ドコモのキッズ携帯からキッズスマホへ…iPhoneへ機種変更は高い!

ドコモのキッズケータイからキッズスマホへ…iPhoneへ機種変更は高い!

美魔女ママ
うちの子がキッズ携帯を卒業してスマホを持たせようと思うんだけど、私と同じドコモで機種変更すれば良いのかしら?
元量販店スタッフ りょう
保護者がドコモやau、ソフトバンクの場合、子供のスマホも同じ会社で機種変更しがちですよね。
 
選択肢はこんな感じでしょうか↓
  1. 学割で同じドコモのスマホに機種変更する
  2. 子供だけ格安スマホにする
  3. 自分も子供も格安スマホにする
美魔女ママ
格安スマホ…難しい事は分からないし、初心者には大変じゃないかしら。
 
夫も私もドコモなんだけど子供もドコモならファミリー割とかで安くならないの?
元量販店スタッフ りょう
学割もファミリー割も焼け石に水程度です。
 
今回は➀のドコモで機種変更してのスマホデビュー時の料金はどれくらいになるかを調べました。

小中学生の初スマホで迷ったらコレ♪
月額1000円で使える学生用の格安スマホ『トーンモバイル』↓

TONE
学割キャンペーン期間中♪ 3ヶ月500円割引中の今が狙い目♪
トーンモバイル公式で確認を↑

まずは一番簡単そうな『保護者と同じドコモ(au/ソフトバンク)のまま学割でスマホへ機種変更』についてみていきますよ。

ドコモやau、ソフトバンクではキッズ携帯からのスマホデビューとして一般向けのスマホやiPhoneを推して販売していますが、学割を適用してもスマホ代は大人と同じくらい高いです。

ドコモでキッズ携帯からのスマホデビュー一番人気はiPhone!

例えばドコモのキッズ携帯からスマホデビューする場合、一番人気があるのはiPhoneシリーズだそうです。

iPhone8

2019年時点ではジュニアスマホは受付終了しているので一般向けスマホしか選択肢はありませんが、特に最初のスマホとしてiPhone8へ機種変更する割合が多いとの事です↓ (ドコモ統計)

子供に買ってあげたスマホ機種で一番多いのがiPhoneで61%

美魔女ママ
61%もiPhoneを買ってあげてるんだ…

ドコモでキッズ携帯からiPhone8へ機種変更すると結構高い

当然iPhoneはAppleブランドの高級スマホです。

36回分割購入にすると分かりにくいですが、旧モデルのiPhone8(64GB)でさえも、本体価格は58、520円も掛かります。

iPhone8(64GB)の本体価格は端末割引も廃止され、58520円と結構いいお値段に

2019年10月より端末割引「端末サポート」も法改正により終了してしまい、36回まで薄めて分割ローンした時の月額料金の内訳は以下のようになります↓

ドコモでiPhone8へ
機種変更時の料金内訳
~1GB 1~3GB 3~5GB 5~7GB
ギガライト 2,900円/月 3,980円/月 4,980円/月 5,980円/月
通話オプション無し
(通話料は2,400円/1時間)
0円/月
iPhone 8(64GB) 1,625円/月×36ヶ月
廃止 月々サポート
(端末割引)
-2,225円/月×24ヶ月
(合計月額) 月額4,903円 月額6,003円 月額7,103円 月額8,203円

上記のようにドコモでは2019年秋よりスタートした従量制プラン『ギガライト』によって、使った分だけ料金が変化するようになっています。

ドコモの従量制データプラン「ギガライト」の料金の変動

またドコモなどの従量制プランを提供している会社の多くが、表記価格として従量制プランの~1GB時の最低利用時の料金で計算しているため、実際の請求額と大きく異なる可能性が高い点には注意が必要です。

実際に子供が月1GB未満で収まる事はほとんどないでしょうし、学生平均の5GBを超えた場合には最終請求額は8,203円/月と非常に高額になります。(表記は月額4,903円ですが)

ドコモでiPhone8(64GB)を36回分割で購入時に、ギガライトで7GB利用時の月額料金シミュレーション結果
美魔女ママ
子供のスマホ代で月8万円以上は高すぎない?
元量販店スタッフ りょう
どう考えても高いですよね。
 
ドコモも従量制プラン(使った分だけ料金が掛かるプラン)になった事で、「最低価格(~1GB)で安く見えたけど使ってみたら高かった」みたいなパターンが多く起こりそうです…

(以下のドコモのページで料金をシミュレーションする事ができるので気になった方は自分で試してみて下さい)

参考:料金シミュレーション | docomo

学割は毎年2月~5月末までで終了!割引しても月額5,000円以上は掛かる

ドコモの学割2019

「学生=学割で安く使える」というイメージがありますが、最近では学割を適用してもそんなに安くなりません。

例えば2019年のドコモの学割の割引額は1,500円割引×12ヶ月間ですが、上記の1万円近い月額料金になるので、割引率で考えるとそんなに高くないのが分かると思います。(ちなみに280円で使える訳ではありません)

ドコモの学割2020だといくらで使える?学割の期間や条件・プラン料金まとめ

2018.12.07

また学割は例年5月末までしか実施しておらず、6月以降になると翌年2月までは学生でも学割無し(一般と同じ料金)となる点にも注意が必要です。

ドコモのファミリー割はFOMAのみなのでiPhoneは割引なし

ドコモのファミリー割引はFOMAのみ25%基本利用料金が割引

ドコモにはファミリー割という家族割引があり、家族でドコモを使う事で「基本使用料25%OFF」という大きな割引を受けることが可能になっています。

しかしファミリー割引の対象はFOMAのみとなっているので残念ながらiPhoneを利用した場合にはファミリー割引はありません。

FOMAの基本使用料が25%OFFになります。

ただ、家族がドコモ同士だと家族間の通話料金が無料になる点はメリットなので、090や080の携帯電話番号での家族通話が多い場合には、メリットも多少はあります。

ドコモの家族割『ファミリー割引』スマホは得無し?条件や無料通話

2019.02.06

ちなみにキッズケータイは12歳までしか使えない

現在子供がドコモのキッズケータイシリーズやドコッチを使っている場合、これらの基本プランである『キッズケータイプラス』は12歳までしか利用できない条件がある事に注意しましょう。

なので中学生になると強制的に一般のスマホへ機種変更するか、格安スマホへ乗り換えるかを決める必要があるでしょう。

前記の通りドコモで最新iPhoneへ機種変更した場合には、月1万円弱の請求になる可能性も十分にあります。

個人的にはキッズ携帯を卒業したらスマホは格安スマホへ乗り換えてしまった方が圧倒的に節約できるのでお勧めですね。

子供のスマホに迷ったらコレ♪
月額1000円で使える学生向け格安スマホ『トーンモバイル』↓