ソフトバンカー必見♪キャッシュバック特典付でワイモバイルに乗り換える方法

ソフトバンカー必見♪キャッシュバック特典付きでワイモバイルへのりかえる方法

「ソフトバンクを使っていて料金が高い…」という理由からワイモバイルにのりかえを検討する方は非常に多いです。(自分も旧ソフバン⇒現ワイモバユーザーですが…)

しかしご存じの方も多いと思いますが、ソフトバンクユーザーがワイモバイルに乗り換えると特典が通常より不遇なんですよね。

今回はソフトバンク⇒ワイモバイルへ、より特典を多く貰って乗り換える方法を解説したいと思います。

約2週間後に10,000円振込特典+相談で+5,000円も可!
ヤングモバイルのバナー
ワイモバイルに直接申込は勿体ないかも…ワイモバイルの特典窓口"ヤングモバイル"♪



このページのもくじ→

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えで使えるキャンペーン一覧

通信費の節約目的でソフトバンクから格安SIMへ乗り換えを検討している人は多いと思いますが、特にソフトバンクからの乗り換え先で人気があるのが『ワイモバイル』です。

ソフトバンクもワイモバイルも同じ「ソフトバンクグループ」

そんな僕も過去に「ソフトバンク⇒ワイモバイル」に乗り換え、ワイモバイルをメインスマホで数年使っていますが、「ソフトバンクから乗り換えた時の感想」などは別のページで記載しているので参考にしてみて下さい↓

ソフトバンクからYモバイルへ乗り換えた感想 2社の違いを徹底比較

2019.05.09

実はソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える場合、利用できるキャンペーンや特典が通常とは異なります。

2020年時点では以下の2つのキャンペーンが利用可能となっています↓

【ソフトバンク⇒ワイモバイルで利用できるキャンペーン】

 
SB⇒Y!ユーザーの利用可能なキャンペーン2種類_3

➀ 事前エントリーで全ユーザー3,000PayPay獲得可能⇒『どこでももらえる特典
➁ 対象スマホをセット購入で5,555PayPay貰える『対象スマホご契約特典

➀の「どこでももらえる特典」に関しては以下のページでも解説していますが、事前に専用ページにYahooJapanIDでエントリーを済ませておけば、漏れなく全員に3,000円分のPayPayボーナスライトが付与されるキャンペーンです。

複雑なワイモバイルのキャンペーンPayPay特典を最大額貰う方法『2020年秋版』

2020.03.08

➁の『対象スマホご契約特典』は、ワイモバイル乗り換え時に対象機種に指定されている以下のスマホをセット購入する事で、5,555円分のPayPayボーナスライトが付与されるキャンペーンです↓

【➁の特典対象となっているスマホ機種】

iPhone SE(第二世代)
iPhone 7

➁は➀とも併用できるので最大8,555円分のPayPayボーナスライトが貰えます。(特典条件の毎月5日、15日、25日と日曜日に申し込みましょう!)

参考:「対象スマホご契約特典」の詳細ページ

なので、もし乗り換え時にスマホを新調したい場合には『対象スマホご契約特典』は積極的に活用していきたいところです。特に2020年春発売の最新iPhoneSE(第二世代)はリーズナブルで狙い目だと言えます↓

オンライン申込なら初期費用無料♪
+期間限定PayPayボーナス3,000円が貰える♪

iPhone使うならワイモバイル
安いソフトバンク=ワイモバイルを確認してみて↑

ここまでのソフトバンク⇒ワイモバイルの場合に使えるキャンペーンをまとめると以下のような流れになります↓

SB⇒Y!ユーザーの利用可能なキャンペーン2種類
「SoftBank⇒ワイモバイル乗り換え」で使えるキャンペーンの結論

SIMカードのみの契約(自前スマホ)の場合
⇒「どこでももらえる特典(3,000PayPay)」に事前にエントリーしてから申込
 
対象スマホをセット購入して乗り換えの場合
⇒「どこでももらえる特典(3,000PayPay)」に事前エントリーしてからYahooモバイルへ申込
+(後から「対象スマホご契約特典」で最大5,555PayPay)

ソフトバンクユーザーが直接ワイモバイルにのりかえると不遇なの?

