ワイモバイルiPhone情報『最新iPhone12&12mini追加』iPhone7は終了に

ワイモバイルの全iPhone情報!2月にiPhone12と12mini追加&18000円値引きキャンペーン情報等_2

ワイモバイルはソフトバンクグループなので、ドコモやau、ソフトバンクと同じようにiPhoneをお手頃価格でセット購入する事が可能です。

現在ワイモバイルではiPhoneSE(第二世代)が2~3万円程でセット購入する事ができ、「iPhoneでスマホデビューしたいけど出費は抑えたい」という人にはうってつけです♪(iPhone7は近々販売終了)

また2021年2月26日から最新モデル『iPhone12』と『iPhone12 mini』がラインナップに追加されており、ワイモバイル初の最新iPhone取扱いとなっています。

なので現在ワイモバイルのiPhoneラインナップは大手キャリアと同じ2020年発売の最新iPhoneとなり、「ワイモバイル=型落ちiPhone」というイメージを完全払拭しています💡

3月追記:
更に新プラン登場記念で「端末18,000円値引きキャンペーン」も期間限定で実施しているので、ワイモバイルでiPhoneを狙うのが美味しい時期になってます↓

新プラン登場記念端末割引18000円
参考:スペシャルセール | ワイモバイルオンラインストア

オンライン申込なら初期費用無料♪
+期間限定PayPayボーナス3,000円が貰える♪

iPhone使うならワイモバイル
安いソフトバンク=ワイモバイルを確認してみて↑

現在ワイモバイルで販売されているiPhoneモデルは『iPhone12』&『iPhone12 mini』と『iPhoneSE2』(2020年発売)の3モデルに♪

現在ワイモバイルで購入できるiPhoneモデルは2020年春にAppleで発売された最新機種「iPhoneSE2(第二世代)」に加えて、2020年秋発売の最新モデル『iPhone12』と『iPhone12 mini』のの3機種となっています↓

ワイモバイル
取扱iPhone一覧表
iPhone12 iPhone12 mini iPhoneSE(第二世代)
見た目 iPhone12&12miniの見た目&カラーバリエーション iPhone12&12miniの見た目&カラーバリエーション iPhoneSE2(第二世代)の見た目&カラーバリエーション
Apple発売日 2020年10月 2020年4月
Y!mobileで
取扱開始日
2021年2月26日 2020年8月28日
カラー 白/黒/赤/青/緑 白/黒/赤
定価&容量 64GB 110,880円 96,480円 57,600円
128GB 116,640円 102,960円 64,080円
256GB 131,040円 116,640円 -(無し)
端末割引 【新プラン登場記念】最大18,000円値引
条件:新規契約・他社のりかえ(MNP)
サイズ 高さ

厚さ
(mm)
146.7
71.5
7.4
131.5
64.2
7.4
138.4
67.3
7.3
重さ(g) 162 g 133 g 148 g
画面対角距離 6.1 インチ 5.4 インチ 4.7 インチ
公式ストア

※税込表記
(iPhone7やiPhoneSE(第一世代)は販売終了)

現在ワイモバイルで取扱い中の3モデルとも、2020年Apple発売の最新モデルであり、コスパ的にも良い3モデルになっています。(効果でハイスペックな12Proシリーズは取扱いなし)

特に注目なのが、2021年2月よりワイモバイルで新プランにリニューアルした事で『新プラン登場記念端末値引キャンペーン』を実施しており、新規契約や他社からののりかえであれば上記のiPhone定価から18,000円値引きした価格で購入できるため、かなり安いです。(終了未定)

新プラン登場記念端末割引18000円

また、iPhoneSE(第二世代)はスペック的にはiPhone11と同等=1世代分の性能差という事になりますが、どちらでも日常使いでは充分すぎるスペックでしょう。

個人的には安いiPhoneSE2がお勧めですね。約4万円で新品の最新iPhoneが購入できるのはかなり美味しいと思います。

参考:iPhone | ワイモバイル公式

最新モデル『iPhone12』と『iPhone12 mini』がワイモバイルでも2021年2月26日より販売開始に🎵

今まではワイモバイルではソフトバンクの型落ちiPhoneをラインナップとして販売していましたが、なんと2021年2月26日から最新『iPhone12』と『iPhone12 mini』が追加になりました💡

