリーの持ちも良い)

そしてiPhone14(無印)の見た目ですが、iPhone13とほぼ変わりません。

外見の変化はカラーバリエーションが変わって「ブルー」「パープル」「ミッドナイト」「スターライト」「レッド」の5色が用意されたくらいでしょうか↓

iPhone14のカラーバリエーション

一応以下がiPhone13(無印)と比べて向上・進化しているポイントです↓

iPhone14(無印)もカメラ強化:暗い場所でも倍以上の性能に

iPhone13(無印)からiPhone14(無印)での進化ポイントとして、暗いところでのカメラ性能が結構向上しています。

【iPhone14のメインカメラの性能向上】

・暗い場所で最大2.5倍の性能
・超広角カメラ:暗い場所で最大2.0倍の性能

特にiPhone13は暗い場所で超広角レンズにすると撮影時に明るさと画質がザラついていたのですが、その点がiPhone14では改善されたようです。暗い場所で撮影する機会の多い人にとってはありがたい改善でしょう。

インカメラ強化!オートフォーカス&暗い場所でも明るく撮れるので自撮りが多い人に◎

インカメラにもオートフォーカス機能が搭載されたので、自撮りなどで自分に自動でフォーカスしてくれるように。

また絞り値の改善によってインカメラも暗い場所でもより明るく撮影できるようになります。自撮りが多い人には画質が向上するので結構アリかもしれません。

バッテリーの持ちが13に比べて若干増量

iPhone14はiPhone13と比べて最大駆動時間19時間⇒20時間で1時間ほど長持ちするようになりました。

またiPhone14 PlusはiPhone14(無印)よりもバッテリー容量が多く、最大駆動時間は26時間とタフになっています。

バッテリーも増量

特に大画面で動画をよく見たい人はバッテリーの持ちも重視すると思うのでiPhone14 Plusの大容量はありがたいですね。

iPhone14(無印)と14 Plusは13シリーズと同じA15バイオチップで進化は無し

iPhone14(無印)と14 PlusのCPU(処理速度)ですが、ここはちょっと残念でiPhone13シリーズと同じA15バイオチップが搭載されています。(最新のA16チップはiPhone14 Proシリーズから搭載されています)

ただしチップはiPhone13系と同じでもグラフィック性能は若干向上してるとの事です。

とは言え、iPhone13のCPUでも大体の場合オーバースペックなので日常使いで困る事はまずないでしょうし、iPhone14(無印)の価格的にもiPhone13(14発売で値下げする前)と据え置きなのでチップも同じなのはしょうがないかなと思います。

【iPhone14(無印)シリーズのポイント】

iPhone14無印シリーズは動画メインのユーザーに「iPhone14 Plus」がお勧めできる
iPhone14(無印)にするなら値下げのiPhone13シリーズを狙った方がいいかも(そこまで変化なし)

【Pro版】iPhone14Pro/ProMAXは進化点多数:カメラが超強化&表示も未来的に

そしてiPhone14シリーズの中でもよりハイスペック&高額なProモデルである『iPhone14 Pro』と『iPhone14 pro MAX』の性能面の進化を見ていきましょう。

ちなみにiPhone14Proシリーズのカラーバリエーションは「ディープパープル」「ゴールド」「シルバー」「スペースブラック」の4色が用意されたくらいでしょうか↓

どこまで行くの?カメラの画素数が4倍の4800万画素まで!

iPhoneのPro版と言えば”超高性能カメラ”という印象がありますが、今年のiPhone14Proシリーズもカメラの進化が止まりません。(性能的にはカメラの進化が一番大きい部分)

iPhone14Proシリーズの広角カメラはなんと驚異の4800万画素(48メガピクセル)を搭載しており、これはカメラが強化されたiPhone13Proの4倍の画素数です。

すべてが新しい。先進的なクアッドピクセルセンサー搭載の48MPメインカメラ、登場。

撮影した写真はどこを拡大・切り取っても迫力のディテールに↓

48メガピクセルの広角カメラで撮影した写真はどこをトリミングしても迫力のディテール

ただし、その分写真のファイルサイズが大きくなる=iPhoneのストレージの圧迫も大きいので、iCloudを使う or ストレージ容量の大きいiPhoneを買うなどの対策は必要になりそうです。

もちろんPro版の専売特許であるトリプルカメラも健在です。(広角レンズ/超広角レンズ/望遠レンズ)

iPhone14Proのカメラ部分のビジュアル_3つのレンズの詳細説明

ノッチが小型化&Dynamic Island(ダイナミックアイランド)で未来的な表示に

そして発売前から噂されていた「ディスプレイ上部のノッチの小型化」もしっかりと採用されて、iPhone13Pro等に比べてもかなり小さくなっています↓

更に小型化したiPhone14Proシリーズのノッチ部分

そして表示面でPro版最大の目玉はやはり「Dynamic Island(ダイナミックアイランド)」という新しいiPhoneの操作システムです。

iPhone14シリーズから追加されたダイナミックアイランドでアクションを画面上にアニメーションで表示してくれる

上記のように小型化したノッチ部分を中心とした画面上部に「曲の再生」などあらゆるアクションがアニメーションで表示されるようになります。

これは結構特別感がありますね。今後のiPhoneにも搭載してくれるのでしょうか。

Pro版は画面の常時表示が可能に

こちらも事前情報で予想されていた機能ですが、iPhone14Proシリーズではロック画面でも常時画面を表示する事が可能になりました。

時計はもちろん「天気予報」や「カレンダー」「LINEの通知」などカスタムしたウィジェットを常時表示しておくことが可能で、いちいち確認でiPhoneをアクティブにする必要がなくなりました。

iPhone14Proシリーズから採用された「常時表示ディスプレイ」でロック画面にも知りたい情報を表示可能に

常時表示で気になるのがバッテリーの減りですが、画面を上に置いた時だけ「常時表示」がオンになる&バッテリーも改善されたことでそこまで問題はないみたいですね。

iPhone14 Pro版は最新A16バイオチップを搭載

そしてiPhone14(無印)と14Plusでは13シリーズと同じA15バイオチップでしたが、iPhone14 Pro版はどちらも最新のA16バイオチップを搭載し、Apple史上最高峰の処理能力となっています。

A16バイオチップのイメージ図

流石にPro版って感じですね。

価格的にはiPhone 14(無印)が119,800円~なのに対してiPhone14 Proは149,800円~なので、「無印版+3万円でPro版にできる」と考えると割とアリなのかもしれません。

ちなみにApple公式ではiPhone14シリーズ発表にタイミングでiPhone13Pro版の販売を終了しています💦