キッズスマホ選び『ミライエ f』と『トーンモバイル』料金と性能比較

安心で安いキッズスマホ選び_ミライエfとトーンモバイルの料金と性能比較
美魔女ママ
小中学生に大人向けのiPhoneを持たせるのって色々心配だわ
しっかり子供の使い過ぎを制限できるキッズスマホってないのかしら?

元量販店スタッフ りょう
確かに近年ドコモauソフトバンクは一般向けiPhoneを子供に勧めていますから正直感心できませんね。
 
特に小中学生の場合は、制限機能が付いたキッズスマホが必要です。
元量販店スタッフ りょう
2018年現在auのミライエfも優秀ですが、料金面が月額4000円以上と高めなので、キッズスマホは総合的に見てトーンモバイル1強です↓

安心 簡単 安い 3拍子♪

TONE
トーン公式ページで確認してみて♪
5.000円割引キャンペーンの今が狙い目!

結論から述べると、2018年時点でキッズスマホ(=子供向けに保護者側で機能を制限することが出来るスマホ)は子供向け格安スマホの「トーンモバイル」が圧倒的にお勧めです↓

子供のスマホの選び方_トーンモバイルの3つの特長

他にも大手3キャリアでは唯一auが「ミライエf」という機種を販売しており、2018年時点でキッズスマホはauの『ミライエf』と、格安スマホの『TONE(トーン)モバイル』の2種類のみとなっています↓

キャリア キッズスマホ機種 受付/発売日
ドコモ スマートフォン for ジュニア2 SH-03F ×終了
/2014年2月
au miraie f
(ミライエフォルテ)
〇現在契約可
/2017年1月
ソフトバンク – (キッズスマホは発売していない)
トーンモバイル m17 〇現在契約可
/2017年7月

情報源:子供にジュニアスマホ/キッズスマホならどこ? ドコモ,au,ソフトバンク比較

ドコモとソフトバンクはキッズスマホは販売していない

また、ドコモの『スマートフォンジュニア』シリーズは販売終了しているので契約できませんし、ソフトバンクはそもそもキッズスマホを発売していないので、2018年現在はauとトーンの2択となっています。

auのキッズスマホ「ミライエf」は結構高い…

しかしauのキッズスマホ「ミライエf」は月額4,000円以上のスマホ代が掛かり、契約は”2年縛り”が前提となっています。(以下はauのミライエfの料金シミュレーション結果です↓)

auのキッズスマホ「ミライエf」の料金シミュレーションで月額税抜4100円という結果に
情報元:miraie f ご利用料金シミュレーション | au

また、中学生以上になると一般向け料金に変更になるので更にスマホ料金が高くなるため、キッズスマホとしてはコストパフォーマンスが良いとは言えません。

唯一の子供向け格安スマホ「トーンモバイル」が圧倒的トップ

先程出てきましたが、「トーンモバイル」という子供に特化した格安スマホが料金面、機能面共にキッズスマホNo1です。(TSUTAYAでやっている格安スマホです)

トーンモバイル(TONEモバイル)

スマホ代も格安スマホというだけあって、月額1,000円(スマホ本体代込で2千円程度)で使えるので家計が助かります。

トーンモバイルの基本料金は月額1000円

何より『TONEファミリー』と呼ばれるペアレンタルコントロール&フィルタリング機能が非常に優秀です↓

この見守り機能は「全国子ども会連合会」や東京都を含む「九都県市」にも推薦されるなど国内でも最高峰の見守り性能となっているので、「スマホ依存症」など子供の安全を考えるならベストと言えます。

全国子供会連合会推奨商品

しかも保護者側で子供の学年に応じて制限を緩めていくことで、キッズスマホとしてだけでなく高校、大学とずっと使い続けられるので一番安く済みます。

ミライエfのペアレンタルコントロール機能は完璧

月額4,000円ちょっと掛かっても良い場合には、auブランドの『ミライエフォルテ』がキャリア唯一のキッズスマホとなります。

現在保護者がauを使っており、子供が小学校中学生くらい+月額4,000~5,000円で許容できるのであれば、ミライエfは充分使っていける性能です↓

auのキッズスマホ「miraie f」メーカー京セラ
参考:miraie f | 京セラ

ミライエfのフィルタリングや制限性能は、各社のフィルタリングサービスなどと比較しても高いレベルにあります。

ミライエfの4性能

ウェブ&アプリフィルタリングは学年選択で簡単設定

子供がブラウザで検索した時にアダルトや違法サイトなどの有害サイトを表示しないようにする”ウェブフィルタリング”は勿論の事、適さないアプリも自動でブロックする”アプリフィルタリング”もあります。

