ソフトバンクからYモバイルへ乗り換えた感想 2社の違いを徹底比較

SoftBankからワイモバイルへ乗り換えた感想と違い
美魔女ママ
“ワイモバイル”っていう格安スマホはどう?
 
私が今ソフトバンクを使っているんだけど、節約でワイモバイルに乗り換えようかと思って
元量販店スタッフ りょう
ワイモバイル(Y!モバイル)と言えばソフトバンクグループの携帯会社ですね。
 
実は自分もソフトバンクからワイモバイルに乗り換えて2年半ほど使っていますので、実際の使用感や注意点などを解説していこうと思います。

オンライン申込なら初期費用無料♪
+PayPayボーナス3,000円が貰える♪


安いソフトバンク=ワイモバイルを確認してみて↑



また、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える手順は以下のページで解説しています♪↓

ソフトバンク⇒ワイモバイルに乗りかえる具体的な手順(違約金回避)

2019.10.08

このページのもくじです♪

ソフトバンクからワイモバイル乗り換えで本当に安くなる?実際の明細を公開

現在ソフトバンクを使っている人にとって、スマホ代は気になるところでしょう。

元量販店スタッフ りょう
上の画像は僕のソフトバンク時代の料金明細です…
美魔女ママ
スマホ代高っ!

特にここ最近では「楽天モバイル」や「アハモ、povo、LINEMO」など格安のスマホ代が当たり前になっているので、通信費の節約を考える人は非常に多いと思います。

特にソフトバンクユーザーであれば、ソフトバンクのグループ会社の『ワイモバイル』という名前は絶対に目にする事でしょう。

最近ではソフトバンクショップ内でワイモバイルを取り扱っている店舗も多く、ソフトバンクユーザー宛にワイモバイルから優待ハガキが届いたりするので、尚更「ソフトバンク⇒ワイモバイル」を考えるのではないでしょうか。

事実、ワイモバイル利用者の半分近くが元ソフトバンクユーザーで、ワイモバイルがソフトバンクユーザーの乗り換え先格安SIMの代表格となっています。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えたら料金はこうなる

かく言う自分も昔はソフトバンクを使っており、今はワイモバイルへ乗り換えて3年近く使っています。

ソフトバンク時代は謎の2年縛りフォトフレームを買わされたり、無駄に容量の大きいプランだったりで月額料金は1万円弱程でしたが、ワイモバイルに乗り換えて2年以上使っている現在の月額料金はこんな感じです↓

美魔女ママ
スマホ代安っ!
元量販店スタッフ りょう
料金面ではかなり安くなったのが分かりますね。

毎月1万円弱をずっとしはらっていたのに、財布の負担が一気に減って「なんて簡単で効果絶大な節約なんだ!」と感心した覚えがあります。

なんせ毎年10万円近くの固定費の節約に成功しているわけですから。

オンライン申込なら初期費用無料♪
+【ウェブ限定】新規のりかえ共に今なら14,400円割引中♪

ワイモバイルの料金プランは大中小の3つでシンプル(2021年2月~)

ちなみにワイモバイルの料金プランは、2021年2月より「シンプルS」、「シンプルM」と「シンプルL」の3つの大中小の分かりやすいプランにリニューアルされました↓

5G対応の新プラン「シンプルS/M/R」

3つのプランの違い シンプルS シンプルM シンプルL
月額料金(税込) 月額2,178円 月額3,278円 月額4,158円
月データ容量 3GB 15GB 25GB
超過制限時の速度 最大300kbps 最大1Mbps
対応通信形式 4G/5G
無料通話 無し20円/30秒
(オプションで加入する形式)

参考:2021年2月~ワイモバイル新料金プラン「シンプルS/M/L」 | Y!mobile公式

プランの違いは月に使えるデータ容量が「シンプルS=月3GB」「プランM=月15GB」「プランR=月25GB」と大中小になっており、もし使い切って通信制限になっても「シンプルMとLは制限時も速度が最大1Mbps(中速)は出る」ので、低画質YouTubeくらいなら通信制限でも視聴する事ができます。

美魔女ママ
ワイモバイルはソフトバンクと違ってプランが3つなのね。どのプランが人気なの?
元量販店スタッフ りょう
一般的なスマホユーザーの月のデータ利用量5GB程度と言われているので、大体の人は真ん中の「シンプルM」で月15GBも使えれば十分でしょう。

