トーンスマホ『TONE e22』オンラインショップ申込時の手順と注意点【画像付】

TONE e22の実物

2022年6月にトーンモバイルで新たに新機種『TONE e22』が発売されました🎵

「TONE e22」の性能面や実際に使ってみた感想などは別ページで解説していますが、今回は「TONE e22」をトーンモバイル公式オンラインストアで申込時の手順と注意点について解説していきます💡

小中学生の初スマホで迷ったらコレ♪
月1100円の学生用格安スマホ『トーンモバイル』↓

最新モデル「TONE e21」が21,780円⇒9,980円に大幅値下げ中♪新学期にぜひ🎵
↑詳細は公式ページで確認してみて♪

子供やシニア世代に特化したスマホを提供する格安SIM『トーンモバイル』ですが、2022年6月1日より『TONE e22』という新機種を発売しています。

「TONE e22」の性能面や新機能などは以下のページで別に詳しく解説していますが、トーンモバイルの代名詞である「子供の見守り機能」などの定番機能に加えて新たに、『TONE Labo』でWeb3/メタバース/5G時代の新しいスマホの利用スタイルに触れられるという最先端の体験が可能になっています。

トーンモバイル『TONE e22』はどんなスマホ?スペック性能面やe21と比較

2022.05.23

本体価格も19,800円+消費税とリーズナブルな価格が据え置きで嬉しいですね🎵

今回はそんな「TONE e22」をトーンモバイル公式オンラインショップから購入してみました↓

トーンモバイルのオンラインショップでTONE e22を申込時の実際の手順【画像付】

トーンモバイルは「カメラのキタムラ」などでも販売していますが、オンラインショップからも申込可能です。

参考:トーンモバイル公式オンラインストア

トーンモバイル公式オンラインストアも2022年にリニューアルされており少し勝手が以前と違います。まずはトーンモバイル公式ページから「オンラインストア」へ進みます↓

トーンモバイルのオンラインストアでは、Web購入時に必要になるものが記載されていますね↓

現在トーンモバイルのオンラインストアでは支払い方法はクレカのみなので「クレジットカード」は必須なのと、トーンモバイルからの連絡が受信できる「メールアドレス」も必要です。(GメールなどのフリーメールでもOK)

また購入後に商品受取時に、配送の人に本人確認書類の確認が必須となっているので、受取時には運転免許証やパスポート等の顔写真付きの本人確認書類を準備しておきましょう。

あとは他の通信会社からトーンモバイルに番号移行(MNP)する人限定ですが、前の通信会社でMNP予約番号を発行してもらう必要があります。

ここまで問題なければページ下から「TONE for Android」の新規お申し込みorのりかえ(MNP)を選択して「TONE e22」の購入に進んでいきます↓

また既にトーンモバイル機種を持っていて機種変更を希望の場合は、ページ下に「機種変更・追加お申し込み」ボタンがあるのでそちらから申し込みましょう。

今回は新規で「TONE e22」スマホとSIMカードの契約をしたいので「新規お申込み」から進みました↓

新規契約の申込ページに進むので、購入したいトーンスマホを選択します。

今回自分が購入する時点では、2022年6月発売の「TONE e22」の他に、2021年4月発売の1つ前モデル「TONE e21」も格安で販売していました↓

注意点としてトーンスマホ以外の充電用のACアダプターやUSBケーブルは別料金のオプション品になっているので、持っていない人は一緒に購入しておきましょう↓

次に「TONE Labo」へ参加するかどうかのチェックボックスがあります↓

TONE Laboについては別ページで解説していますが、特に追加料金がかかる訳でもないので「TONE e22」の新機能を使うためにも加入しておきましょう。(特にデメリットもないので)

むしろ「TONE e22」はこのTONE Laboに加入する事が前提となっているので、加入しないと11,000円ほど端末価格が高くなるので要チェックです。

各種確認事項に同意後、契約方法(新規契約or乗りかえ(MNP))の選択になります↓

またトーンモバイルのプランは1つだけなので、月額1,100で動画以外使い放題の「TONE for Androidプラン」が選択されます。

その後オプション加入選択に進みます↓

トーンモバイルの有料オプションは

「安心パック」
「遠隔サポートオプション」
「音声通話かけ放題オプション」
「TONE IPかけ放題オプション」

の4種類がありますが、初期状態で「安心パック」にチェックが付いているので、端末保証&窓口サポートが不要であればチェックを外しておきましょう。

そのまま次のページに進むと「契約者情報の入力フォーム」に進みますので、そのまま情報を入力していきます↓

特に重要なのがメールアドレスで、申込以降トーンモバイル側から発送等の連絡を受け取ることが可能なメールアドレスを入力しましょう。(フリーメールでも可能)

