見逃してない?『楽天UNLIMITⅦ』無料化廃止の裏に実は大きなメリットも💡

見逃してない?『楽天UNLIMITⅦ』無料化廃止の裏に実は大きなメリットも!

2022年7月1日から遂に楽天モバイルの「使わなければ0円」が終了し、使わなくても月額990円の「楽天アンリミットⅦ」に移行しましたね。

ポイント還元率(SPU)狙いや申込特典狙いのサブ回線で楽天モバイルを契約した人も、有料化で取捨選択を迫られた/迫られていると思います。

また楽天モバイルも2022年7月になって「iPhone値上げからの値下げ」や「キャンペーン特典が変更」など激動となっています。

自分もそうですが楽天モバイルに残るのか、解約するのかの目安に情報をまとめてみました💡

初期費用無料♪
SIMだけ契約で8,000楽天ポイント!
&iPhoneセットで最大24,000Ptまで♪

7月から楽天のSPU還元率がアップ!

「使わなければ無料」がウリの旧プラン「Rakuten UNLIMIT Ⅵ」が、2022年6月30日に終了し、7月1日より『Rakuten UNLIMIT Ⅶ』に移行となりました。

Ⅵまでは「月1GB未満しか通信量を使わなければ0円(無料)」だったので「とりあえず楽天契約した」という人が急増していたのですが、Ⅶからは「月1GB未満しか通信量を使わなくても月額1,078円かかる」&「プラン自動移行」となり結構話題になっていますね↓


自分も2022年7月末時点で使っていない楽天モバイル回線がありますが、マイページで確認しても以下のように確かに0GBでも「980円」(税込1,078円)と記載されています↓(無慈悲)

とは言えプラン料金の値上げは「1GB未満帯」だけで、1GB以上使っている人は何も変わっていません。事実上の「使わない利用者対策」です。

楽天モバイル新プランRakuten UNLIMIT Ⅶへ…7月から0円終了⇒解約どうする?

2022.05.21

ahamo、povo、LINEMOと比べても最安クラスの料金は保っているのが分かりますね↓

Rakuten UNLIMITⅦでの改善点➀:SPU還元率が+2%アップに🎵

「プラン料金の無料が終了」という負の部分ばかりに注目が集まっていますが、実は「楽天アンリミットⅦ」になってパワーアップした要素もあります。

それが「SPUの還元率アップ」です!

特に楽天経済圏を利用している人にとって「SPU」は還元率の要=最重要な部分だと思いますが、楽天アンリミットⅥ⇒Ⅶに変わって楽天モバイル回線を契約時のSPU還元率がアップしている点はかなり大きな変更でしょう↓

もし「楽天モバイルを契約&使っていない」という場合でも、「そこそこ楽天市場などで買い物をするよ」という人にとってはかなり大きな変更点(メリット)だと思います。(後でSPU特典を減らされる(改悪)の可能性も否めませんが)

参考:SPU | 楽天市場公式ページ

ちなみにアンリミットⅥ⇒ⅦのSPU還元率アップが2%なので、月5万円ほど楽天関連で買い物をすると月3GBまでの通信料金1,078円を回収する事ができる計算になります。

無料とまでは行かなくてもこの還元率で結構ポイントが戻ってくるので、楽天回線を実質安く使う事はできるでしょう。

毎月1~3GB利用のライトユーザーであれば、むしろアンリミットⅦへの自動移行でメリットしかないんですよね。

他にも楽天関連のサービス利用で有効な様々な特典が付きます↓


参考: Rakuten UN-LIMIT VIIご契約者様限定!エンタメコンテンツ初回3カ月無料

この辺も加味した上で「1GB未満が0円⇒1,078円」の変化と天秤にかけてみるのが良さそうです。

Rakuten UNLIMITⅦでの改善点➁:通話オプション強化「10分⇒15分かけ放題に」

また「Rakuten UNLIMITⅦ」になっての改善2つ目に、「無料通話オプションが強化された」というのもあります。

楽天モバイルの通話オプションに「10分までかけ放題」がありますが、これが「Rakuten UNLIMIT Ⅶ」リニューアルと同じタイミングでオプション料金据え置きで「15分までかけ放題」に強化されます。

1回の発信で15分以上かける事も稀ですし、もし15分を超える場合には一度切ってかけ直せばリセットできるので、完全かけ放題に近い通話オプションに強化されますね。通話が多い方には朗報でしょう。

「Rakuten UNLIMIT Ⅶに移行で改悪」みたいなネガティブな意見を結構見かけますが、個人的には「改善部分も見てみて言ってるの?」と思ってしまいます。

自分の場合楽天市場で結構買い物しますし、今のところ楽天モバイル続投の予定です。