スマホ代の節約のため、ソフトバンクからののりかえ先として最も人気があるのが『ワイモバイル(Y!mobile)』です。

なぜソフトバンク⇒ワイモバイルの乗り換え(MNP)は不遇なのか

しかしご存じの方も多いと思いますが、ワイモバイルはソフトバンクグループの会社です。

通信業界は一般的に他社からののりかえには多く特典を出しますが、「ソフトバンクからの乗り換え=既に同グループを利用している」場合には「獲得」にはならないので特典が少ない傾向があります。(キャリア間でのユーザー争奪戦の撒き餌=特典です)

ソフトバンクもワイモバイルも同じ「ソフトバンクグループ」

例えばワイモバイルの場合、ソフトバンクグループなのでライバルであるドコモやau、ドコモau系の格安SIM(UQモバイル、楽天モバイル、mineoなど)からののりかえ(MNP)には積極的に特典が付く半面、同じグループのソフトバンクからののりかえには特典が付きにくい(キャンペーンによって異なる)傾向があります。

具体的に「ソフトバンクから」と「他社から」ののりかえ特典の違い

具体的に2020年時点でのワイモバイル公式のキャンペーン特典が、

【ソフトバンクから乗り換えでどう変わる?】
  • ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換え
  • 他社(ドコモ/au/ドコモau系格安SIM)から

でどう違うのかを調べてみました。

ワイモバ公式特典とYahooモバイル特典の違い

まず、混乱しないように事前説明しておくと、ワイモバイルの申込窓口に「Yahooモバイル」という会社があり、Yahooモバイル経由でワイモバイルにのりかえる事で特典が付くことでも有名です。(Yahooモバイルはワイモバイルの窓口的な存在です)

ワイモバイル公式とYahooモバイルの窓口の違いを図解

Yahooモバイル経由でワイモバイルに申し込んだ場合、ワイモバイル公式とは別のYahooモバイル独自のキャンペーンが複数存在します。(ほとんどがPayPay特典のキャンペーン)

つまり、

【ワイモバイルの2種類のキャンペーン】

Yahooモバイル経由で申込する場合のキャンペーン
ワイモバイル公式に直で申込する場合のキャンペーン

の2種類が存在します。

そしてこの辺が混乱するところなのですが、キャンペーン特典は「SIMカードのみの契約」なのか「スマホもセットで購入」するのかで特典が変化し、更に「ソフトバンク以外からの乗り換え」なのか「ソフトバンクからの乗り換え」なのかでも特典が変化します。

まとめると、

申込方法2通り: Y!公式に直申込 or Yahooモバイル経由
契約内容2通り: SIMカードのみ契約 or スマホセット購入
乗り換え元2通り: ソフトバンク以外から or ソフトバンクから

2×2×2=8パターンが存在する事になります。

そして、この8パターンで特典総額を比較すると、以下の表のようになります↓

申込先 Y!公式 Yahoo経由 Y!公式 Yahoo経由
SIMだけ
/スマホセット
SIMカードだけ契約 対象機種もセット契約
乗り換え元 SB以外 SB SB以外 SB SB以外 SB SB以外 SB
(特典総額) 9,300 3,000 9,600 3,000 9,300 3,000 8,555 8,555
PayPayキャンペーン 3,000 3,000
事務手数料無料 3,300 3,300
どこでももらえる特典 3,000
5,15,25&11,22日
対象機種購入特典
5,555 5,555
SIMカード特別特典 6,600

数字が並んでいますが、「SB」=「ソフトバンクから乗り換え」と「SB以外」=「ソフトバンク以外からの乗り換え」はほとんどのパターンで「ソフトバンクからの乗り換え」の方が特典総額が少ないのが分かると思います。

以前は「SIM単体契約特別割引」という1万円級の割引も「ソフトバンクからは対象外」でかなりデメリットだったのですが、現在は上記の差くらいなので、そこまでの冷遇ではないかもしれません。

ソフトバンクユーザーが不遇無しで特典をもらう唯一の方法:「Yahooモバイル経由」+「対象機種購入」

この表の中で、唯一「ソフトバンクから」でも「ソフトバンク以外から」でも特典総額が同じになるパターンが存在する事に気が付きましたか?

