Y!モバイル⇒ソフトバンクへ戻るなら『番号移行プログラム』で59,500円お得に♪

ソフトバンクからワイモバイルへの番号移行プログラムの特典内容
元量販店スタッフ りょう
2019年10月よりソフトバンクとワイモバイルでは2年縛りと違約金を完全撤廃しましたね。
 
ハードルが下がった事でソフトバンク⇒ワイモバイルへ乗り換える人が増えていますが、「やっぱりワイモバイルよりソフトバンクの方がいいな」という人も一定数いると思います。
美魔女ママ
ワイモバイルは安いけど、ギガモンスターみたいな大容量プランが無いし、最新iPhoneも売ってないわ
元量販店スタッフ りょう
そうなんですよね。
 
他にもソフトバンクだと「トクするサポート」等の端末割引で半額近くで最新iPhoneが買えたりするのはワイモバイルではできませんからね。
元量販店スタッフ りょう
でもそんな人向けに、ワイモバイル⇒ソフトバンクにのりかえ時に最大39,500万円の特典が付く出戻りプログラム『番号移行プログラム』というものがあるんですよ♪

子供に特化したTSUTAYAの格安スマホ♪

月額1,000円で使える学生見守りスマホ「TONE(トーン)モバイル」
トーンの見守りスマホで月1,000円で防犯対策♪
学割キャンペーン期間中♪ 3ヶ月500円割引中の今が狙い目♪

スマホ代が半額以下になる事で有名な格安スマホを聞いたことがない人も少ないと思いますが、その格安スマホ中でも『ワイモバイル』は特に人気が高いです。

ワイモバイルはソフトバンクのグループ会社

また、ワイモバイルはソフトバンクグループなので、ソフトバンクユーザーの乗り換え先としてもワイモバイルは断トツに人気があります。(以下のページも記載していますが、自分もソフトバンク⇒ワイモバイルにのりかえた一人だったり)

ソフトバンクからYモバイルへ乗り換えた感想 2社の違いを徹底比較

2019.05.09
ソフトバンクから安さを求めてワイモバイルに乗り換えるケースが多い

大容量プランや最新iPhoneの返却大幅割引はソフトバンクにしかない=戻るケースも

確かにワイモバイルはソフトバンクと比べても月額料金も安い割に、通信品質は高くてコストパフォーマンスは優秀です。

しかし、品質面や超大容量、取り扱っているスマホ機種の新しさや割引に関してはソフトバンクの方が優秀だったりします↓

差別化ポイント ソフトバンク_ロゴ Ymobile_ワイモバイル_ロゴ
料金 高い そこそこ安い
通信速度 高速
プラン容量 「ウルトラギガモンスター+50GB」等の超大容量プランまで可能 プランRの月容量17GBまで
最新iPhone 最新iPhoneを返却前提の大幅割引「トクするサポート」で購入可能 Appleで最新iPhoneは持ち込んで使えるが定価購入
街中のショップ かなり多い 増えてきているがまだまだソフトバンクには及ばない

ソフトバンクは最新iPhoneを半額サポートで買える

特に毎年9月に発売される最新iPhoneを半額近くまで割引で購入できるのがソフトバンク(というか大手3キャリア)最大のメリットかもしれませんね。

ソフトバンクでは最新iPhoneが端末割引込みで購入できる

ワイモバイルでもAppleストアで購入した最新iPhoneを持ち込んで使う事は出来ますが、Appleの定価購入となるので支払額が全然違います。

ソフトバンクは超大容量プランがある(動画利用者向け)

ワイモバイルではプランのデータ容量の最大は2019年10月より登場した「ベーシックプランR」の月17GBが最高ですが、ソフトバンクの場合には「ウルトラギガモンスター+」の月50GBが最大となっています。

NetflixやHulu、U-NEXTのような動画サービスや定番のYouTubeなどの動画を、通勤通学の電車の中やカフェで頻繁にみる人にとって、ワイモバイルの月17GBでは足りなくなり月の後半には通信制限になるケースもあるでしょう。

そんなケースでもやはりソフトバンクの超大容量プランやYouTube/SNS使い放題は魅力的で、ワイモバイルには無い部分です。

ソフトバンクとワイモバイルのターゲットの違い

また最近ではワイモバイルの受付もソフトバンクショップで可能な店舗が増えていますが、まだまだソフトバンクショップに比べればワイモバイルショップの店舗数は少ないですからね。

ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換えるなら『番号移行プログラム』で最大39,500円分の特典が狙える

そんな需要に対してソフトバンクは『番号移行プログラム』といううってつけのプログラムを用意しており、ワイモバイルからソフトバンクにのりかえるだけで以下の特典が付与されるようになっています。

ソフトバンクからワイモバイルへの番号移行プログラムの特典内容
参考:ワイモバイルからソフトバンクへの 番号移行プログラム | SoftBank公式

➀ ソフトバンクの通信量の特典: 2年間毎月のスマホ料金から1,000円割引(合計24,000円分の割引特典)
➁ ワイモバイルの契約解除料と番号移行手数料を負担
ソフトバンクの契約事務手数料を無料に
12,500円
3,000円
(合計割引総額) 39,500円

※全部税別表記

最大で39,500円分の割引特典が得られるので、Y!モバイルからソフトバンクへのりかえるなら必須級のキャンペーンです♪

また、「ソフトバンクに戻る」のではなく、単純に

ドコモ(au)⇒ワイモバイル⇒ソフトバンク
新規ワイモバイル契約⇒ソフトバンク

というでももちろん「番号移行プログラム」は利用可能ですよ♪

Y!⇒ソフバンの「番号移行プログラム」の特典適用条件

ちなみに上記の割引特典の適用条件もあるので事前に確認しておきましょう↓

『特典➀の適用条件』
特典➁(後述)の適用条件を満たしたうえで、ソフトバンクの機種が4Gスマートフォンである事
ウルトラギガモンスター+にご加入する事
 
『特典➁の適用条件』
対象のワイモバイルからソフトバンクへの番号移行である事
ワイモバイルを解約せず、ソフトバンクへの番号移行手続きを行う事
法人契約/シンプルスタイル(プリペイド携帯電話)契約は対象外
2019年9月30日以前にワイモバイルの対象プランに加入している事

ざっくり述べると、ソフトバンクのスマホで「ウルトラギガモンスター+」に加入する事が適用条件のメインとなっています。(超大容量プラン加入が条件となっている点から、このプログラムはヘビーユーザー向けという事ですね)

ちなみに2019年10月からのワイモバイルの新プランであれば契約期間も違約金も撤廃されていますが、その場合は違約金分の割引はなくなります。(2019年9月末までのプランの場合は違約金が9,500円発生するので上記の割引で相殺される)

ワイモバイルからソフトバンクへ「番号移行プログラム」でのりかえ時の月額料金シミュレーション

という事でワイモバイルからソフトバンクへ『番号移行プログラム』でのりかえた際の月額料金をシミュレーションしてみました。

料金シミュレーション時の条件は、最も多いであろう最新iPhoneを端末割引「トクするサポート」で購入するケースで計算してみました↓

iPhone11(64GB)本体代
(一括時:89,280円)
1,860円×48ヶ月⇒24ヶ月
「トクするサポート」
(25か月目に買い換えで-44,640円)
「トクするサポート」プログラム利用料 390円×24ヶ月
ウルトラギガモンスター+ 7,480円/月
通話オプション無し 0円/月
Y!⇒ソフバン番号移行割引 -1,000円/月×24ヶ月
1年おトク割 -1,000円/月×12ヶ月
(合計月額) (1年目):月額7,730円
(2年目以降):月額8,730円

参考:料金シミュレーション | ソフトバンク公式

確かに月額8千円前後とワイモバイルと比べると割高な料金ではありますが、考え方によっては数千円の差で「最新iPhoneモデルを超大容量で通信制限を気にせず高速回線で使える」という事で人によっては悪くない条件なのではないでしょうか。

おとくケータイのようなソフトバンク代理店経由なら更に2万円きゃっしゅばっくで合計59,500円もの特典に♪

更に、「おとくケータイ.net」のような代理店のキャッシュバックも活用する事で、更に美味しくワイモバイルからソフトバンクに移行することが可能です。

おとくケータイでは「電気事業法の法改正」以前の2019年9月末までは高額キャッシュバックキャンペーンを実施していましたが、2019年10月以降は「現金キャッシュバック2万円」が特典となっています。

なので、ワイモバイルからソフトバンクへのりかえする場合、「おとくケータイ.net経由」で「番号移行プログラム」を利用する事で、両方の特典を二重取りできるので最大で59,500円分の特典を得ながらY!モバイル⇒ソフトバンクへのりかえる事が可能です。