メールアドレス宛に認証コードを送りその場で有効なメールアドレスである事を確認します。

メール認証ができたらパスワードを決定(トーンモバイルのマイページにログイン時に使う)して、受取住所を入力します。TONE e22が指定住所に届いて受け取る際の注意事項も以下のように記載されていますので必ず確認を↓

端末の受け取りは「本人限定受取郵便(特定事項伝達型)」となり、受取時に顔写真付きの本人確認書類の確認が必要です。

本人確認書類に記載されている住所が契約者様住所と異なる場合や、同居の家族などご契約者以外だと受け取ることができないので注意です。(本人の受取のみ)

続いて利用者設定に進みます↓

子供のスマホなど利用者が使わない場合には「ご契約者様以外が利用」を選択し、名前や生年月日、住所を入力します。

その後「トーンファミリー」の申込に進みます。トーンファミリーは子供のスマホのペアレンタルコントロールの根幹機能なので、子供用のスマホとして購入する場合にはぜひ加入しましょう(料金掛からないので)

最終的にかかる費用は以下の通りになりました↓

・基本プラン料金:月額1,100円
・端末代:21,780円
・事務手数料:3,733円

最後に決済用にクレジットカード情報を入力後、「お申し込み内容の確認」で問題なければページ下の「この内容で申し込む」ボタンから申込を完了しましょう↓

上記のような申込完了画面になると、入力したメールアドレス宛にトーンモバイルからメールが届きます↓

申込完了~「TONE e22」端末の受取りまで

申込後に審査通過すると再度トーンモバイルから契約や発送に関するメールが届きます。

自分の場合は申込翌日には「[トーンライフスタイル]商品発送手配完了のお知らせ」のメールが届いていました。

発送は日本郵便で佐賀県から発送となっており、メールに記載された追跡番号でどこまで届いているかが確認できます。

最寄りの郵便局にスマホが届くと保管され、申込時の住所に「特定事項伝達型の本人限定受取郵便」の封筒が郵便局から送られてきます。

そしてスマホを保管している郵便局に本人確認書類を持って取りに行く必要があります。問題なく郵便局で本人確認が完了すると、申し込んだ「TONE e22」を受け取る事が出来ました↓

【超注意点】申込時に入力する情報は絶対に本人確認書類の情報と一致を

今回自分の反省点というかやらかしたところがあったので、皆さんに共有しておきます。

トーンモバイルのオンラインショップでTONE e22申込時に、スマホの配送が「本人限定受取郵便(特定事項伝達型)(日本郵便)」になっています。

これがかなり厳密なシステムで「保管された郵便局で受取る際に本人確認があるのですが、本人確認書類と申込時の入力住所が1文字でも不一致だと受け取れない」というシステムになっています。

自分は申込時に住所に「3階」と入力したのですが、本人確認書類(マイナンバー)には「3階」が記載されてないという事で、郵便局で目の前にスマホがあるのに受取る事ができませんでした。

更にスマホの郵便局への保管期間は10日程となっており、この期間中に郵便局に取りに行かないと再びトーンモバイルに端末が戻っていく仕組みらしいです。

受取れずに保管期間が過ぎた10日後に郵便局からトーンモバイル側に戻っていき、再度トーンモバイルで正しい住所を入力し直して送り直し⇒2回目に郵便局で受取となってしまい、当初の受取り予定から2週間以上も後に「TONE e22」を受け取るハメになってしまいました。

もし今からトーンモバイルで申込をする人がいれば、本人確認書類の情報と申し込み時の入力情報の一致を確認して申し込みましょう。

小中学生の初スマホで迷ったらコレ♪
月1100円の学生用格安スマホ『トーンモバイル』↓


最新モデル登場&「TONE e21」が21,780円⇒9,980円に大幅値下げ中!(在庫限り)
↑詳細は公式ページで確認してみて♪