トーンモバイルの「親子の約束」で家族ルールをスマホに簡単設定♪

親子の約束
美魔女ママ
子供がスマホを使いすぎないか心配で…
 
TSUTAYAのトーンモバイルってスマホを持たせようかと思うんだけど、どんな風に家族でルールを決めればいいのかしら?
元量販店スタッフ りょう
トーンモバイルには「親子の約束」という便利機能があって、親子で話し合って決めたスマホのルールを専用の用紙に記入⇒スマホで撮影すると自動でその内容が制限設定されるんです。
美魔女ママ
何それ!?
元量販店スタッフ りょう
今回は、家族会議で決めたスマホルールをトーンスマホに一発設定できる「親子の約束」について解説していきます。

安心 簡単 安い 3拍子♪

キッズ携帯の代わりにトーンモバイルの見守りスマホが人気
キッズ携帯代わりにトーンの見守りスマホで防犯対策できる時代♪
学割+半年無料キャンペーンが重なる今が狙い目♪

トーンモバイル(TONEモバイル)

子供向け格安スマホとして定評のあるTSUTAYAの『トーンモバイル』ですが、2017年夏に発売された『TONE m17』から追加された『親子の約束』という機能をご存知でしょうか。

『親子の約束』では親子で決めたスマホを利用する際のルールを、以下の専用の用紙に記入して親と子それぞれが署名します。

「親子スマホの約束」の専用用紙

各項目が利用できる時間をそれぞれ決めたり、「スマホ本体を夜10時~朝6時までは使えない(TONE×VERY宣言)」という設定も可能です。(ここに無いアプリも後述の方法で設定可能)

そして子供がトーンファミリーというトーンスマホの制限モード下にある状態で、保護者側のスマホにインストールした管理アプリ「TONE見守り」を起動してカメラで用紙を撮影して取り込む事で、子供側のトーンスマホに自動で用紙に記載された親子ルールが設定されるという機能です。

親子の約束の使い方

実際に親子でスマホの使い方・ルールを決めるまでには至っても、その後に子供のスマホにそのルールを制限設定するのって意外と苦戦するんですよね。

そんなトラブルや手間もトーンモバイルの「親子の約束」機能を使えば無くなるという訳です。

参考:TONE『スマホ親子の約束』用紙PDF

機能以前に親子でスマホの利用についてしっかり話し合おう

ご存知の通り、子供にスマホを買って持たせるという事は以下のように様々なリスクがあります↓

子供のスマホ5つのリスク

学年が上がってもまだまだ自制心は子供です。スマホを持たせる際には、必ず親子で話し合って「親子のスマホルール」を決めて子供のスマホに必要な制限をかけたり、子供の利用状況をチェックしてあげて下さい。

親子のルールや考え方に関しては以下のページでも解説しているので参考にしてみてもいいかもしれません↓

小中学生のスマホは親子のルール決めを!18の約束から学ぶ依存症防止策

2018.09.30

トーンモバイルの『親子の約束』はママの意見から生まれた機能

実はトーンモバイルの『親子の約束』機能はママモニターの意見を基に実装された機能でもあります。

トーンモバイルは2017年の7月より子育てママのバイブル”VERY”と「ママが子どもに持たせたい」と思うスマホの開発を進めており、その時のママさんたちの意見から『親子の約束』という機能が生まれました。

何より「親子の約束」の用紙には”親”と”子”の両方の署名が必要となるので、必然的に親子でスマホの使い方についてコミュニケーションの機会ができるのが一番のメリットかもしれませんね。

子供の言い分もしっかりと聞いてあげた上で、双方の同意の上での制限設定が自動でできるのはかなり便利だと思います。

『親子の約束』で設定できるアプリ一覧

ちなみにトーンモバイル『親子の約束』の専用用紙の一番下には、個別でアプリのルールも決める事ができます。以下の22個のアプリ・サービスなら番号を指定して同じようにカメラから取り込んで自動設定する事が可能です↓

