Softbank版iPhone6はmineo(Sプラン)で使えた!格安中古iPhoneで極限まで安く使う方法

iPhone6のSIMカードスロットにmineoのSIMカードをセットする

日本中にiPhoneユーザーは多数いると思いますが、「円安の影響による7月からのApple製品の値上げ」などもあって直近のiPhoneの端末価格がかなり高いですよね。

数年前にiPhoneが10万円を超える事で話題になっていましたが、現在のApple定価(4キャリア定価もほぼ同じ)は以下の通り↓

【AppleのiPhoneモデルの価格表】
モデル64GB128GB256GB512GB1TB
iPhone14-119,800134,800164,800-
iPhone14 Plus-134,800149,800179,800-
iPhone14 Pro-149,800164,800194,800224,800
iPhone14 ProMAX-164,800179,800209,800239,800
iPhone13-107,800122,800152,800-
iPhone13 Mini-92,800107,800137,800-
iPhoneSE362,80069,80084,800--
iPhone1292,80099,800114,800--

10万円どころか20万円超のiPhoneも当たり前に並んでおり、「スマホの機種変更にこんなに払うのバカらしい」と感じてしまいます。

大手4キャリアも高すぎる事から「端末返却プログラム」などで月当たり表記でごまかしてはいますが、いずれにしても固定資産級のiPhoneを買うのに違和感を感じ始めた人も多い事でしょう。

そんな私の今回のチャレンジは「中古で安くiPhoneを使う事」です。それもとびきり古い「iPhone 6」 (2014年9月発売モデル)の可能性を探っていきます。

今LINEMOが安い!ミニプランが8カ月無料(~2023年1月終了)
詳細はLINEMO公式ページを確認してください↑
【集計】2023年で最も人気のスマホブランド達↓  
楽天モバイル公式ショップ (格安SIM利用者に人気)
ahamo(公式ショップ) (ドコモの人に人気)
povo(公式ショップ) (auの人に人気)
LINEMO公式ショップ (SoftBankの人に人気)

iPhone6&iPhone6plus

iPhone6など昔のiPhoneは「端末返却プログラム」なども無いので「大掃除で引き出しの奥に機種変更前の昔のiPhoneが眠っていた」なんて事もあると思います。

「iPhone6s以上のモデル」であればキャリア版ならSIMロックを解除すれば使える通信会社は多いですが、問題はSIMロック解除が不可なiPhone6/6Plusやそれ以前のiPhoneモデルです。

現在のiPhone6シリーズやiPhone5sシリーズはAppleのサポートが終了していても、モデルによってはSIMロック状態でネットに繋いで使う事は可能です↓

iPhone6
/iPhone6 plus
SIMフリー版◎(SIMロック解除なしで可)
ドコモ版
※SIMロック解除不可
〇 mineo Dプラン などいくつかのMVNOで利用可能
au版
※SIMロック解除不可
〇 mineo Aプラン のみ
Softbank版
※SIMロック解除不可
〇 mineo Sプラン のみ
iPhone5s
/iPhone5c
SIMフリー版◎(SIMロック解除なしで可)
ドコモ版
※SIMロック解除不可
〇 mineo Dプラン などいくつかのMVNOで利用可能
au版
※SIMロック解除不可
×(2022.3で終了=現在は使えない)
Softbank版
※SIMロック解除不可
〇 mineo Sプラン のみ

もし現在手元にiPhone6やiPhone5sがあれば、上記の格安SIMのSIMカードを差せばそのまま使う事ができるので、iPhoneの端末代に数万円も払う必要が無いのでかなり財布に優しいです。

ちなみに2023年時点でのiPhone6の相場はキャリア版であれば、状態の良い中古iPhone6でも2,000~3,000円もあれば購入できる安さです。ヤフオクやメルカリなら数百円や1円という出品もありました。

iPhone6の相場

参考:iPhone 6 中古最安値 | 新品・中古品の最安値プライスランク

もしこのiPhone6が使えるのであれば、最新iPhoneに100,000や200,000も払うのがバカバカしいですね。

iPhone6なんて本当に使えるの? 実際にSoftbank版iPhone6を買ってmineoのSIMカードを差して使ってみた

と言っても「2014年発売のiPhoneって本当に今でも使えるの?」という疑念はあると思うので、実際にSoftbank版のiPhone(SIMロック状態)を購入して本当に使えるか検証してみましたよ💡

一応mineo公式の動作確認端末一覧ページにも、SプランでSIMロック状態のSoftbank版iPhone6の動作実績がある事が確認できます↓

mineoのSプラン(Softbank回戦プラン)で、Softbank版iPhone6がSIMロック解除なしで動作すると記載がある
参考:動作確認済み端末検索 | mineo公式

前述で解説した通り、現在Softbank版iPhone6が使える格安SIMは「mineoのSプラン」しかないとの事でしたので、選択肢はmineo(Sプラン=Softbank回線プラン)を申し込みました。

最悪使えなかった時のリスクもありますが、mineoには「お試し200MBコース(月額550円)」という格安プランがあるので、Sプラン(Softbank回線プラン)で申し込みました↓

mineoのお試し200MBの初期費用と月額ランニングコスト

ちなみにSIMカードのサイズ選択画面では「iPhone7以前用nanoSIM」を選択するところだけ忘れずに↓

mineoのSIMカードお試し申込SIMカードサイズの選択画面_iPhone6の場合は「iPhone7以前用nanoSIM」を選択すること

数営業日後にmineoから封筒でSIMカードや初期マニュアルが届きました。

mineoから封筒が届いた

同封されてきた「mineoご利用ガイド」に沿って、mineoのSIMカードをiPhone6に差していきます↓ (SIMピンは同封されてなかったので安全ピンとか針で押し込めばSIMスロットが出てきます)

iPhone6のSIMカードスロットにmineoのSIMカードをセットする

続いて「mineoご利用ガイド」に記載されているQRコードをiPhone6で読み取る事で、mineoのANPダウンロードページに飛ぶのでそのままANPをダウンロードします。(この時点ではソフトバンクの3G回線=サービス終了でネットには繋がらない)

★iPhone6でmineoのAPNをダウンロードするページにQRコードを読み取って移動する ★iPhone6にmineoのAPNがダウンロード完了した画面

あとはiPhone6の「設定」を開いてmineoのAPNをインストールすると、Softbankの4G回線がアンテナピクトに表示され、無事ネットに繋がるようになりました↓

★iPhoneの「設定」からダウンロードしたmineoのプロファイルをインストールしてAPN設定を完了させた ★無事mineo回線(Softbank 4G表示)が表示され、ネットに繋がるようになった

※インストール後は一度「機内モード」にしてから戻すことで繋がりました。

一応mineoSプランの回線速度を測定してみたところ、問題ない通信速度で繋がっている事が分かりますね↓(通信速度はmineoのSプランの速度に準じる)

★通信速度を測定したが、mineoのSoftbank回線プランの通信速度でそのまま使えた

という事で、mineo公式記載通り「Softbank版iPhone 6 (SIMロック状態)」がmineoのSプランで使える事が検証できました💡

もしお手元にiPhone6やiPhone6 Plusがある場合は、mineo公式の「動作確認端末一覧」ページに記載があれば使えるので、再利用する事が出来るのでお試しあれ🎵

ユーザー満足度に定評のあるmineo
5GBで月額1,518円とかなり安いです♪

mineo(マイネオ)