【学生子供向け】LINEモバイルはクレカ以外の支払方法で契約可能

LINEpayカードのブラウンデザイン

美魔女ママ
子供の格安スマホだとLINEモバイルが人気なのね。
元量販店スタッフ りょう
LINEやインスタ、Twitterがカウントフリーで使えたり、LINEのID検索が格安SIMで唯一可能だったりと完全に学生や若者向けの格安SIMです。
美魔女ママ
LINEモバイルってクレジットカードしか使えないの?
元量販店スタッフ りょう
格安スマホは一般的にクレカ支払いですが、LINEモバイルの場合にはLINE Payで支払えるのでクレカ無しでも契約できるんですよ。
元量販店スタッフ りょう
LINE Payは銀行口座からのチャージもできるので、誰でも審査不要でLINEモバイルの支払いが可能なんです。

小中学生の初スマホで迷ったらコレ♪
月1100円の学生用格安スマホ『トーンモバイル』↓

最新の2021年モデル「TONE e21」在庫あります
↑詳細は公式ページで確認してみて♪

追記:
「LINEモバイル」は2021年3月31日で新規申込を終了しています。
現在は実質LINEモバイルのリニューアル「LINEMO(ラインモ)」をご参照ください↓

ただ、LINEMO(ラインモ)ではクレジットカード支払いのみとなっているので、クレカ以外で支払いたいなら「楽天モバイル」や「mineo」などで一部デビットカードや口座振替支払いが可能となっています↓

通信会社 クレカ以外の支払方法
楽天モバイル
(Rakuten UN-LIMIT)
楽天銀行デビットカード、スルガ銀行デビットカード

【口座振替で指定できる金融機関】
・楽天銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、じぶん銀行、イオン銀行、新生銀行、信用金庫

mineo 申込フォームでデビットカードを入力しエラーが出なければ申込可能

特に口座振替でも支払選択可能な楽天モバイルは、2021年よりかなり優秀な新料金プランを打ち出しており、超ヘビーユーザー以外は満足なプランになっているのでお勧めです↓

最新iPhone13も発売!
詳細は楽天モバイル公式ページを確認してみて↓↓

参考:料金の支払いに利用可能なクレジットカードやデビットカード、口座振替で指定できる金融機関を知りたい | 楽天モバイルサポート

またワイモバイルでも一部の方法で口座振替で申込が可能です↓

クレカ無し&ウェブからワイモバイルに口座振替で申し込む裏技

2019.09.19

学生に人気のLINEモバイルはクレカ不要で使える

追記:
以下は2021年3月までのLINEモバイルの情報となります。

最近ではドコモauソフトバンクのスマホ代がほとんど大人と同じ割高料金プランなので、子供のスマホを格安スマホにする保護者はかなり多いです。

その中でも特に学生に人気があり相性が良いのが「LINEモバイル」です。

以下のページでも解説していますが、LINEモバイルは

  • LINEや主要SNSが「カウントフリー(通信量ゼロ)」で使えて通信制限になりにくい
  • 格安スマホで唯一LINEのID検索が可能
  • 最高峰フィルタリングサービス「i-フィルター」が無料で使える

とLINEやSNSを頻繁に使う学生と相性が良い格安スマホです。

中高生向けに格安スマホ「LINEモバイル」が人気の3つの理由

2018.09.30

LINEモバイルのメリットなど詳しくは上記のページで解説していますが、実はLINEモバイルにはもう1つ大きなメリットがあります。

それが「LINEモバイルは支払方法でクレジットカードが不要」という点です。

LINEモバイルはクレカが無くてもLINE Payカードで支払える!

ほとんどの格安SIMでは「支払方法はクレジットカード払いのみ」なので、クレカを使いたくない・持っていないという保護者の方は契約ができず困ってしまいますよね。(家族カードという手もありますが)

そんな中でもLINEモバイルでは「LINE Payカード」と呼ばれるプリペイド式のカードでスマホ代が支払えるので、クレジットカードが無くても契約が可能なんです。(もちろんクレカでも支払えます)

LINE Payカードってなんだっけ?実質コンビニ払いも口座振替も可能!

LINE Payカードって名前は聞きますが使ったことが無い人も多いかもしれません。

LINEPayカードとは銀行口座などからチャージ可能なカードで、審査も不要で誰でも簡単に作れます。

もちろん年会費などの費用も掛かりませんし、最近ではコンビニやスーパーなど使えるお店も増えてきているので1人1枚持っておいて損はないと思います。

LINEカードの作り方&使い方

LINEを使っている人であれば、LINEアプリの「ウォレット」の欄から「LINE Pay」という項目があるので簡単に作れます。

申し込みから数日(1~2週間が目安)で入力した住所にLINE Payカードが届くので、ガイドに沿って利用開始の認証をしたらチャージすれば利用できます。

チャージ方法は以下の4種類からできるので、LINEモバイルのスマホ代を実質コンビニ払いや口座振替のように支払いが可能です。

【銀行口座】
銀行口座を登録すると、登録した口座からLINE Payの口座にチャージが可能です。
 
【LINE Pay カード レジチャージ】
店頭でLINE Pay カードを使って簡単にチャージができる。
 
【コンビニ】
近所のコンビニでLINE Payの口座にチャージが可能です。
 
【オートチャージ】
残高が設定された最低残高を下回った場合、銀行口座からオートチャージされます。

これでLINEモバイルのスマホ代が支払えるので、クレカも審査も必要ありません。

ポイント還元率が驚異の2%!LINEポイントが毎月スマホ代の2%貯まる!

個人的にLINEモバイルのスマホ代をLINE Payカードで支払うのがおすすめの理由が、LINEモバイルのスマホ代の2%がLINEポイントとして貯まるからです。

クレカなどでもポイント還元率1%でも高い方だと思いますが、還元率2%となるとほとんどなく相当お得な部類に入ります。

LINEポイントは1ポイント1円で使える&LINE Payの残高にも交換できるので、そのままたまったLINEポイントをスマホ代に充てても良いですし、コインに交換してLINEスタンプの購入などにも使えます。

【まとめ】LINEモバイルの支払いはLINE Payで実質口座振替やコンビニ払い可なのでクレカ不要

LINEモバイルではクレカ以外にもLINE Payカードで支払いが可能なので、銀行口座さえあればチャージ可能ですし、コンビニでもチャージでもチャージできるので実質「口座振替」や「コンビニ払い」のようにクレカ不要で契約可能です。

またLINEポイントが2%という高ポイント還元率なので、毎月の固定費の支払いと相性が良いのも魅力です。

小中学生の初スマホで迷ったらコレ♪
月1100円の学生用格安スマホ『トーンモバイル』↓


最新の2021年モデル「TONE e21」在庫あります
↑詳細は公式ページで確認してみて♪