自分のiPhone12Proのレビュー画像

iPhone12シリーズと言えば2020年秋発売のナンバリングモデルの最新版で、今までは「最新iPhoneの販売」は大手3キャリアに限られてたのですが、今回まさかのワイモバイルのラインナップに追加されました。

よりハイスペックなProシリーズである『iPhone12 Pro』や『iPhone12 ProMAX』は追加されていないので「最高峰のカメラのために数万円追加したい」といった人には無関係ですが、大体の人にとって廉価版のiPhone12と12miniで充分でしょう。

ワイモバイル取扱iPhone一覧(12Proと12ProMAXは取り扱ってない)

新プラン登場記念で18000円の端末値引きが使える!

端末代金に関しては以下のページで詳しく解説してますが、Apple定価程度です。

しかし「新規契約」や「他社からワイモバイルへののりかえ(MNP)」の場合には「新プラン登場記念端末値引き」で18,000円安く購入できるのでかなりお勧めです。

新プラン登場記念端末割引18000円
参考:スペシャルセール | ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルでiPhone12&iPhone12Miniが発売に!どこまで安く使える?

2021.02.25

上記のページで実際の月額料金のシミュレーションなどもしているので、iPhone12を安くセット購入しようか検討中の方は情報収集にどうぞ。

ちなみにiPhone12とiPhone12miniの発売日の1週間前の2月19日から予約を開始しています。

iPhone12と入れ替わりでiPhone7は販売終了間際

そしてiPhone12&iPhone12miniのランナップ追加と同時に、ワイモバイル公式ページから「iPhone7」が消えていますね↓

ワイモバイル公式ページにiPhone12&12miniが追加されたタイミングでiPhone7が消えている
参考:iPhoneラインナップ | ワイモバイル公式

一応自分で確認してみたところ、2月後半時点ではワイモバイルオンラインショップでiPhone7の販売ページ(以下)が確認できていますが、在庫がなくなり次第終了といった感じになると思われます↓

確認できたiPhone7の販売ページ

ただしiPhone7の発売日は2016年とかなり古いモデルですし、端末価格的にはiPhoneSE2とあまり差が無いため、iPhone7を狙うくらいならiPhoneSE2の方が無難ではあると思いますが。

コスパ抜群の最新スペック『iPhoneSE2(第二世代)』=安さ重視ならこっち!

特に2020年4月にAppleやドコモauソフトバンクで発売となったiPhoneSE2(iPhoneSEの第二世代)がこんなに早くワイモバイルでも発売されるのは超朗報ですね♪

届いたiPhoneSE(第二世代)を開封時の状態

iPhoneSE2は2019年秋発売のiPhone11級のスペックを持ちながら端末価格をかなり抑えたコスパモデルで、カメラ重視でiPhone11Proを求める人以外であれば最高の一台だと思います。

ワイモバイルでiPhoneSE(第二世代/2020モデル)がセット購入可能に🎵

待ち時間なし&24時間可能♪ 事務手数料も無料に♪

iPhoneSE2は2020年8月27日にワイモバイルで発売開始という事で、以下のページでも料金や性能比較をしているので参考にしてみて下さい↓

驚異的コスパ!ワイモバイルで2020年格安iPhoneSE2が発売に!しかも安い!

2020.08.26

iPhone端末代の支払方法は「一括購入」「24回分割」「36回分割」から選べる

以前(2019年9月まで)のような「2年契約の代わりに大幅な端末割引をする」という事が電気事業法の改正によって規制されており、現在はシンプルにiPhone端末代を「一括」「24回分割」「36回分割」から選んで支払うシステムになっています。

