iPhone13Proカメラレビュー!シネマティックモードやマクロ撮影こんなもん

iPhone13Proカメラレビュー!iシネマティックモードやマクロ撮影こんなもん

2021年9月にiPhone13シリーズが発売されましたね

2021年のiPhone13シリーズの中でも、カメラ性能が進化したと言われる「iPhone13 Pro」が届いたので早速カメラ試してきました

iPhone13シリーズの目玉機能と言えば『シネマティックモード』ですよね。

「シネマティックモード」は動画撮影時の被写体変更でのピントが映画のように自動調整される機能で、13シリーズの4モデルから搭載された動画撮影機能です。

実際に撮影してみたのがこんな感じ↓(強風により音量注意です)

 
 
適当なシーンを撮ったのでその辺は残念な感じですが、「シネマティックモード」の特長である「近くの被写体」と「遠くの被写体」とのピントの自動切替がハッキリしていますね。

肉眼のピント調整に近い感覚なので、撮影していて全く違和感がなかったです。

使い方はカメラ起動時の「写真」モードの切り替えに「シネマティックモード」が追加されているので切り替えるだけです↓

シネマティックモードは×1.0倍のみで、撮影しながらf値を調整可能でした。

ビデオ撮影中ののズームもかなり遠くまで!ブレも少ない

そして海鳥を撮影していて気が付いたのが、かなりズームの拡大倍率と制度が上がっているという点です↓

 
動画撮影で最大3.0倍のズームに対応したようで、肉眼だと点のように小さい鳥の移動もしっかりとらえられていますね。

「マクロ写真撮影」で接写でボケない!

他には新たにiPhone13Proシリーズにだけ搭載された機能に「マクロ写真撮影」があります。

Appleによると「マクロ撮影は2cmの接写でもピントが合わせられる」との事で、2cm=接写が可能になったらしいのでiPhone12ProとiPhone13Proで「どこまでズームで近づけるか」を比較してみました。

ここは普通「花」とかでやるんでしょうけど、このページを書いている日は雨なのでまさかの室内のカフェを選択(;´・ω・)

もうここははっきりと違いが見て取れますね。比較対象のiPhone12Proも2020年時点で最高レベルのカメラ性能でしたが、接写ではかなり差があります。

上記画像のiPhone13Proの方はここまで近づけてもまだ余裕がありましたが、この時点でほぼレンズと被写体がぶつかるくらいの距離です。

ちなみに自分の手の皮膚をほぼ0距離で接写したらこんな感じにキモいくらいに細かく写ります↓

トゲ刺さったら虫眼鏡の代わりに使えるレベルですね、これは…

今回はカメラ性能部分のレビューなので補足にはなりますが、「Pro Motion」がヤバいです!!(語彙力)

普通にネットサーフィンでページスクロールしているだけでも感じますが、もう画面がヌルヌル動きます。

特に破壊力を感じるのがゲームアプリですね。

まとめ:iPhone13 Proは「カメラがキレイ」というより「カメラを楽しむ」モデルに

という事で全然レビューになってない感がありますが、iPhone13Proのカメラで遊んでみた感想です。

正直「シネマティックモード」や「動画で高倍率ズーム」が撮影時に必要かというと、使う場面も限られる機能で既存のカメラ性能でも充分だと思うんです。(マクロ撮影は普通にありがたい)

ただ、撮影している中で今までの自分の撮影よりも上手く取れたり、シネマティックモードなど体験した事のないような撮影ができたりと、撮影する事自体が楽しいと感じました。

自分は正直「カメラなんてそれなりの写真が取れればいいでしょ」スタンスのただの”新しもの好き”ですが、今回のレビューで趣味でカメラを楽しんでいる人たちの気持ちがちょっと分かりましたね。

撮影してたらもっとバエる景色はないかとか、どうやったらもっと迫力あるものが撮れるかとか、あれこれしてたら数時間が経っていましたね。

ここまでくると、「写真や動画を撮るための道具」という以上に「撮影というエンタメ体験」みたいな色が強いのかも。

もしかしたらiPhone13Proなどをきっかけに、カメラ等に興味を持って趣味として入門する人も増えるんじゃないでしょうか。


実はおうちから24時間申し込みできます♪

待ち時間なし♪頭金なし♪24時間申込可♪