Y!とUQの新プランVS ahamo,povo,SoftBank on LINEの位置付けをまとめてみた

Y!とUQの新プランVS-ahamo,povo,SoftBank-on-LINEの位置付けをまとめてみた
元量販店スタッフ りょう
2021年3月よりドコモauソフトバンクがそれぞれ新ブランドスタートですね。
「ahamo」「povo」「SOftBank on LINE」です。
美魔女ママ
月額2,980円で20GBですって!安いわね🎵
元量販店スタッフ りょう
このドコモauソフトバンクの新ブランドの価格帯と容量って、2020年まではUQモバイルとワイモバイルの価格帯だったんですね。
 
ただ、2021年3月よりスタートする渦中の「ahamo」「povo」「SoftBank on LINE」が並んだ事で、Y!モバイルとUQモバイルは位置づけを変更すべく新プラン「シンプルプランS/M/L」と「くりこしプランS/M/L」に2021年2月より一新されます。
美魔女ママ
そうだったの?
どっちを選べばいいのかしら
元量販店スタッフ りょう
今回はahamo povo SoftBank on LINEと一新されたワイモバイル、UQモバイルの新プラン どれを選べばいいのかの位置づけをまとめてみました。

現在スマホ代節約のために「ahamo」「povo」「SoftBank on LINE」や「ワイモバイル」「UQモバイル」を検討している人の選び方の参考になれば幸いです。
オンライン申込なら初期費用無料♪
+PayPayボーナス3,000円が貰える♪

ワイモバイルのバナー
安いソフトバンク=ワイモバイルを確認してみて↑

通信費が安い「格安SIM・格安スマホ」という名称を聞いたことがあると思いますが、2021年3月よりスタートの「ahamo」「povo」「SoftBank on LINE」の激安プラン登場でその立ち位置が大きく変化しています。

ahamo_povo_SoftBankonLINE

2020年までの「大手キャリア」「サブブランド」「格安SIM(mvno)」

今までは以下のように「月額8,000円前後のドコモ,au,SoftBank」「月2000円前後の格安SIM(MVNO)」、そしてその間の「UQモバイル&ワイモバイル」という位置づけになっていました。

2020年までの位置づけマップ:キャリア&サブブランド&mvno

特に中間に位置する「ワイモバイル」「UQモバイル」は、auやソフトバンク回線を爆速で使える割にスマホ代はMVNO程ではないにしても大手キャリアよりも安いので人気が出ていたんですね。

2021年以降の「大手キャリア」「キャリア新ブランド」「サブブランド」

しかし2020年の菅政権の指導によって、ご存じの通り大手3キャリアは格安SIM級に安い新プラン『ahamo』『povo』『SoftBank on LINE』をそれぞれ2021年3月より受付開始になりました↓

位置づけマップ2021:キャリアサブブランドmvnoに「ahamo」「povo」「softbank-on-line」が追加に

そして第四のキャリアとして2020年春よりサービスを開始している『楽天モバイル』も含め、4キャリアの新プランはどれも大体「月額2,980円で月データ容量20GB使える」というかなりコスパのよいプランとなっています。

この月2,980円という価格帯は、前記の通り今までauのサブブランドである『UQモバイル』と、ソフトバンクのグループ会社である『ワイモバイル』が主戦場としていた価格帯となっており、同じauグループ・SoftBankグループ内でも同じようなプランに被ってしまう…

そこで急遽UQモバイルとワイモバイルは差別化を図るために新プランにリニューアル(両社とも2021年2月受付開始)し、よりライトユーザー向けのプランを出しています。

通信会社 打ち出したプラン サービス開始予定
docomo_ロゴ 「ahamo(アハモ)」 2021年3月~
au_ロゴ 「povo」 2021年3月~
ソフトバンク_ロゴ 「SoftBank on LINE」 2021年3月~
楽天モバイル(mno)_ロゴ_150 「Rakuten UN-LIMIT V」 受付中
UQモバイル_ロゴ_横長 「くりこしプランS/M/L」 2021年2月1日~
Ymobile_ワイモバイル_ロゴ 「シンプルプランS/M/L」 2021年2月~