現在販売中のiPhone12、iPhone12mini、iPhoneSE(第二世代)のストレージ容量による本体価格は以下のようになっています↓

【現在のワイモバイルのiPhone12&SE2の端末価格一覧】

iPhoneモデル
(容量)
契約プラン ・新規契約
・乗り換え(MNP)
乗り換え
(SoftBank回線から)
ワイモバ機種変更
iPhoneSE2
(64GB)
プランS 39,600円 57,600円 50,400円
プランM/L
iPhoneSE2
(128GB)
プランS 46,080円 64,080円 56,880円
プランM/L
iPhone12
(64GBGB)
プランS 92,880円 110,880円 103,680円
プランM/L
iPhone12
(128GBGB)
プランS 98,640円 116,640円 109,440円
プランM/L
iPhone12
(256GBGB)
プランS 113,040円 131,040円 123,840円
プランM/L
iPhone12 mini
(64GBGB)
プランS 78,480円 96,480円 89,280円
プランM/L
iPhone12 mini
(128GBGB)
プランS 84,960円 102,960円 95,760円
プランM/L
iPhone12 mini
(256GBGB)
プランS 98,640円 116,640円 109,440円
プランM/L

※全部税抜表記

特にワイモバイルに新規契約や乗り換え(ソフトバンクから以外)であれば、iPhoneSE(第二世代)の端末割引で安くなっているので狙い目です♪

上記の端末値引キャンペーンも含めると、iPhoneSE(第二世代/64GB)が最安39,600円で購入できるので、「安く最新iPhoneデビューしたい」という人にはベストでしょう🎵

また、既存のワイモバイル利用者の機種変更でも7,200円の値引きが適用されます。

対して「ソフトバンクからののりかえ」や「ソフトバンク回線系MVNOからののりかえ」の場合は値引きは適用されず定価となるため、セット購入するメリットはそこまでありません。

追記:こちらのiPhone7のサマーセール割引は2020年8月31日で終了しています。

ワイモバイルのオンラインショップ限定で、2020年8月31日までiPhone7(32GB/128GB)の端末が半額近い特別価格で購入できるキャンペーンが実施されています↓

ワイモバイルのサマーセール(オンライン限定)
参考:サマーキャンペーン(期間限定端末割引) | ワイモバイル公式オンラインショップ

サマーセール実施期間:2020年7月22日(水)~8月31日(月)

割引対象機種は「iPhone7」と「Xperia 10Ⅱ」の2端末となっており、以下のようにiPhone7は驚異の46~54%割引(半額近い)されています↓

ワイモバイルのサマーセールでiPhone7の32GBと128GBが大幅割引対象に(~2020年8月31日まで期間限定)

【サマーセールの対象機種と割引率】

対象機種 定価⇒割引後 割引額/割引率
iPhone7(32GB) 39,600円
⇒21,600円
18,000円割引
(約46% OFF)
iPhone7(128GB) 50,400円
⇒23,400円
27,000円割引
(約54% OFF)
Xperia 10 Ⅱ 54,000円
⇒36,000円
18,000円割引
(約33% OFF)

ちなみにサマーセールでのiPhone7端末割引の適用条件は以下のようにかなり緩くなっています↓

【サマーセールiPhone7割引条件】

新規契約or他社からの乗り換え(ソフトバンクからは対象外)
スマホベーシックプランM or Rの契約(プランSだと割引額が3,600円ダウン)

『新規/乗り換え限定』iPhone7が更に値下げで月額850円から

以下は過去のワイモバイルのiPhone情報になります。
iPhone7の端末画像

ワイモバイルで最も人気のある機種が『iPhone7(32GB/128GB)』ですが、iPhone7の端末代金が2019冬より更に9360円割引になりました↓(ワイモバイル内での機種変更の場合は若干端末価格が異なります)

【ワイモバイルのiPhone7の端末代全パターン】

iPhoneモデル
(容量)
契約プラン 新規契約/乗り換え 乗り換え
(ソフトバンクから)
ワイモバで機種変更
iPhone7
(32GB)
プランS 27,360円 39,600円
(ソフトバンク定価)
32,400円
プランM/R 23,760円 39,600円
(ソフトバンク定価)
32,400円
iPhone7
(128GB)
プランS 38,160円 50,400円 43,200円
プランM/R 34,560円 50,400円 43,200円

※全部税込表記

「ワイモバイルに新規契約する場合」や「ソフトバンク以外からワイモバに乗り換える場合」には、iPhone7の端末代が1万円近く割引されているので、かなり狙い目だと思います。

