LINEMOライト層向け『ミニプラン』月額990円のコスパは?MVNOと料金比較

LINEMOライト層向け『ミニプラン』月額990円のコスパは?MVNOと料金比較
元量販店スタッフ りょう
2021年春に大手3キャリアが新ブランドを立ち上げましたが、LINEMO(ラインモ)がライト層向けの新プランを打ち出したみたいですね。
美魔女ママ
正直どれがいいのか全然分からないわ
元量販店スタッフ りょう
・ドコモ⇒「ahamo(アハモ)」
・au⇒「povo(ポヴォ)」
・ソフトバンク⇒「LINEMO(ラインモ)」
という20GBで月3千円弱のコスパ◎なブランドをスタートしてますよ。
 
そしてLINEMO(ソフトバンク)は対抗して7月15日から月3GBの「ミニプラン」を出しました。
美魔女ママ
これって普通の格安SIMの方がいいんじゃ?
元量販店スタッフ りょう
そうなんですよね。その辺の比較をしてみましょうか。

オンライン申込なら初期費用無料♪
+PayPayボーナス3,000円が貰える♪


安いソフトバンク=ワイモバイルを確認してみて↑

LINEMOのロゴ

ソフトバンクグループが2021年春に開始した新ブランド『LINEMO(ラインモ)』は、2021年7月15日に新プラン『ミニプラン』をスタートしました。

LINEMOの選べる2つのプラン_公式トップバナー

LINEMOは元々月容量20GBで月額2,728円のプランを提供していましたが、ミニプランの追加で従来の20GBプランを「スマホプラン」という名称にして「2つのプランから選べる」というスタンスにシフトしています↓

LINEMOで選べる2つのプラン
参考:選べる2つの料金プラン | LINEMO公式

LINEMOのプラン追加の経緯としては、3社同時に「月3千円弱で月容量20GB使える新ブランド」を立ち上げたんですが、やっぱりahamo(ドコモ)が強いんですよね。

ahamoに対抗して、もっと軽量なプラン=ライト層も見込んでの「ミニプラン」のスタートという事だと思います。

※3社ブランド+楽天モバイルの詳細比較は別ページで比較してます↓

【格安SIM選び2021後半】今大手4社ならどこ?ahamo,povo,LINEMO,楽天モバイルを比較

2021.08.10

LINEMOの2プランの比較:選び方と注意点

そしてLINEMOで新たに追加となった「ミニプラン」ですが、単純に従来の20GBプラン「スマホプラン」とサービス内容を比較するとこんな感じです↓

LINEMOの2プランミニプラン
(軽量プラン)
スマホプラン
(標準プラン)
月額料金990円/月2,728円/月
月ギガ容量3GB20GB
カウントフリー「LINEギガフリー」
(LINEのトーク/通話/ビデオ通話/画像動画の送受信でデータ消費なし)
ギガ超過後の
通信速度
最大300kbps最大1Mbps
残データの繰越– (繰り越しなし=残容量リセット)
eSIM対応◎(対応)◎(対応)
契約後のプラン変更互いに変更可能
LINEスタンプ
プレミアムポイントバック
キャンペーン
× (対象外)◎ (対象)
10,000円相当あげちゃう
キャンペーン
× (対象外)◎ (対象)

「ミニプラン」は月額990円とかなりの安さなのですが、ただ安く軽容量になっただけではない点には注意が必要です。

特に赤文字で記載した点が通常20GBの「スマホプラン」と違う点で

【LINEMO「ミニプラン」の注意点】

3GBを使い切ると300kbpsの速度制限=ほぼカクカクでネットが使い物にならない
LINEMOのキャンペーンの対象外

となってしまいます。

特にミニプランは月容量3GBまで=3GBを超えると制限速度になるのですが、「スマホプラン」と違って制限時の通信速度は300kbpsしかないので、ネットもかなり遅いですし、動画視聴はかなり厳しいラインです。

LINEMOでも都度1GB単位で購入できるが…

一応1GB単位でデータを都度購入する事もできますが、1GBで550円かかるのでコスパがいいとは言えないです↓

Q.通常速度に戻すための料金を教えてください。
 
A.所定のデータ容量を使い切った場合、550円/1GBを追加購入することで、通常速度に戻すことができます。

またLINEMOでは時期ごとにキャンペーンを実施していますが、基本的にミニプランはキャンペーン対象外なようです。

LINEMOのキャンペーンは不定期で変わるので、ミニプランを検討しているならば以下の「LINEMOキャンペーン一覧ページ」から「ミニプランがそのキャンペーンの対象外かどうか」を確認する事をお勧めします↓

参考:実施中のキャンペーン一覧 | LINEMO公式

LINEMOのミニプランは3GBとしては安い?格安SIM(MVNO)の軽量プラン帯とコスパ比較

大手3キャリアの新ブランド「ahamo」「povo」「LINEMO」はいずれも月容量20GBのプランで競争していましたが、「ミニプラン」の登場でもっと軽量なプラン帯をLINEMOは攻めています。

位置づけマップ2021:キャリアサブブランドmvnoに「ahamo」「povo」「softbank-on-line」が追加に_2021後半Ver2

「ミニプラン」と同じ軽量プランと言えば完全にMVNOの価格帯で勝負という事になりますが、この辺のコスパ比較もしてみました。

主要MVNOの「mineo」「IIJmio」「OCNモバイルONE」「BIGLOBEモバイル」の4社の3GB未満の通話プランと料金をプロットしてみたのが以下の表です↓

LINEMOのミニプラン-VS-主要MVNOの軽量プラン-料金とギガ数のポジションマップ

ちょっと見づらいのですが、業界最安値の「OCNモバイルONE」の「3GB/月コース(音声)」と月額990円で同じポジションとなっているのが分かります。

上記からもLINEMOの「ミニプラン」は1GB単価でみてもかなりコスパが良く「業界最安値クラス」だという事が分かりました。

うーん、ライトユーザーならかなりいいプランですね。これは。