Mini版廃止に…iPhone14/14Proの最新リーク情報まとめ【発売日や性能・価格等】

iPhone14Pro版は4800万画素のカメラ搭載
せつや
せつや
今年もiPhone発売の時期になってきましたね。
今年はiPhone14ですか🔥
季語みたいになってますが、最新iPhoneは毎年9月前半に発表⇒予約⇒発売が一般的ですよね。

今年のiPhone14も9月前半にApple公式発表でお披露目となりますが、現時点での「発売日」や「価格」「カラーバリエーション」や「性能面」などリーク情報から可能性の話まで最新情報を興味半分でまとめてみましたよ💡
元量販店員 りょう
元量販店員 りょう

【集計】2022年で最も人気のスマホブランド達↓  
楽天モバイル公式ショップ (格安SIM利用者に人気)
ahamo(公式ショップ) (ドコモの人に人気)
povo(公式ショップ) (auの人に人気)
LINEMO公式ショップ (SoftBankの人に人気)

現状の情報をまとめると、iPhone14&iPhone14Proの「Apple発表日」&「予約開始日」&「発売日」は以下が濃厚となっています↓

Appleの発表日:2022年9月7日(水)
※現地時間なので日本時間では9月8日(木)のAM2:00
iPhone14シリーズの予約開始日:2022年9月9日(金)※日本時間
iPhone14シリーズの発売日:2022年9月16日(金)※日本時間

ブルームバーグの記事からの情報によると、2022年のiPhone14のApple発表日は例年より1週間ほど早い9月7日を目指しているとの事です。

参考:アップル、iPhone14の発表イベントを9月7日開催へ-関係者

例年新作iPhoneのApple発表は9月の2週目の水曜日(現地時間)が多いのですが、今年は1週間早い2022年9月7日の発表になりそうです。

それに連動して

「iPhone14シリーズの予約開始日」は発表週の金曜日=2022年9月9日(金)
「iPhone14シリーズの発売日」は発表翌週の金曜日=2022年9月16日(金)

と全て例年より1週間早くなりそうです。

iPhone14シリーズの性能面はどう?無印はMAXサイズ登場!Pro版は主にカメラ強化

★iPHone14無印のカラーバリエーション

iPhone 14 Pro Max Official Trailer | Apple

そして気になるiPhone14シリーズの性能面や価格面についても見ていきましょう💡

iPhone14Miniは廃止⇒代わりにiPhone14(無印)の大型MAXサイズ(6.7インチ)が追加されて4種類のラインナップ

直近発売されたiPhoneナンバリングモデルは「無印版」の他に「Pro版」「ProMAX版」「Mini版」の全4種類が発売されていましたが、iPhone14シリーズではMiniモデルがなくなる可能性が高いです。

代わりに「ProMAX版」と同じ6.7インチディスプレイのサイズの無印版にも追加され、以下の4種類のiPhone14が発売される説が濃厚です↓

iPhone14シリーズ
(2022.9発売モデル)
iPhone14シリーズ4種類の本体&ディスプレイサイズ一覧
iPhone13シリーズ
(2021.9発売モデル)
iPhone13シリーズ4種類の本体&ディスプレイサイズ一覧

つまり「iPhone14 Mini」の代わりに「iPhone14 MAX」が発売されるという事です↓

【iPhone13シリーズとiPhone14シリーズの位置づけ】

iPhone 13 ⇒iPhone 14 (通常モデル)
iPhone13 Mini ⇒ iPhone14 MAX (ProMAXと同じ6.7インチの大型モデル)
iPhone 13 Pro⇒iPhone 14 Pro (カメラを中心に高性能なモデル)
iPhone13 Pro MAX⇒iPhone 14 Pro MAX(Proよりも大きくて高性能なモデル)

日本人の手のサイズ的には小型モデルの方が使いやすいのですが、小型サイズはSEシリーズに任せて、ナンバリングモデルは大型サイズに切り替えたという事でしょうか。

iPhone14(無印):チップはiPhone13と同じA15バイオチップ&インカメラが強化

まずはiPhone14(無印)の性能面の予想情報から見ていきましょう。

まずスマホの処理能力を司るCPU部分ですが、iPhone14(無印)はなんとiPhone13シリーズと同じA15バイオチップが搭載されるという残念情報もありました。

基本的な性能となしては2021年発売のiPhone13シリーズと同性能という事で、ここはちょっと残念ですね。

カラーバリエーションは「ブラック」「ホワイト」「ブルー」「レッド」に加えて「パープル」が追加されるという予想もありますが、毎年カラーバリエーションの予想はそこまで当たらないので参考までに。

進化点はインカメラの性能がアップした点です。

インカメラのF値はF1.9までアップ&オートフォーカスにも対応するという事で、自撮り等インカメラで撮影する人にとっては結構恩恵があるかもしれません。

iPhone14の価格は799ドルと据え置き・ただし7月Apple値上げもあり機種変更は待ってもいいかも

そんなiPhone14(無印)ですが、価格面では799ドルと既存のiPhone13(無印)と同じ販売価格になりそうです。

先述の通りiPhone14(無印)はiPhone13(無印)とあまり大きな変化もなく価格も同じという事で、無理にiPhone14(無印)へ機種変更する必要はなさそうです。

実質iPhone13(無印)と変わらないのであれば、今回は見送って来年の進化に期待するのもアリですし、そんなに性能が変わらないiPhone13の値下がりを狙って買うのも堅実な選択だと思います。

iPhone14Pro版はカメラレンズが13Proの4倍の画素数に!

★iPhone14Pro版

iPhone13シリーズではディスプレイ上部のノッチが小さくなりましたが、iPhone14 Pro/iPhone14 Pro MAXでは遂にこのノッチがなくなると言われています。

Proシリーズではノッチが無くなってカメラ&センサー部分がディスプレイ内に埋め込まれる形式になるようですね。

これに関しては既にAndroidでは結構見るディスプレイなので、最新でもなければApple独自のものでもありませんが、iPhone史上初ではありますね。(気持ち画面が大きく感じる程度)

処理速度に関するCPU部分では、iPhone14(無印)は13無印と同じA15チップでしたが、14Proシリーズは一つ上の「A16チップ」が搭載されるみたいです。

そしてiPhone14Proシリーズ最大の進化が「カメラの進化」です。

iPhone14Pro版は4800万画素のカメラ搭載

iPhone13Proシリーズのカメラは12メガピクセル(1200万画素)のカメラを搭載していましたが、iPhone14Proシリーズではその4倍の48メガピクセル(4800万画素)の広角カメラが搭載されると言われています。

もう一眼レフ持ち歩いている感覚でしょうか。センサー類も強化される事もあり、14Proシリーズは今まで以上に綺麗な写真や動画が取れるようになるみたいですね。

その分写真や動画のサイズが半端ない事になるので、ストレージも「2TB(テラバイト)」が新たに追加されるみたいです。

カラーバリエーションは「グラファイト」「ゴールド」「シルバー」に加えて「パープル」が追加されるとの予想です。

iPhone14 Pro/14 Pro MAXの価格面は当然iPhone13Proシリーズよりも値上げされるとの事で、現在13Proシリーズを使っている人はわざわざ機種変更するほどではなさそうですね。

参考:iPhone14のデザインと新機能 | BloomBerg