(比較参考までにソフトバンクのiPhone7(32GB)の端末代は39,600円です)

またワイモバイルで契約するプランによっても端末代が安くなり、プランMやRにすることでプランSよりも3,500円ほど安くなります。

参考:iPhone7 | ワイモバイル公式

最終的に月額スマホ代はいくら?【iPhone7端末代+プラン料金】

と言う事でiPhone7(32GB)をセット購入時の最終的なスマホ代をプラン料金込みで計算してみました↓(新規契約orのりかえ時)

iPhone7(32GB)端末代
(一括時:27,360円)
760円/月×36ヶ月
スマホベーシックプランS(月容量4GB) 2,948円/月
新規割 -770円/月×6ヶ月
(合計月額) (1~6ヶ月目):月額2,938円
(7~36ヶ月目):月額3,708円

※全部税込表記

ワイモバイルの最小プランである『スマホベーシックプランS(月容量4GB)』に10分までかけ放題オプションが自動付与されて、iPhone7(32GB)の端末代金込みで月額3~4千円で利用可能です。

ワイモバイルでiPhone7(32GB)を32GBで分割購入し、スマホベーシックプランS契約時の月額料金シミュレーション結果

人気のiPhone8はワイモバ未発売…でも上位モデルのiPhoneSE2(第二世代)が発売されたのでそっちでいいかも

また今年の春まで大手キャリアでも売れ筋のiPhone8(2017年9月発売モデル)が、そろそろワイモバイルに流れてくるんじゃないかという期待もありました。

iPhone8

過去にワイモバイルで発売されたiPhone6s、iPhoneSE(第一世代)、iPhone7共にAppleやソフトバンクで発売された2年後くらいにワイモバイルでも発売されていましたが、iPhone8は未だにラインナップに加わっていません。

【過去のApple&ワイモバイルのiPhoneモデルの発売時期一覧】

発売モデル Apple(SoftBank)発売 ワイモバイル発売
iPhoneSE(第二世代) 2020年4月 2020年8月
iPhone8 2017年9月 (未発売/そろそろ?)
iPhone7 2016年9月 2018年12月
iPhone6s 2015年9月 2017年10月

ただ、前述の通り2020年8月にiPhone8の上位モデルであるiPhoneSE2(第二世代)がワイモバイルのラインナップに追加されたため、わざわざ今ワイモバイルでiPhone8を待って購入するメリットもないかもしれません。

以下のページでもiPhoneSE2とiPhone8のスペックと価格を比較していますが、iPhoneSE2はiPhone8の上位互換のような性能とスペックになっています↓

ワイモバイルでiPhone8 はいつ発売?ワイモバイルで使うたった2つの方法

2020.08.27

更に価格面でも2020年春発売の最新モデルにも関わらず、格安スマホ級の端末価格+ワイモバイルの端末割引で購入する事ができるため、ほとんどの人にとってiPhoneSE2が無難な選択肢となると思います。

iPhone6sは端末価格2万円⇒現在は販売終了に…

iPhone6sの端末画像
追記:
2020年春でiPhone6sは販売終了しています。
以下は過去にiPhone6s販売時の情報になります↓

ワイモバイルで販売しているiPhoneの中でも最安なのが、iPhone6sですね。

iPhone6sも新規契約/MNPのりかえと、ワイモバイル内での機種変更で以下のように端末代が異なります↓

【ワイモバイルのiPhone6sの端末代全パターン】

iPhone6端末代まとめ 新規契約/のりかえ(MNP)の場合 Y!内での機種変更の場合
iPhone6s(32GB) 20,160円
(560円/月×36ヶ月)
27,360円
(760円/月×36ヶ月)
iPhone6s(128GB) 30,600円
(850円/月×36ヶ月)
37,800円
(1,050円/月×36ヶ月)

※全部税込表記

参考:iPhone6s | ワイモバイル公式

ワイモバイルに新規契約かのりかえ(MNP)であれば、iPhone6s(32GB)が最安20,160円(月額560円)で利用可能となります。

最終的に月額スマホ代はいくら?【iPhone6s端末代+プラン料金】

続いてiPhone6s(32GB)をセット購入時の最終的なスマホ代をプラン料金込みで計算してみました↓(新規契約orのりかえ時)

iPhone6s(32GB)端末代
(一括時:20,160円)
560円/月×36ヶ月
スマホベーシックプランS(月容量4GB) 2,680円
新規割 -700円/月×6ヶ月
(合計月額) (1~6ヶ月目):月額2,540円
(7~36ヶ月目):月額3,240円