プランは後から簡単に変更できるので、迷ったらとりあえずシンプルMを選んで使って、翌月から変更すればいいと思います。

あとは、旧プランでは全てのプランに「10分までかけ放題」が付いてのコミコミだったのですが、現在のシンプルプランには無料通話は最初からは付いていないのでオプションで加入する必要がある点には注意です。

ワイモバイルの2年縛りが完全撤廃!契約期間縛りも違約金もなくなった

2019年10月より電気事業法改正を受けて、ワイモバイルの2年縛りが完全撤廃されました。

ワイモバイル公式ページにも違約金が撤廃されたことが記載されていますね↓


引用:10月1日からワイモバイルがさらに使いやすくなりました。 | ワイモバイル公式

ワイモバイル唯一のデメリットだった「2年縛り」も2019年10月から完全撤廃され、「通信速度」「データ容量」「無料通話」「縛りなし」と完全に死角がなくなりました。

ポイント♪

SBからY!への乗り換えで月額5千円近く安くなる
 
唯一のデメリット2年縛りが2019年10月から撤廃された(重要!)

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えた感想「乗り換えた感じがしない」

ただ乗り換える際に一番心配だったのが「料金が安い分何か品質が落ちるんじゃないか?」という心配です。

が、乗り換えて数日使っての感想は「これソフトバンクと変わらなくないか?」という事でした。

「格安SIMは通信速度が遅かったりでキャリアに戻る人も一定数いる」という話も聞いていたので、いい意味で拍子抜けでしたね。

ワイモバイルの通信速度はソフトバンクと同じく爆速

ワイモバイルの通信速度を測定してみても、以下のように都内で平日の日中で35Mbps以上の爆速通信だったので、動画もサクサクみれますし、通信速度もソフトバンクとほぼ変わらないレベルです↓


ワイモバイルは街中にショップ多くあるので直接聞けるのが嬉しい

また、ワイモバイルは街中に実店舗があるのも他の格安スマホと大きく違うところで、分からなかったり苦情があればワイモバイルショップに行ってスタッフに聞けるのが気持ちの上で大きかったですね。

ここ最近ではソフトバンクショップでもワイモバイルを取り扱っている店舗が増えてきたので尚更です。(格安SIMでここまでショップ(実店舗)がある会社はワイモバイルくらい)

むしろ乗り換え前のソフトバンクと差を感じられなかったので「今まで一体何にお金を払っていたんだ」と不思議な気分になりました。

ポイント♪

ソフトバンクとワイモバイルの品質差は感じないレベル
 
街中にワイモバイルショップがあるので色々安心

ちなみにワイモバイルは2018年のスマホ満足度No1にも選ばれているそうです↓

まあそうでしょうね。

「ワイモバイル=安いソフトバンク」なんだから、他の格安SIMと比べたら満足度が高いのは当然と言えば当然です。

ソフトバンクから乗り換える際の注意点4つ

と、ここまでワイモバイルの回し者かという位に褒めちぎりましたが、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える際に注意すべき事も3つあるので、絶対に乗り換え前には読んでおいて下さい。

注意点➀:ソフトバンクの2年縛りと違約金:旧プランだと残っている可能性有り

追記:
2019年10月より電気事業法改正によりソフトバンクの2年縛り(2年契約+違約金)が完全撤廃されました。

これによって契約後に「思ったのと違った」などで他社乗り換えやりソフトバンクに戻っても違約金等が一切かからないので気軽にワイモバイルに乗り換えられるようになりました♪

ソフトバンクの公式ページにも以下のように「契約期間の縛りなし!違約金なし!」と記載されていますね♪


参考:契約期間の縛りなし・解除料なし | Y!mobile公式

今まではワイモバイルのネックは「2年縛りがある事」だったのですが、ワイモバイルの数少ないデメリットが無くなった事で、「もしワイモバイルがダメでもソフトバンクにのりかえ直せばいい」だけなので気軽にのりかえできるように♪ これは大きいと思います。

ただし、現在ソフトバンクの旧プランを使っている場合には違約金が発生する可能性があります。

これは「ソフトバンクでは2019年10月から2年縛りと違約金が撤廃された」のですが、正確には「2019年10月から後のソフトバンクのプランが2年縛りと違約金が撤廃されている」からです。

