トーンモバイル『TONE e22』はどんなスマホ?スペック性能面やe21と比較

トーンモバイル『TONE-e22』はどんなスマホ?スペック性能面やe21と比較
子供の見守りスマホとして定評のある「トーンモバイル」ですが、2022年6月1日に新端末『TONE e22』が発売になりました。
元量販店員 りょう
美魔女ママ
そうなの?
今回は何が変わったの?新機種で性能上がってスマホ代高くなってるんでしょ?
今機種から「TONE Labo」という”Web3/メタバース/5G時代の新しいスマホの利用方法”が使えるようになり、現状ではオンライン健康サービスが受けられるなどが可能です💡
 
そして今期種も価格も19,800円+消費税と据え置きブレません🎵
元量販店員 りょう

小中学生の初スマホで迷ったらコレ♪
月1100円の学生用格安スマホ『トーンモバイル』↓

最新モデル「TONE e21」が21,780円⇒9,980円に大幅値下げ中♪新学期にぜひ🎵
↑詳細は公式ページで確認してみて♪

トーンモバイルと言えば、子供に特化した『みまもりスマホ』で安全面や管理面が強いスマホとしても定評がある格安スマホです。

そんなトーンモバイルが2022年6月1日に最新機種『TONE e22)』を発売しています。

性能やみまもり機能などの詳細や前モデルからの進化は後述比較していますが、まとめると以下になります↓

【TONE e22の外観&性能面の特長】

・旧モデルTONE e21と比較して画面サイズが少し大きく&前カメラの画素数アップ
・本体価格は旧モデルから据え置きの19,800円+消費税で変わらず
・TONE e22から利用可能な『TONE Labo』でWeb3/メタバース/5G時代の新しいスマホの利用方法に触れられる

と2020年発売モデルの「TONE e20」と比較しても、見守り機能の向上だけでなく、デザイン面、性能面など様々な視点から強化されています。

『TONE Labo』で新しいスマホの利用方法に触れられる

特にトーンモバイルはここ数年毎年新機種をリリースしていますが、マイナーチェンジではなく毎回何かしらの新しい機能やコンセプトをスマホに持たせて発売しています。

2022年発売モデルの『TONE e22』ではズバリ『TONE Labo』が最大の注目ポイントです。

詳しくは後述しますが「TONE Labo」とはTONE e22から利用可能になった”Web3/メタバース/5G時代の新しいスマホの利用方法”です。(現状ではオンライン健康サービスが受けられる等)

「TONE Labo」こちらは無料で利用可能な他、「TONE Laboに加入されない場合は本体定価29,800円(税込32,780円)」とあるように基本的にトーンモバイル側も最先端のサービスに触れてほしいので加入を推奨しています。

デメリットは特になさそうなので、基本的にはTONE e22を購入時に加入しておきましょう。

そして端末価格は相変わらずの据え置き21,780円です!トーンモバイルで発売する機種は毎年高性能&新機能が追加されますが、毎回端末価格は21,780円で変わりません。

より高性能になってもキッズ携帯並みの超低価格で買えるのは驚きですね。どこかのリンゴ社も見習ってほしいところです…

2021年モデルの『TONE e21』が定価の半額まで!こっちでもいいかも

また2022年6月1日に最新モデルとして「TONE e22」発売する事もあって、1つ前モデルの「TONE e21(2021年発売モデル)」が大幅に値下げとなっています。

TONE e21の元々の定価は税込21,780円でしたが、2022年序盤から約半額の9,980円まで値下げして販売しています。

在庫処分的な部分はもちろんありますが、後述するように本体スペック的には最新モデルと大きく差は無いので、在庫があるうちは2021年モデルのTONE e21を購入するという選択肢も悪くないと思います。

トーンモバイル『TONE e21』PRISMはどんなスマホ?スペック性能面やe20と比較

2021.04.13

トーンモバイルはどんな格安スマホ?⇒子供の安全面をスマホから解決しようとする珍しい通信会社

他のページでも解説しましたが、そこまで宣伝広告している会社でもないので「トーンモバイルについてよく知らない」という人も多いと思うので軽く解説を。

トーンモバイルはカメラのキタムラの店頭で販売しているのを見たことがあるかもしれませんね↓(以前はTSUTAYAの店頭でも販売されていました)

