ワイモバイルで手持ちiPhoneを使う方法♪ドコモauSoftBankのSIMロック版

ワイモバイルで手持ちiPhoneを使う方法♪ドコモauSoftBankのSIMロック版

2019年10月より電気事業法の改正によって、ドコモauソフトバンクからの解約金が1,000円になりますね♪

現在大手3キャリアを使っている人は、ワイモバイル等の格安SIMへ乗り換えるために今まで1万円以上の違約金を支払う必要があったのですが、10月以降は気軽にのりかえ可能になります。

特にソフトバンクグループの『ワイモバイル』はPayPay等で勢いがあるので、10月以降にワイモバイルにのりかえるという人は多いと思います。

特に「今大手キャリアで使っているiPhoneに、ワイモバイルのSIMカードだけ契約して差して使う」という”iPhone持込み”のニーズは多いですね。

しかしワイモバイルでキャリア版iPhoneを使うには、どのモデルでも絶対にSIMロック解除が必須なので注意ですよ。

約2週間後に10,000円振込特典+相談で+5,000円も可!
ヤングモバイルのバナー
ワイモバイルに直接申込は勿体ないかも…ワイモバイルの特典窓口"ヤングモバイル"♪



結論から述べますと、ドコモやau、ソフトバンクで購入したiPhoneは6s以降であればワイモバイルで利用可能です。

実はワイモバイルの公式ページに「他社のスマホの動作確認チェック情報」が記載されており、以下のように大手キャリア3社のiPhoneは「6s以降のモデル」&「SIMロック解除済み」であれば、動作がワイモバイル公式で確認されています↓

ワイモバイルでの動作実績 docomo_ロゴ
ドコモ版iPhone
au_ロゴ
au版iPhone
ソフトバンク_ロゴ
SoftBank版iPhone
Apple_ロゴ
AppleのSIMフリー版
iPhone11
iPhone11 Pro
iPhone11 ProMax
SIMロック解除済なら動作OK 動作OK
iPhoneXR SIMロック解除済なら動作OK 動作OK
iPhoneXS
iPhoneXS Max
SIMロック解除済なら動作OK 動作OK
iPhoneX SIMロック解除済なら動作OK 動作OK
iPhone8
iPhone8 Plus
SIMロック解除済なら動作OK 動作OK
iPhone7
iPhone7 Plus
SIMロック解除済なら動作OK 動作OK
iPhone SE SIMロック解除済なら動作OK 動作OK
iPhone6s
iPhone6s Plus
SIMロック解除済なら動作OK 動作OK
iPhone6
iPhone6 Plus
×(動作未確認/公式SIMロック解除不可機種) 動作OK
iPhone5s
iPhone5c
×(動作未確認/公式SIMロック解除不可機種) 動作OK

上記のようにドコモauソフトバンクで販売しているiPhone6s以上のモデルであれば、各キャリアでSIMロックを解除する事でワイモバイルのSIMカードを差して使えるようになります。

もちろんAppleで販売しているSIMフリー版iPhoneであれば、もちろんそのままワイモバイルで利用可能です。(最新のiPhone11シリーズも動作確認されています。自分もiPhone11Proをワイモバイルで今使っていますが)

SIMロック解除が出来ないキャリア版iPhone6やiPhone5sはワイモバイルでは利用不可

ドコモやauソフトバンクのiPhoneの中でも2015年5月頃にSIMロックの解除が義務化される前に発売された「iPhone6」や「iPhone6 Plus」「iPhone5s」「iPhone5c」は、残念ながらキャリアでSIMロック解除が不可なのでワイモバイルでは使う事が出来ません。(ワイモバイルのSIMカードを差しても「SIMが無効です」と表示され利用できない)

ワイモバイル公式の「接続実績のある他社端末」ページにもキャリア版のiPhone6以前のモデルの記載はありません。

参考:接続実績のある他社端末 | ワイモバイル公式

もちろんAppleで販売しているSIMフリー版であればiPhone6でも5sでもワイモバイルのSIMカードを差せば使えます。

ソフトバンク版iPhoneも全てSIMロックの解除が必須

前記の表を見て違和感がある人もいるかもしれませんが、ソフトバンク回線を使っているワイモバイルで、ソフトバンク版のiPhoneも全てSIMロックの解除が必須となっています。

