ワイモバイルで持ち込み端末保証が使える🎵iPhoneでもAppleCare+αが可能に

ワイモバイルで持ち込み端末保証が使える!iPhoneでもAppleCare+αが可能に

2022年7月14日からワイモバイルでも「持込端末保証」のオプションが追加されました。

ワイモバイル利用者の多くが、前の通信会社で買ったスマホをワイモバイルでも使っているケース(端末持込)だったりするんですが、持ち込んだスマホ(iPhone/Android/タブレット)でも端末保証に加入する事ができるようになりました🎵

年内最大級🎵 公式オンライン限定
SIMだけ契約でも最大13,000円分のPayPay特典で狙い目です💡


ワイモバイルオンライン申込で初期費無料♪
安いSoftBank=ワイモバイルを確認してみて↑

2022年7月14日よりワイモバイル(とLINEMO)でスマホの保証オプション『持込端末保証』サービスが開始となりました。



参考:SIM単体契約者向け保証サービス | ワイモバイル公式

ワイモバイルではスマホもセット購入できますが、ワイモバイル利用者の多くが前の通信会社で買ったスマホにワイモバイルのSIMカードを差して使っているケース(端末持込)だったりします。

そんな持込スマホでも加入できる保証オプション『SIM単体契約者向け保証サービス』が2022年7月よりワイモバイルでもスタートしたんですね。

他の通信会社で買ったスマホやApple公式、中古で買ったスマホでも、加入条件さえ満たしていれば加入可能です。

AndroidとiPhoneで加入できる「持込端末保証(SIM単体契約者向け保証サービス)」が異なる

そんなワイモバイルで加入できる『持込端末保証オプション』ですが、iPhone用の『持込端末保証with AppleCare Services』と、Android&タブレット用の『持込端末保証』の2種類があります↓

ワイモバイルの持込端末保証オプション名 機種の区分
/月額オプション料金
保証適用対象となる機種の条件
➀『持込端末保証with AppleCare Services』 ・iPhone(iOS)用の端末保証サービス
・月額オプション料金:iPhoneモデルによって異なる
・正規店で購入したiPhoneが対象
・iPhone 6s以前の機種は対象外
➁『持込端末保証』 ・Android、iPad含むタブレット用の端末保証サービス
・月額オプション料金:715円
・ Android OS スマホ/タブレット、iPad
・日本国内で販売された端末メーカーの正規品

ちなみに両方のオプションを同時に加入する事は出来ません。

どちらの持込端末保証オプションもワイモバ契約から2週間後までの期間限定で加入できる

最も重要な点として、上記の『➀ 持込端末保証with AppleCare Services』も『➁ 持込端末保証』も加入できる時期が決まっていて、ワイモバイル契約時と開通後2週間までしか加入する事ができません

USIMカード/eSIM単体契約時にお申し込みいただけます
 
・「故障安心パックライト」または「持込端末保証 with AppleCare Services/持込端末保証」加入中の場合はショップまたはMy Y!mobileにて本サービスへの変更申込が可能です。
 
・オンラインストアでご購入のお客さまは、ご利用を開始した日またはご契約日の10日後のいずれか早い方の当日を含む14日間までに限りお申し込みいただけます。詳しくはこちらをご覧ください。

なので、「既にワイモバイルを使っているけど、途中から持込端末保証を付けたい」という場合には加入できないのでご注意を。

既にどちらかの持込端末保証サービスに加入している場合は、どのタイミングでももう片方に変更する事は可能です。

という事で上記2つの持込端末保証オプション『➀ 持込端末保証with AppleCare Services』も『➁ 持込端末保証』について詳細を見ていきましょう↓

➀ iPhone用の持込保証オプション『持込端末保証with AppleCare Services』ってどんなサービス?

人気のiPhoneをワイモバイルに持ち込んで使う場合、端末保証オプション「持込端末保証with AppleCare Services」へ加入する事ができます。

特に最近のiPhoneはPro版等の高額なモデルが多く、本体価値を維持するという意味でも端末保証に加入するメリットは大きいです。(2022年7月より国内iPhoneの値上げで更に本体価値は上がっていますので)

iPhone用の「持込端末保証with AppleCare Services」の保証内容は以下の通りです↓


前半5つはiPhone購入時に加入できる『AppleCare』のサービス内容ですが、後半2つの「紛失ケータイ捜索サービス」と「データ復旧支援サービス」はワイモバイルオリジナルサービスとして利用できます。