「トーンモバイル」は格安スマホで唯一「子供の安全」や「スマホ依存症」などの社会問題に特化して取り組んでいるスマホ会社なので、一般的な格安スマホとは毛色がちょっと違います。

他のスマホ会社では一般向けのスマホにフィルタリングアプリを入れる程度しかしませんが、より高い安全機能を搭載するためトーンモバイルはスマホごと独自開発しているので、「見守り機能」のレベルがかなり高いです。

子供のスマホの機能で唯一東京都に推奨されたり、全国子供会連合会の推奨認定を受けたりと折り紙付きです。

参考:東京都が推奨 | トーンモバイル

トーンモバイルについての詳細や評判に関しては別のページで詳しく解説しているので参考にどうぞ↓

子供&シニア向け格安スマホ『トーンモバイル』利用者の評判・口コミと注意点

2018.12.29

「TONE e22」は何が変わった?旧モデル「TONE e21」との機能面の進化を比較

という事で、気になる『TONE e22(2022年発売モデル)』の性能面や安全面についてしっかりと見ていきます。

『TONE e22』のスマホの性能面を、旧モデルの『TONE e21(2021年発売モデル)』と『TONEe20(2020年発売モデル)』と比較してみました↓

TONE機種の性能比較 TONE e22 TONE e21 TONE e20
見た目
発売日 2022年6月1日 2021年4月1日 2020年2月20日
端末価格(定価) 21,780円(税込)
キャリア SIMフリー
カメラ ・アウトカメラ:4800万画素+広角800万画素+深度200万画素
・インカメラ:1300万画素
クアッド(4)カメラ
(背面4800万+800万+200万+200万画素/前面800万画素)
トリプルカメラ
(1200万画素/1300万画素/200万画素)
認証 ダブル生体認証
(顔認証+指紋認証)
ディスプレイ 6.67インチ FHD+
(1080×2400ピクセル)
6.53インチ FHD+
(1080×2340ピクセル)
6.26インチ
ノッチ付き
HD+
5G対応
バッテリー容量 4,000mAh 4,000mAh 3,900mAh
急速充電 〇(急速充電PD3.0対応)
ワイヤレス充電
ストレージ 128GB 内部ストレージ
+SDカード(最大512GB)
128GB 内部ストレージ
+microSDカード(最大256GB)
64GB 内部ストレージ
+SDカード(256GB)
CPU MediaTek Dimensity 700 MediaTek Helio P35(MT6765V)OctaCore MediaTeK Helio P22
オクタコア2.0GHz
メモリ(RAM) 6GB 6GB 4GB
筐体サイズ 164.7mm×76.5mm×8.9mm 162.4mm×77mm×8.9mm 159mm×76.5mm×8.2mm
重さ 約191g 185g 175g
カラーバリエーション ホワイト(1色)
TONEカメラ
(AIが不適切な撮影をブロック)
対応
同封 SIM ピン/ 置くだけサポート
TONE Labo対応 〇(対応) -(非対応)

参考:
TONE e22のスペック
TONE e21のスペック
TONE e20のスペック

本体のスペック面では大幅に向上した前モデル「TONEe21」から大きくは変わりませんが、以下が改善されています↓

画面サイズがより大きくなった
CPU処理アップ
インカメラの画素数アップ
追加SDカードの容量が512GBにアップ

『TONE Labo』=TONE e22から利用可能なWeb3/メタバース/5G時代の新しいスマホの利用方法

そしてTONE e22最大の注目ポイントが、TONEe22から利用可能になった『TONE Labo』です。

「TONE Labo」はトーンモバイルが無料提供するユーザー参加型プロジェクトで、

Web3/メタバース/5G時代の新しいスマホの利用方法を検証し、時代を先取りしてメリットを享受できるユーザー協力型プロジェクト

との事です。

こちらは現状詳細は以下までしか発表されていませんが、現状では

気軽に医師にオンラインで健康相談ができる「TONE Care」
充電中にプログラムを動かすだけで
TONE Coinが貯まる新しいポイントシステム「TONE Coin」

などが公開されています↓

小中学生の初スマホで迷ったらコレ♪
月1100円の学生用格安スマホ『トーンモバイル』↓


最新モデル登場&「TONE e21」が21,780円⇒9,980円に大幅値下げ中!(在庫限り)
↑詳細は公式ページで確認してみて♪