01. Chrome(ブラウザ)
02. メッセージ(SMS)
03. TSUTAYAアプリ
04. Yahoo!Japan
05. Yahoo!天気
06. Yahoo!乗換案内
07. LINEカメラ
08. LINE MUSIC
09. Instagram
10. Twitter
11. Mix Channel
12. スノー
13. LINE ディズニーツムツム
14. モンスターストライク
15. パズル&ドラゴンズ
16. Pokemon GO
17. 妖怪ウォッチ ぷにぷに
18. クラッシュロワイヤル
19. QRコードリーダー
20. テレビ
21. おサイフケータイ
22. 設定
個別アプリの制限をしたい場合の記入方法

実際に『親子の約束』でTONEスマホに設定してみた

という事で実際に『親子の約束』の用紙をプリントアウトして、本当にそんな簡単にできるのかを試してみました。

※事前に準備としてトーンファミリーの設定が必要なので以下のページを参考に設定を済ませておく必要があります↓

TSUTAYAのトーンファミリーで出来る制限とTONE見守り初期設定方法

2019.04.10

まずはコチラから専用の用紙のPDFをプリントアウトして、利用可能時間を書き込みます↓

➀親子の約束の用紙に決めたことを記載する

そのまま保護者側のスマホに事前にインストールした遠隔設定アプリ「TONE見守り」を起動し、子供のアカウントに表示されている「親子の約束」をタップします。

➁保護者のスマホにインストールした「TONE見守り」アプリ内から「親子の約束」を選択

するとカメラが起動するので先ほど記載した用紙を撮影します↓

➂親子の約束の用紙を撮影する➃用紙の内容を確認(字が汚すぎて微妙に違う)

どうやら字が汚すぎて?うまく取り込めなかったようです 笑

各項目は手動で修正できるので、合ってない箇所はその場で修正します。ちなみに「使っていい時間帯」ではなく「1日に使える総時間」で指定する事もできるみたいですね↓

➄必要に応じて各項目の利用可能時間を手動で修正➅ちなみに利用時間帯ではなく利用総時間でも設定可能だった

あとは下の青い「設定」ボタンをタップすれば、子供のTONEスマホに設定が反映されます。

ホントに簡単で子供との話し合いさえ終わってしまえば用紙を設定に反映するまで5分くらいでできました♪

夜使わない約束を1ヶ月守り切ったら「高速チケット1GB」のご褒美が毎月貰える

トーンモバイルでは2018年1月より、「TONEファミリー」で1ヶ月間、夜10時~朝6時まで使わない設定を毎日継続している方を対象に、ご褒美として翌月に1GB分の「高速チケット」を付与するサービスを毎月行っています。

この度、「中学生になるまでは、夜10時から朝6時まで、TONEのスマホは使いません!」とお子さま自ら宣言する「TONE×VERY」宣言を受けて、1ヶ月間”夜使わない設定”を守った方に、「高速チケット」1GBを毎月プレゼントするサービスを開始いたします。

TONEモバイルは子供のスマホを女性誌”VERY”と共同開発しており、「中学生になるまでは、夜10時から朝6時まで、TONEのスマホは使いません!」と子供自らが宣言する『TONE×VERY宣言』というものがあります。(親子の約束の用紙の一番上の項目ですね)

この「夜の時間にスマホを利用しない」という宣言を1ヶ月間守ることが出来た場合に、動画やアプリダウンロードなどが高速でできる『高速チケット1GB分』が翌月に貰えるというサービスを2017年12月より実施しています。(条件を毎月満たせば高速チケットも毎月貰える)

トーンモバイルの通信速度は中速無制限となっており、Wi-Fiなど無しの環境で動画やアプリのダウンロードなどを行う場合に必要になってくる『高速チケット』は通常1GBあたり300円で追加課金する事で得られます。

これが毎月得られるチャンスがあるのは結構お得感ありますね。ちなみに利用者の年齢関係なく、条件を満たせば翌月に高速チケットを受け取る事が出来ます。(詳細は以下の公式ページ参照)

”夜使わない設定”で「高速チケット」1GBプレゼントのサービス開始のお知らせ

高速チケット1GBプレゼントの、受け取りを許可する方法を教えてください。