通常「ソフトバンク回線ならソフトバンク版iPhoneはSIMロックを解除せずに利用可能」なケースが多いのですが、ワイモバイルはキャリア版iPhoneは全てSIMロックを解除しないと利用できないので注意ですね。

ドコモauソフトバンク版iPhoneのSIMロックの解除方法

「SIMロックって何?」という声もあるかもしれないので、簡単にSIMロックについての説明と解除方法の説明を。

「SIMロック」とは大手3キャリアのユーザー囲い込みの縛り設定

SIMロックとは、ドコモauソフトバンクそれぞれで設定している「他社の回線で使えなくする縛り設定」の事です。

例えばソフトバンクで購入したiPhoneには「ソフトバンクのSIMロック」が設定されており、他のドコモ回線やau回線では使えないようにわざわざ設定されています。

ワイモバイルではSIMロックが掛かっているスマホは利用不可なので、今使っているiPhoneをワイモバイルに持込み利用する場合には、のりかえ前にキャリアでSIMロックを解除してもらう必要があります。

つまり「SIMロック」とは、ドコモauソフトバンクが他社にお客が逃げないように勝手に設定している縛り設定で私たちユーザーからすると「百害あって一利なし」なんですね。(なので2015年5月より総務省が指導を行い、希望者にはロック解除する事を義務付けました)

ドコモauソフトバンクのSIMロック解除方法

SIMロックの解除方法は、大きく分けて2つの方法があります↓

SIMロック解除の方法2通り

「キャリアのショップで3,000円の手数料を払ってスタッフにやってもらう」
「キャリアのマイページから自力で解除する(無料)」

2つ目の自力でのSIMロック解除は難しそうに感じますが、iPhoneの場合は「設定」>「一般」>「情報」に記載されているIMEI(端末ごとの15桁の製造番号)をマイページから入力するだけなので5分くらいで終わります。

またSIMロックを解除するには「分割購入の場合購入から100日以上が経過している」などの条件もあるので、詳しくは各キャリアの公式ページを参考にしてみて下さい↓

SIMロック解除の手続き | ドコモ公式

SIMロック解除のお手続き | au公式

SIMロック解除をする場合、手続き方法を教えてください。 | SoftBankサポート

SIMロック解除後のワイモバイルへののりかえ手順

具体的に今使っているキャリアからワイモバイルへのりかえる手順は以下のようになります↓

【手順1】
キャリアのマイページなどからiPhoneのSIMロックを解除(10分)
【手順2】
今の携帯会社⇒ワイモバイルへ電話番号を引き継いでのりかえ(MNP)の場合には、今の携帯会社の専用ダイヤルに電話して「MNP予約番号」を発行してもらう
【手順3】
ワイモバイル公式ページから申し込み、SIMカードのみを契約する。
【手順4】
後日届くワイモバイルのSIMカードを今使っているiPhoneに差せばのりかえ完了

要は「SIMロックを解除」⇒「電話でMNP予約番号発行」⇒「ワイモバイル申込」⇒「届いたSIMカードをiPhoenに差す」の1本道の流れです。

ちなみにワイモバイルはiPhoneを格安でセット購入できることでも有名

ここまでは今使っているiPhoneをワイモバイルで使う方法について説明してきましたが、ワイモバイルで販売している格安iPhoneをセット購入するというのも手です。

というのもワイモバイルはソフトバンクグループなので、ソフトバンクで販売終了した型落ちのiPhoneを格安でワイモバイルで販売しているからです。

2019.8時点でのワイモバイル取扱いiphoneモデル

2019年10月以降は電気事業法改正によって「端末割引は2万円まで」という規制がかかりますが、2019年9月までにはiPhone6sやiPhoneSEが実質0円でセット販売されていた時期もありました。

また、ワイモバイルは今使っているスマホの下取りプログラムもあるため、「最新のiPhoneじゃなくていいから安くiPhoneが欲しい」という人はセット購入がベストとなっています。

参考:下取りプログラム | ワイモバイル公式

ワイモバイルで格安でセット購入できるiPhoneについての情報は以下のページでまとめているので参考にどうぞ↓

ワイモバイルのiPhone情報♪『6s』実質500円や『7』2万円特別割引等

2019.08.28