ミライエfのウェブ&アプリフィルタリング機能

また「小学生」「中学生」「高校生」の3種類のモードを選択する事で、簡単に適した強さのフィルタリング設定になるため、保護者側で難しい設定をする必要が無いのも嬉しいです。

ミライエfの学年に合わせた3段階のフィルタリングレベル選択機能

スマホ自体の利用時間を家族のルールで決めて設定できる

個人的にはここが一番重要だと思っていますが、特に学年が低いほど子供にスマホを持たせる際に親子でルールを決める必要があります。

「夜は9時まで」とか「一日●時間まで」とかスマホ自体が使える時間を設定できるので、親子で決めたルールがそのままスマホに設定できます。

ミライエfのスマホ利用時間制限機能が優秀

また保護者側で許可したアプリだけを起動できるような設定も可能なので、「連絡用にスマホは使わせたいけどゲームばかりさせたくない」などにも柔軟に対応可能です。

ミライエfのアプリ利用制限機能

防犯機能&居場所確認もできるのでキッズ携帯としても

まだまだ防犯機能は欲しいという需要にも対応しており、キッズ携帯と同様に「防犯ブザー」や安心ナビの「居場所の確認機能」もあります。

ミライエfの防犯ブザー機能

またセコムによる通報駆けつけサービスもあるので、万が一の緊急時にも対応できます。

ミライエfのセコム駆けつけサービス

アプリ利用チェッカーで子供のスマホ利用状況を確認できる

毎日子供がどれくらいスマホを使ったのか・何を多く使っているのかを保護者側で円グラフで確認することが可能です。

ミライエfのアプリ利用チェッカー

miraie fは中学生でも使えるデザインに!

キッズスマホというと中学生以上になると「デザインがかっこ悪い」などで使いにくいものもありましたが、auのミライエfは「子供が成長しても使えるような大人が持っていても違和感のないデザイン」に作られているとの事。

ミライエfのカラーバリエーションは3色

メーカーは京セラで、キッズデザイン賞も受賞しています。

カラーバリエーションも「スカイブルー」「スノーラベンダー」「リーフグリーン」の3色があり、一般向けエントリースマホと遜色ないデザインになっています。

ミライエf最大のデメリットは料金が高い事!

ここまで機能やデザイン面では子供向けのスマホの中でもトップレベルで素晴らしいのですが、問題は料金面です。

ミライエfの本体価格は「miraieおトク割」で1万円割引適用後で21,600円となっていますが、auのキッズ携帯『マモリーノ』シリーズからミライエfへ機種変更した場合には『mamorino→miraie 交換プログラム』で更に24,000円の割引となり本体価格は実質無料となります。

miraieおトク割
mamorino→miraie 交換プログラム

しかしミライエf専用プラン『ジュニアスマートフォンプラン』が2年縛りの”誰でも割”適用時で月額3,620円+税が掛かるためLTE NETや本体代と併せて月額4,100円+税が掛かります。

ジュニアスマートフォンプラン(月2GB上限)
※誰でも割適用時
3,620円/月
LTE NET 300円/月
ミライエf本体価格 600円/月×36回
毎月割 -420円/月×36回
合計月額 4,100円/月

※全部税抜表記

という事で月額4,100円+消費税という月額スマホ料金で月データ容量2GBが使えます。

ミライエfは子供向けスマホなので一般向けスマホと比べれば料金は比較的安い部類ですが、やはり格安スマホと比べると若干高い感は否めません。

また、本体代金の36回分割払いで3年縛りになる点には注意が必要です。

最大の問題は中学生以上だと一般料金になってしまう事

更に月額4千円ちょっとならまだ良いのですが、ミライエfの専用プランである『ジュニアスマートフォンプラン』は小学生までしか加入できません。

auのジュニアスマートフォンプランの公式ページにも確かに記載されていますね。

auのジュニアスマートフォンプランには「小学生以下のお子様が対象です」と記載されている
参考:ジュニアスマートフォンプラン | au

以下のページで実際に問い合わせたところ、「中学生になると一般向けのプランに加入しなればならない」というau側の正式な回答が得られたようです。

公式サイトに中学生以上でミライエフォルテを使う場合の料金について記載が無かったのでauへ問い合わせてみましたが、以下のように中学生以上が使う場合一般向けのスマホ代が適用されるとの事です。

つまり中学生以上でミライエfを使う場合、従量制のピタットプランなどが適用+通話プランにも加入必須なので、本体代0円で一般向けスマホを契約しているのと同じ料金になり割高になります。

auの従量制プラン「ピタットプラン」

料金的に見ても最新iPhoneを契約するのとそんなに分からない位の料金になるので、正直中学生上でauのミライエfへ機種変更するメリットは薄いと言えます。

せっかく機能もデザインも優秀なミライエfですが、料金面では小学生までしか使えない+2年縛りなのでマモリーノからの機種変更は微妙です。