ドコモで学生(15歳以下)スマホデビュー『U15はじめてスマホプラン+割引』が安い!

ドコモで学生(15歳以下)スマホデビュー『U15はじめてスマホプラン+割引』が安い!
美魔女ママ
ドコモで子供にスマホデビューさせたいんだけど、やっぱり割高になっちゃうのかしら?
元量販店スタッフ りょう
以前なら「ドコモ=子供でも一般料金で割高」というイメージがありましたが、2021年7月に15歳以下の格安プランをドコモでも出し始めましたよ
 
15歳以下限定のプラン+割引ではありますが、3GB上限のプランで月額1078円+スマホ端末代で利用できるのでドコモ中でもかなり安いです。
 
またキッズ携帯からのスマホデビューでも使えるのでお勧めパターンです
美魔女ママ
ドコモも安くなったのね…
ぜひ私たち一般のスマホ代も安くしてもらいたいわ

以前までは学生でもドコモでスマホを契約すると一般と同じ料金だったのですが、2021年7月7日から15歳以下のみが契約できる『U15はじめてスマホプラン』という学生向けの格安プランの提供をスタートしています。


参考:U15はじめてスマホプラン | ドコモ公式

プラン提供機関:2021年7月7日(水)~提供開始

売り文句は「-15歳までのスマホデビューはおトクに980円(税込1,078円)から-」という事でかなり攻めたプランとなっています。

YouTubeでもドコモ公式チャンネルで解説していたので載せておきます↓

ドコモ社員が解説「U15はじめてスマホプラン」

実際の料金詳細はページ後半でシミュレーションしていますが、「月容量3GBで1年目が月額1,078円+スマホ代。2年目以降1,628円+スマホ代」で「5分までかけ放題」無料で付くという格安SIM並みのお買い得プランになっています。

美魔女ママ
こんなに安いなんてドコモじゃないみたいね。
元量販店スタッフ りょう
2021年春にahamoを出しているので、キャリアとしてもここまで安いプランを出す必要があったのかもしれませんね。使う側からしたら助かります。(もっとやれ)

U15はじめてスマホプランで契約時の実際の料金シミュレーション

そして気になるのは実際に請求されるスマホ代の料金ですよね。

上記の月額980円などはプラン料金だけの話で、実際にはここに購入するスマホ代が合算されて請求される事になります↓

今回は例として、コスパ◎の廉価版iPhoneモデル『iPhoneSE(64GB)/2020年春発売』を36回分割購入時の毎月のスマホ料金をシミュレーションしてみました↓

iPhoneSE第二世代(64GB)本体代 1,584円/月×36カ月
(一括時:57,024円)
U15はじめてスマホプラン(1GB) 1,815円/月
(特典)U15はじめてスマホ割 -550円/月×12か月
(特典)U15+2GB特典 月容量+2GB
(~16歳を迎えるまで)
dカードお支払割 -187円/月
5分までかけ放題オプション -(無料)
(合計月額) 1年目:月額2,662円
2~3年目:月額3,212円
4年目以降:月額1,628円
(3年間合計支出) 109,032円

3年間の合計支出は約11万円と、意外と高いのはiPhoneの本体代が57,024円と半分以上を占めているおり、3年間のプラン料金以上に掛かっているからです↓

安価なAndroid端末を購入した場合の月額料金シミュレーション

「iPhoneなんて高級スマホじゃなくて、もっとコスパのいいAndroid端末はないの?」という声もあると思うので、初スマホに向いていて端末価格が22,000円とかなり安価な『Galaxy A21』でも同じ条件で料金シミュレーションを行ってみましたよ↓

Galaxy A21 SC-42A本体代 611円/月×36カ月
(一括時:22,000円)
U15はじめてスマホプラン(1GB) 1,815円/月
(特典)U15はじめてスマホ割 -550円/月×12か月
(特典)U15+2GB特典 月容量+2GB
(~16歳を迎えるまで)
dカードお支払割 -187円/月
5分までかけ放題オプション -(無料)
(合計月額) 1年目:月額1,689円
2~3年目:月額2,239円
4年目以降:月額1,628円
(3年間合計支出) 74,008円

3年間の合計支出で7.4万円ほどなので、結構安くなったと思います。

以下のページでも書いていますが、現在ドコモにキッズスマホと呼べる機種は販売を終了しているので、上記のような一般向けのスマホを学生向けの安いプランで使うしかないです↓

ドコモのキッズジュニアスマホは?小中学生向け人気機種ランキング

2018.09.30

【補足】「U15はじめてスマホプラン」に「U15はじめてスマホ割」と「U15+2GB特典」が付いてくる

細かい補足になりますが、「U15はじめてスマホプラン」の中に「U15はじめてスマホ割」と「U15+2GB特典」という2つの特典が付いてくる仕様になっています↓

【U15はじめてプランで自動付与される2つの特典】

➀「U15はじめてスマホ割」:
⇒最初の1年間だけ月額料金が550円割引になる「U15はじめてスマホプラン」専用の割引特典(自動で付与される特典)
 
➁「U15+2GB特典」:16歳の誕生日まで「U15はじめてスマホプラン」の月容量を+2GBする特典で、こちらも自動で付与される特典

なので、上記の➀と➁の特典両方が適用された上で、前述「月容量3GBで1年目が月額1,078円+スマホ代。2年目以降1,628円+スマホ代」になるという訳です。

名称が似ているので混同注意です。

細かい条件や注意点15歳の判定や「はじめてスマホ」の判定など

ドコモの学生向けプランの適用条件ですが、以下の2点両方を満たしていればOKです↓

条件1:【年齢制限】申込時点で15歳以下である事(0~15歳)
⇒申込時に提出する本人確認書類で判定されるので、申込時点で15歳ギリギリでもOKです。
 
条件2:スマホの新規契約 or ガラケーやキッズ携帯からの機種変更 (ドコモ内でも他社からの乗り換えでも可)

新規契約でも乗り換えでもドコモ内の機種変更でもOKですがスマホを購入する事が必須条件です。また、既にドコモ内で4G以上のスマホを使っていての機種変更では適用できない点にも注意です。

【注意点】月3GBで使えるのは16歳の誕生日まで⇒16歳になると月容量1GBで足りない可能性が高く

実際に15歳以下の8割が月容量3GB以内で使えているという統計もあるので、15歳以下であれば「U15はじめてスマホプラン」の月3GBで問題ないかと思います。

ただ特典の2つ目の「U15+2GB特典:月容量+2GB」が16歳の誕生日で終了するので、16歳になると月容量1GBになるので足りない可能性が高いです。

16歳になったらドコモの他のプランに変更するのもいいですし、「ドコモのプランが高い」という場合は格安スマホや楽天モバイル、ahamoなどへ乗り換えてしまえば節約になるのでお勧めです。

【格安SIM選び2021後半】今大手4社ならどこ?ahamo,povo,LINEMO,楽天モバイルを比較

2021.08.10

小中学生の初スマホで迷ったらコレ♪
月1100円の学生用格安スマホ『トーンモバイル』↓


最新の2021年モデル「TONE e21」在庫あります
↑詳細は公式ページで確認してみて♪