※全部税別表記

こちらは月額料金にすると、iPhone7(32GB)購入時より280円ほど安くなります。

『スマホベーシックプランS(月容量4GB)』+「10分までかけ放題オプション」+「iPhone7(32GB)の端末代金」込みで月額3千円前後で利用可能です。

ワイモバイルでiPhone6s(32GB)購入&スマホベーシックプランS時の月額料金内訳

なのでiPhone6s(32GB)+スマホベーシックプランSの組合せが、ワイモバイル最安プランとなります。

ちなみにiPhone6sは2015年9月25日発売の旧機種ではありますが、日常使いでも全く問題なく使え今人気のiPhoneモデルです。(自分もまだiPhone6s使ってますし)

「最新の超高性能iPhoneじゃなくても、安くiPhoneが使えればいい」という人はこれ以上ないほど安く入手できるので、超お勧めですね↓

【ワイモバイルオンラインショップ】iPhoneSEは販売終了!

追記:2019年冬時点でワイモバイルの端末ラインナップからiPhoneSEは無くなっています。(2021年現在は販売終了)
 
以下は過去にワイモバイルでiPhoneSE販売時の情報となります。
iPhoneSEの端末画像

昨年実質0円で大人気となったiPhoneSEは、2019年時点で在庫が少ない状態で、カラー「ローズゴールド」のストレージ容量32GBのみ在庫がある状態でした。(2021年現在はラインナップから完全に消えています)

iPhoneSE(32GB)の場合は分割購入の選択肢はなく、一括3万円での購入のみとなっています↓

ワイモバイルでiPhoneSE(32GB)を購入時は一括3万円での購入のみ

昨年は実質0円で購入できたモデルですが、現在はカラー「ローズゴールド」&容量「32GB」で「一括3万円払いのみ」になっているので以前ほどのお得感はありませんね。

参考:iPhone SE(32GB)を購入 | ワイモバイルオンラインショップ公式

なぜワイモバイルはここまで安くiPhoneを販売できるの?

そもそもiPhoneを国内電販売できるのは、Apple正規代理店である3キャリアのみですが、
ワイモバイルはソフトバンクグループなので、ソフトバンクのiPhoneの在庫を流してもらえるんですね。

なので他の格安SIM(UQモバイル以外)では出来ないiPhoneのここまでの投げ売りが可能なんですね。

正直ワイモバイルは通信速度も爆速ですし、「10分かけ放題」付きで比較すればかなりコストパフォーマンスに優れる携帯会社だと思います。(3年目以降は料金が上がるので、更新月の乗り換え前提)

また最近ではPayPayとも組んでポイント還元がかなり美味しく、ソフトバンクユーザーと同等の優遇を受けられるので無茶苦茶助かってます。

ワイモバイルとPayPayは相性良すぎ♪最大12%還元やキャンペーン情報

2019.08.21

【まとめ】ワイモバイルで買うなら値下げ中で2万円台で買えるiPhone7♪

上記のようにワイモバイルは大手キャリアに比べて型落ちのiPhoneを取り扱っているものの端末代はその分かなり安いです。

特に2021年時点ではiPhone7が値下げで2~3万円程度で購入可能なのと、最新の処理能力を持つiPhoneSE(第二世代)もラインナップに追加&端末割引有で購入できるため、iPhoneデビュー狙いや、2台目などにもうってつけの安さです♪

ワイモバイルはソフトバンク回線で爆速ですし、店舗数も格安スマホ中でも屈指で品質面もソフトバンクと遜色ありません。(自分もワイモバイルを3年くらい使っていますが、料金と品質が両立できているのでお勧めです↓)

オンライン申込なら初期費用無料♪
+PayPayボーナス3,000円が貰える♪

ワイモバイルのバナー
安いソフトバンク=ワイモバイルを確認してみて↑