それ以前に作られたソフトバンクの旧プランを現在も使っている場合には、旧プランは2年縛り&違約金付の可能性がある訳ですね。

詳しくは以下ページで解説しているので、現在ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えを検討している人は確認してみた方がいいと思います↓

ソフトバンク⇒ワイモバイルに乗りかえる具体的な手順(違約金回避)

2019.10.08

ポイント♪

2019年10月からのプランなら2年縛りも違約金も完全撤廃されている
それ以前の旧プランだと2年縛り&違約金のままの可能性がある

注意点➁:ソフトバンクで購入した端末代のローンは当然残る

2つ目の注意点もソフトバンク側の問題で「ソフトバンクで分割で購入したスマホの残ローンは当然請求される」という点です。

例えば現在ソフトバンクで最新のiPhoneを24回分割で購入し、10回分を返済した状態でワイモバイルに乗り換えた場合を考えます。

するとワイモバイルの乗り換える=ソフトバンクを解約した時点で、スマホ代の残り14回分は解約後にソフトバンクから請求されます。(スマホ本体のローンなのでソフトバンク解約しても当然返済が必要)

この残ローンは分割でも一括でも返済可能ですが、意外と見落としがちなので注意点として解説しました。

ポイント♪

ソフトバンクで買った端末の残債はもちろん残る

注意点➂:ソフトバンク購入のスマホをワイモバイルで使う⇒SIMロック解除を!

ワイモバイルなどの格安スマホへ乗り換える人は「今使っているスマホをそのまま格安スマホで使いたい」という人が過半数です。

しかしワイモバイルでソフトバンクで買ったスマホを使うためには、ソフトバンクでスマホのSIMロックを解除する必要があります。(「SIMロックって何」や「SIMロック解除の条件」はこのページでは割愛します)

ワイモバイルはソフトバンクグループなので「SIMロックの解除なしでソフトバンクのスマホが使えるのでは?」と考えがちですが、以下のワイモバイルの動作確認機種の一覧ページを見ても、ソフトバンク版のスマホでもSIMロックの解除が必要な機種が多いです↓

●他社が販売する携帯電話など
SIMロックが解除されていない製品はご利用いただけません。

「今ソフトバンクで使っているスマホはワイモバイルで使えるの?」という疑問があれば、以下のワイモバイル公式ページに動作が確認されている機種と条件などが記載されているので各自自分のスマホを確認してみて下さい↓

参考:他社が販売する携帯電話をワイモバイルで利用する

ポイント♪

ソフトバンク解約前にSIMMロックは解除すべし

ワイモバイルとソフトバンクの違いは?2社を徹底比較

という事でここまでで、ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えた感じがなんとなく掴めたかと思います。

ここからはワイモバイルとソフトバンクの違いを様々な面から比較してみたいと思います。

2社比較
データプラン シンプルS(月3GB):
月額1,980円

シンプルM(月15GB):
月額2,980円


シンプルL(月25GB):
月額3,980円

メリハリプラン(50GB):
月額8,480円

ミニフィットプラン(月5GBまで使った分だけ):
(~1GB):月3,980円
(1~2GB):月5,980円
(2~5GB):月7,480円

通話料金 20円/30秒
無料通話 全プラン無料通話は無し=必要に応じて以下の通話オプション選択↓

10分までかけ放題『誰とでも定額』:
+月額700円


完全かけ放題『スーパー誰とでも定額』:
+月額1,700円

全プラン無料通話は無し=必要に応じて以下の通話オプション選択↓

5分までかけ放題(準定額オプション+):
+月額800円


完全かけ放題(定額オプション+):
+月額1,800円

最低利用期間 無し(2019年9月より完全撤廃)
2年契約+自動更新
※契約期間を伴わない契約も割高だが有り

まずはプランについて2社を比較していきます。

「大容量プラン」のソフトバンクと「小~中容量&格安プラン」のワイモバイル

そもそも料金が全然違う事は置いておいて、提供しているプランの容量が違うのも2社の違いだと言えます。

ソフトバンク株式会社も決算説明会の資料に以下のように記載している事からも、ソフトバンクは動画ヘビーユーザー向けの「大容量プラン」を、ワイモバイルは「低価格」を推し出している事が分かります↓