そう。オレンジのセル部分「Yahooモバイル申込」で「対象機種購入」した場合、通常と同じ額の特典がもらえる事が分かりますね。

他のパターンでは「ソフトバンクから乗り換え」は全て「ソフトバンク以外からの乗り換え」に比べて不遇ですが、「Yahooモバイル経由」で「対象スマホのセット購入」という条件化だけは同条件の特典がもらえる事が分かります。

ワイモバ対象機種に機種変するならベスト♪ でも特典の大小にそこまで拘らなくてもいいかも

また、このパターンの特典の大部分を占めるのが、「5が付く日&ゾロ目の日特典(対象機種購入特典)」の5,555円分のPayPayボーナスポイントです。

なので対象となるスマホは「iPhone7、HUAWEI P30 lite、Xperia10Ⅱ、Xperia8」などのワイモバイルラインナップのほとんどの定番機種となっています。

Yahooモバイルの「5の付く日、ゾロ目の日」キャンペーン

もしスマホを新調する予定がある場合は、以下のYahooモバイルのキャンペーンページから確認してみて下さい↓

参考:5の付く日&ゾロ目の日キャンペーン | Yahooモバイル公式

乗り換えを遅らせるのが一番の損!ワイモバの縛り撤廃の追い風⇒最悪ソフトバンクに戻ればいいだけ

そもそもの話にはなりますが、どのパターンでも「ソフトバンクから乗り換え」と「ソフトバンク以外から乗り換え」での特典総額の差は6千円程です。

6千円と聞くと結構な差に感じるかもしれませんが、ソフトバンクとワイモバイルの月額料金の差を考えれば、1~2か月分のスマホ代の差とも考える事ができます。

何が言いたいかというと、特典の差で乗り換えが遅くなるくらいなら、1か月でも早く格安SIMに乗り換えた方が得だという事ですね。

幸運な事にワイモバイルの2年縛りも2019年に完全撤廃されましたので、満足いかなければソフトバンクに戻ればいいだけです。更にワイモバイルからソフトバンクに戻る場合にも専用のキャンペーンで特典があるので損は少ないはず♪

Y!モバイル⇒ソフトバンクへ戻るなら『番号移行プログラム』で59,500円お得に♪

2019.11.10

また、キャンペーン特典に関しては、以下のページで「新規でワイモバ」「通常でワイモバ乗り換え」「ソフバンからワイモバ乗り換え」の各パターンで得点総額を比較しているので、詳しくはこちらで確認してみて下さい↓

複雑なワイモバイルのキャンペーンPayPay特典を最大額貰う方法『2020年秋版』

2020.03.08

ソフバンからのりかえで唯一特典が付くワイモバイルの正規代理店の窓口「ヤングモバイル」

また、ワイモバイルの代理店を使ってのキャッシュバック特典をもらう方法についても解説してみます。

2019年夏よりワイモバイルの窓口に『ヤングモバイル』という窓口が登場したのをご存じでしょうか。

ヤングモバイルのロゴ_ワイモバイルの代理店であることが分かる

ヤングモバイルはワイモバイルの正規代理店となっており、Yahooモバイルのようににヤングモバイルのページを経由してワイモバイルに申し込む事でキャッシュバックなどの特典を得ることが可能となっています↓

ヤングモバイル経由でワイモバイルに乗申し込むメリットもキャッシュバックなどの特典が付くこと

代理店なので、ヤングモバイルで申し込んでも最終的にはワイモバイルを使う事になります。(特典が付くワイモバイルの窓口的なものですね)

結局ワイモバイルに契約するだけなので、プランもワイモバイルの「スマホS/M/Lプラン」の3つに契約できますし、全国のワイモバイルショップでサポート受ける事も当然可能です。

ヤングモバイルのキャッシュバック特典と適用条件!ソフトバンクからも特典対象に♪

「ヤングモバイル」を経由してワイモバイルへ申し込む事で、特典として以下の現金キャッシュバック特典を受ける事が可能です↓

【ヤングモバイルのキャッシュバック特典額】

契約の区分 キャッシュバック額の目安
SIM単体の契約(スマホ持込) 5,000円
スマホをセット購入して契約 10,000円+α(5,000円前後)

※時期によってキャッシュバック額は前後するので上記はあくまで目安です

「SIM単独契約」でも「スマホのセット購入契約」でもキャッシュバック特典の対象ですし、ソフトバンクユーザーでも減額無しで特典の対象となっているため、ソフトバンクユーザーも特典付きでワイモバイルにのりかえる事が可能になります。

しかもこの現金キャッシュバックは契約完了から最短2週間で指定口座に振り込まれるというメリットもあります。

追記:更にキャッシュバック額を5,000円上げる裏技

更にスマホセットでの申込の場合は「キャッシュバック10,000円」となっているものの、問い合わせ時に質問欄から「キャッシュバック額をもっと上げられないか」みたいな質問をする事で15,000円くらいまで交渉できるようです。