【持込端末保証with AppleCare Servicesの保証内容&自己負担額】

サービス内容 自己負担額 利用方法
・自然故障
バッテリー交換含む ※保持容量が本来の容量の80%未満になった場合)
無料 Apple またはApple正規サービスプロバイダで受付
Apple社のエクスプレス交換サービス | Apple公式
Appleサポートへのアクセス | Apple公式
・画面修理 3,700円
・背面ガラスの修理
(iPhone 12 および iPhone 13 のモデルに限る)
3,700円
・画面修理+背面ガラスの修理
(iPhone 12 および iPhone 13 のモデルに限る)
7,400円
・その他の損傷に対する修理 12,900円

それぞれの保証サービスの詳細は各公式ページの記載を確認してみて下さい↓

参考:
紛失ケータイ捜索サービス | Y!mobile
データ復旧支援サービス | Y!mobile

そして毎月かかる『持込端末保証with AppleCare Services』のオプション料金ですが、こちらは固定ではなくiPhoneモデルによって料金が異なります↓

【iPhoneモデルと持込端末保証with AppleCare Servicesの月額料金】

対象モデル 月額オプション料金
Phone 13 Pro Max
iPhone 13 Pro
iPhone 12 Pro Max
iPhone 12 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone X
月額1,480円
(2022.8.16以前申込の場合は月額1,250円)
iPhone 13
iPhone 13 mini
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 11
iPhone XR
iPhone 8 Plus
iPhone 7 Plus
iPhone 8
iPhone 7
月額1,180円
(2022.8.16以前申込の場合は月額950円)
iPhoneSE(第1~3世代) 月額950円
(2022.8.16以前申込の場合も月額950円)

基本的には新しいモデル程交換・修理費用が高いので、保証オプションの月額料金も高めに設定されています。

またどのiPhoneでも「with AppleCare Services」で保証してくれる訳でなく、以下の条件を満たす機種が保証対象となっています↓
【with AppleCare Servicesの加入条件や保証対象となるiPhoneの条件】

正規店で購入したiPhoneが対象
iPhone 6s以前の機種は対象外
対象はUSIMカード/eSIM単体契約のみ(セット購入端末は加入できず)
法人のご契約は申し込みの対象外

この辺の詳細は『持込端末保証with AppleCare Services』の利用規約資料に記載されているので、各自ご確認下さい↓

参考:―持込端末保証 with AppleCare Services 会員規約(PDF)

➁ Android用の持込保証オプション『持込端末保証』ってどんなサービス?

Android機種やタブレット(iPad含む)をワイモバイルの持ち込んで使う場合は、Android向けの持込端末の保証オプション『持込端末保証』に加入する事ができます。

特にタブレットもこちらの持込端末保証でカバーとなっており、iOSのiPadもこちらで保証可能です。(持込端末保証 with AppleCare Servicesと混同注意)

Android&タブレット用の「持込端末保証」の保証内容は以下の通りです↓


参考:SIM単体契約者向け保証サービス | ワイモバイル公式

こちらは自然故障の交換・修理がメインとなっており、ワイモバイルオリジナルサービス「紛失ケータイ捜索サービス」と「データ復旧支援サービス」が付く形です。

【配送交換・配送修理サービスの負担額】

サービス内容 利用者負担額
交換または修理時の負担金 6,600円

修理・交換時の負担額6,600円で、保証上限額50,000円までの修理・交換に対応してくれる他、希望があれば代替機も届けてくれます。

Android&タブレット向けの『持込端末保証』オプションの場合、月額オプション料金は715円固定になります。

こちらもどのAndroidやタブレットでも加入・保証対象になる訳ではなく、以下の条件を満たす必要がある点は要事前確認です↓

【持込端末保証の加入条件・保証対象となるAndroid/iPadの条件】

加入対象はUSIMカード/eSIM単体契約のみ
法人の契約は申込対象外
Android OS を搭載したスマートフォン又はタブレット、iPad
本サービス加入時に故障等なく正常に動作していること
過去に端末メーカー以外での非正規修理や改造等を行っていないこと
日本国内で販売された端末メーカーの正規品であること

こちらも詳しい条件等を確認したい場合は以下のサービス規約に記載されているのでご確認を↓

参考:持込端末保証利用規約(PDF)

年内最大級🎵 公式オンライン限定
SIMだけ契約でも最大13,000円分のPayPay特典で狙い目です💡


ワイモバイルオンライン申込で初期費無料♪
安いSoftBank=ワイモバイルを確認してみて↑