参考:2019年3月期 第3四半期決算説明会 | SoftBank株式会社

またワイモバイルで2021年2月よりリニューアルした「シンプルプラン」では、プランMで月容量18GB、プランLで月容量28GBもあるので、ヘビーユーザーでも充分な容量になっています。

最新iPhoneが買えるソフトバンクと、格安型落ちiPhoneが買えるワイモバイル

取り扱っているiPhoneモデルについてもワイモバイルとソフトバンクで異なります。

若者を中心に爆発的な人気のあるiPhoneですが、そもそも販売できるのはAppleの正規代理店に限られるので大手3キャリアと幾つかの格安スマホでしか販売されていません。

ソフトバンクもワイモバイルもそんなiPhoneを取り扱う数少ない携帯会社なのですが、販売しているiPhoneのモデルには以下のように種類差があります↓

2社比較
取扱iPhone ・iPhone12:92,880円~
・iPhone12 mini:78,480円~
・iPhoneSE(第二世代):39,600円~
・iPhone7(販売終了):26,640円~
・iPhone12:110,880円~
・iPhone12 mini:96,480円~
・iPhone12 Pro:137,520円~
・iPhone12 ProMAX:151,920円~
・iPhoneSE(第二世代):57,600円~

・iPhone11:82,800円~
・iPhone11 pro:118,080円~
・iPhone11 ProMAX:132,480円~


・iPhoneXS:124,320円~
・iPhoneXS MAX:137,280円~
・iPhoneXR:93,600円~


・iPhone8:58,320円~
・iPhone7:36,720円~

参考ページ (iPhone一覧) (iPhone一覧)

最新iPhoneはワイモバイルでもソフトバンクでも取り扱いに

2020年までは取扱iPhoneモデルは「ソフトバンク=最新iPhoneモデル」&「ワイモバイル=型落ちiPhone」という差別化をしていたのですが、2021年2月にワイモバイルでも最新iPhone12と12miniの取り扱いが開始されました(詳細は以下ページ参照↓)

ワイモバイルでiPhone12&iPhone12Miniが発売に!どこまで安く使える?

2021.02.25

これによって、ワイモバイルでもソフトバンクでも最新iPhoneが購入できるようになっています。

ただしソフトバンクは取扱いiPhoneの種類が多く、型落ちiPhone7やiPhone8も未だに販売している他、ハイスペック最新モデル「iPhone12 Pro」シリーズも取り扱っている点は違いになります。

ソフトバンクは最新のiPhoneを取り扱っており、Appleの発売直後に購入する事が可能です。しかし代わりに端末代金は10万円を超える機種もあり、端末割引が無くなった現在かなりの負担になります。

リーズナブルなiPhoneモデルに絞って販売しているワイモバイル

対してワイモバイルは数年前に発売されたいわゆる型落ちiPhoneを販売しており、端末代金も安い事が多いです。タイムセールで大幅割引も定期的に行っているのでチェックしてみるといいと思います↓

参考:ワイモバイルのタイムセール

また、ワイモバイルでは新規契約と他社からののりかえ(MNP)で最大18,000円の端末値引きも期間限定キャンペーンとして行っているのでコスパ重視の「iPhoneSE(第二世代)」「iPhone12」「iPhone12 Mini」を買うならワイモバイルの方が安いケースが多いです。

また2020年春発売の新しめのiPhoneSE(第二世代)がワイモバイルのラインナップに加わっているので、「安くそこそこいい性能のiPhoneを持ちたい」という場合にうってつけです↓

驚異的コスパ!ワイモバイルで2020年格安iPhoneSE2が発売に!しかも安い!

2020.08.26

僕もiPhoneSE(第二世代)を購入しましたが、値段の割に最新モデルに近い性能なのでかなりコスパの良いのでiPhoneデビューや機種変更で迷っているならお勧めできます。

一見ソフトバンクとワイモバイルで一長一短に見えますが、ワイモバイルでもAppleで最新iPhoneを定価で買って持ち込む事で使えるので、総合的にはワイモバイルにした方が良いユーザーの方が遥かに多いと思います。

オンライン申込なら初期費用無料♪
+PayPayボーナス3,000円が貰える♪


安いソフトバンク=ワイモバイルを確認してみて↑