上限額は不明ですが、試しに聞いてみて損はなさそうです。(低ければ止めればいいですし)

ヤングモバイル経由でソフバン⇒ワイモバイルのりかえ時の料金&特典シミュレーション

という事で実際にソフトバンクからヤングモバイル経由でワイモバイルに乗り換えた場合の月額料金と特典のシミュレーションをしてみました↓

【ソフバン⇒ヤングモバイル⇒Y!で「SIMのみの契約」時の料金内訳】

スマホLプラン(21GB/月) (2か月目まで):5,980円/月
※3か月目以降は他プランに変更可能(CB条件がLに2ヶ月加入)
スマホSプラン(3GB/月) (3か月目以降):2,980円/月
※3か月目以降は他プランに変更可能(CB条件がLに2ヶ月加入)
ワンキュッパ割 -1,000円/月×12ヶ月
ヤングモバイル
現金キャッシュバック特典
-5,000円(契約から最短2か月目に指定口座に振込)
(月額料金) (~2か月目):4,980円/月
(~12か月目):1,980円/月
(13ヶ月目~):月額2,980円/月
+現金5,000円キャッシュバック

※全部税別表記

ヤングモバイルの特典条件として「プランLに最低2ヶ月加入」という条件があるので、契約から2か月間は「プランL」を使う必要があります。

しかし3か月目以降はプラン変更する事が可能なので、3か月目に最安の「プランS」に変更した場合の月額料金が上記になります。

「ソフトバンクからのりかえ」&「SIMカードのみの契約」という最も特典が付きにくい条件でもキャッシュバックがしっかり5千円分貰えるのは正直かなり美味しいと思います。

【ソフバン⇒ヤングモバイル⇒Y!で「対象スマホをセット購入」時の料金内訳】

iPhone7(32GB)端末代金: 760円/月×36ヶ月
プランL(17GB/月) (2か月目まで):5,148円/月
※3か月目以降は他プランに変更可能(CB条件がLに2ヶ月加入)
スマホSプラン(4GB/月) (3か月目以降):2,948円/月
※3か月目以降は他プランに変更可能(CB条件がLに2ヶ月加入)
新規割 -770円/月×6ヶ月
ヤングモバイル
現金キャッシュバック特典
-5,000円(契約から最短2か月目に指定口座に振込)
(月額料金) (~2か月目):5,138円/月
(3~6か月目):2,938円/月
(7~36ヶ月目):月額3,708円/月
+現金15,000円キャッシュバック

※全部税込表記

ヤングモバイル指定の対象機種(上記はiPhone7(32GB))をセット購入してソフトバンク⇒ワイモバイルへ乗り換えた場合も、最短2週間後に15,000円分の現金キャッシュバック特典が指定口座に振り込まれます。

ソフトバンカーがワイモバイルへのりかえるならヤングモバイル経由がウマい♪【まとめ】

ここまでをまとめると、ソフトバンクユーザーがワイモバイルにのりかえる(MNP)場合、同グループである事から殆どのパターンで通常乗り換え時に比べて特典が6千円分程少ないです。

ただし、

【ソフトバンクユーザーのお得な乗り換え2パターン】

➀「Yahooモバイル経由」で「対象機種セット購入」以外のパターンは通常乗り換えと同等の特典に♪

➁正規代理店『ヤングモバイル』経由だとソフトバンカーでもキャッシュバック特典が付く

が得策だと思います。

『ヤングモバイル』というワイモバイルの正規代理店ページを経由してワイモバイルへ申し込む事で、ソフトバンクユーザーでも以下の現金キャッシュバック特典を受ける事が可能になります↓

【ヤングモバイルのキャッシュバック特典額】

契約の区分 キャッシュバック額の目安
SIM単体の契約(スマホ持込) 5,000円
スマホをセット購入して契約 10,000円+α(5,000円前後)

※時期によってキャッシュバック額は前後するので上記はあくまで目安です

なので、「ソフバン⇒ワイモバイル直」よりも上記の金額分「ソフバン⇒ヤングモバイル経由でワイモバイル」の方がお得になるので、ソフトバンクからの乗り換えを検討している人は是非活用する事をお勧めします♪

オンライン申込なら初期費用無料♪
+期間限定PayPayボーナス3,000円が貰える♪


安いソフトバンク=ワイモバイルを確認してみて↑