より具体的に見ていきましょう。

UQモバイルとワイモバイルのリニューアルプランはahamoやpovoよりもライトユーザー向けに3プランを提供

ソフトバンクのグループ会社である「ワイモバイル」は2021年2月より新たに『シンプルプランS/M/L』の3プランを準備しました。

ワイモバイルの新プラン『シンプルS M L』は2021年2月リリース
参考:
シンプルSML | Y!mobile公式

そしてauのサブブランドである「UQモバイル」も同じく2021年2月より新たに『くりこしプランS/M/L』の3プランをリリースしています。

UQモバイルの「くりこしプラン」の説明図
参考:くりこしプランSML | UQmobile

ワイモバ新プラン『シンプルS/M/L』2月解禁で安くなる?既存プランと比較

2021.01.04

UQモバイル新プラン『くりこしプランSML』で値下げ&増量に!au「povo」と比較

2021.02.05

両社の新プランについての詳細は上記のページで解説していますが、各プランの容量と料金を大手3キャリア(ドコモ,au,ソフトバンク)や、新ブランドである「ahamo」「povo」「SoftBank on LINE」と並べて比較してみました。

ドコモ系は無制限「ギガプレミア」それ以外なら「ahamo」で差別化がシンプル

まずドコモ系列ですが、シンプルに月額2980円&月容量20GBの「ahamo」と、無制限の「ギガホプレミア」ではっきりと差別化ができています。(図の便宜上「無制限「を50GBのところにプロットしています)

ドコモの「ギガホプレミア」と「ahamo」の位置づけ

とは言えほとんどのドコモ利用者が月20GBも使わないため、基本的にはahamoに移るのが無難なのでそんなに困らないと思います。

また、ahamoはドコモの家族割での割引こそされませんが、家族としての頭数のカウント含まれるため、家族でドコモの家族割を利用していても迷惑が掛からないのも特長です。

au系は「povo」にUQモバイル「くりこしプランM&L」が食われている

続いてauグループですが、auの無制限プラン「使い放題MAX」は分かりやすいのですが、問題は「povo」とUQモバイルの「くりこしプランM」「くりこしプランL」が被っており、ほとんどの場合povoの方が上回っている点でしょう。

auの「使い放題MAX」と「povo」とUQ「くりこしSML」の位置づけ_くりこしMとLがpovoに食われている

どちらも無料通話が付かないプランで条件も同じなので、小容量プランの「くりこしS」以外はUQモバイルを選択する理由は少なそうですね。

一応povoはオンライン専用プランなのに対して、UQモバイルは店頭での対応が可能だったり家族割が使えたりといった点で勝っている点もありますが。

ソフトバンク系も「SoftBank on LINE」にワイモバイル「シンプルM&L」が食われている

ソフトバンク系もau系と同じく、新ブランドである「SoftBank on LINE」にワイモバイルの「シンプルM&L」が被っていますね↓

ソフトバンクの「メリハリ無制限」と「SoftBank-on-LINE」とY!の「シンプルSML」の位置づけ_シンプルMとLがソフバンonLINEに食われている

こちらも店頭サポートがある点や、家族割・光セット割で割引ができる点で完全な上位互換とはありませんが、ワイモバイルのシンプルMやLを使うくらいならLINE使い放題も付く「SoftBank on LINE」の方が良さそうです。

ただ、auもソフトバンクも同グループの3ブランド間での乗り換えに手数料が掛からないなど、気軽に乗り換えられるシステムに変更になっています。

auとpovoとUQモバイル間での乗りかえ(変更)手数料は無料

なので、現在キャリアでスマホ代8,000円とか掛かっているなら、取り合えずどっちでも乗り換えてしまった方がいいのは確実です。

という事で

【選ぶ基準】

割高プランだけど無制限で使える&店舗サポートが受けられる:キャリア(ドコモ,au,SoftBank)
大容量20GBで月2980円コスパプランだがオンライン専用:ahamo,povo,SOftBank on LINE
20GB未満のライトユーザー向けで安い&店舗サポートもある:サブブランド(Y!、UQ)

という立ち位置になっています。

正直なところワイモバイルもUQモバイルも「プランL」は新ブランドの方が条件は良いので、「キャリアと同じ高速回線でプランSを使いたい」というライトユーザーがサブブランドを選ぶといった感じなるのでしょうか。

美魔女ママ
安いプラン選びで悩めるならいい話よね